上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




8月13日(土)Jリーグ第二十一節
仙台0-1鹿島(19:04/ユアッテクスタジアム仙台/19,224人)

【アシスト → 得点】
29分 フェリペ(PK)


vsベガルタ仙台戦  のフォーメーション



【交代出場】
67分 フェリペ ガブリエル → 興梠 慎三
78分 大迫 勇也 → タルタ
87分 遠藤 康 → 青木 剛

【警告】
39分 西 大伍yellow_card01.gif
53分 小笠原 満男 yellow_card01.gif
80分 タルタ yellow_card01.gif

 今期二度目の二連勝を飾り、上り調子で迎えたベガルタ仙台戦。怪我から興梠が復帰し、更に勢いづく中、要塞ユアテックスタジアムでの試合を迎えました。


 ■大迫・遠藤の若手コンビに引っ張られた前半!
 前半から鹿島がリズムを掴み、連勝時と同じく前半でリードを勝ち取るように試合を進めておきます。この試合も、引き続き攻撃の軸となっていたのは、大迫・遠藤の若手コンビでした。

 最も得点の流れを感じさせる攻撃パターンは、大迫が左右に流れてボールを受けてサイドからクロスを上げるといった形だったと思いますが、そこにあわせて入って行くプレーヤーがいなかったので、得点にはなりませんでした。野沢、フェリペは、昨年からペナルティエリアへのチャレンジが少なかったので、この二人が並ぶとやはりクロスに合わせるシーンが少なくなってしまうのが、ウイークポイントです。田代の様なセンターフォワードタイプの選手がいると、大迫のチャンスメイクはかなり活かされると思うので、大迫のサイドから、特に左サイドからの、チャンスメイクは鹿島の大きな武器となり得るので、めげずに磨いてもらいましょう!

 前半24分に、大迫からのスルーパスに抜け出した遠藤がファウルをもらいPKを獲得します。遠藤は個人の突破に加えて、野沢やフェリペに預けてエリアに侵入する狙いを持ってプレーしており、攻撃のアクセントになっていました。このPKは残念ながらストップされてしまい、いい流れがストップする嫌な雰囲気になります。

 そして流れは仙台に移り、赤嶺にフリーでヘディングを放たれますが、バーに当たってゴールラインを割らず、九死に一生を得ます。

 このまま厳しい時間が続くと思われましたが、その5分後に相手のDFのクリアミスを大迫が見逃さず奪取し、二度目のPKを得ます。このPKをフェリペが決めます!大迫が獲得したPKなのに、なんで名乗り出ないんだとストライカーとしての姿勢に、その時は疑問を感じましたが、後日のsponichiの記事によると、PKのキッカーを志願していたようです。このPKはフェリペに掻っ攫われてしまいましたが、実績を付けてPKを蹴れるように成長しましょう!得点への飢餓感はまだまだ失われていません。

 その後も鹿島ペースで試合は進み、前半は一点リードで終わります。


 ■勝負強さが戻りつつある後半
 後半は鹿島の夏場の特徴通り、足が完全に止まってしまいましたが、大迫と遠藤が引き続きチームを引っぱり、ぎりぎりの所で何とか踏みとどまります。勝てなかった時と比べて、球際のプレーですとか、ぎりぎりでのプレーの集中力というのは明らかに増しているので、決定的なチャンスは作らせず、見事に逃げ切り勝ちを収めました。

 この試合の後半を見ていると、不調な仙台を相手に押し込まれた事に、夏場への不安を感じるサポーターの方も多いと思いますが、個人的には鹿島を支えてきた最大要素である『勝負強さ」が戻りつつあるので、今後の試合も期待出来ると思います!


 ■頼もしすぎる故障者の復帰!
 明日はウイークデーですが、セレッソ大阪戦を控えております。セレッソ大阪戦の試合前情報については、明日記事に致しますが、昨日の練習でエース田代が、そして本日の練習では我らが誇るリンゴスター柴崎岳が復帰しました!これで、とうとう鹿島の負傷者は0人となり、今シーズンの鹿島の最大のストロングポイントして上げられた選手層の厚さが、この苦しい夏場に発揮されることになります!

 タルタはフィットするまで、もう少し時間が掛かりそうですが、前線からの献身的なプレスは効いていましたし、そのスピードはやはり圧倒的でしたので、なるべく早くフィットして欲しいと願っております。

 大迫が語っているように、控えに素晴らしい選手たちが溢れているので、目一杯飛ばせるだと飛ばしてもらい、疲れたらフレッシュな控え選手にバトンタッチしてもらいましょう!オリベイラ監督の采配にも今以上に期待が掛かります。


【試合採点※平均6点】
曽ヶ端 6.0点 
新井場 5.5点 
岩政 6.0点 
中田 6.5点 
西 5.5点 
増田 6.0点 
小笠原 5.5点 
フェリペ 6.0点 
野沢 5.5点
遠藤 6.5点 
大迫 7.0点 
興梠 5.0点  
タルタ 5.5点 
青木 採点対象外



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。昨日、書いた記事になりますが、この二試合の成績如何では五位にまで上がることが出来ます!一度、順位を上位に置けば、鹿島アントラーズとしてのプライドが呼び戻され、更なる勢いが生まれると思います。小笠原は、この二試合では無く、残り試合を全勝する心意気でいるようです!全勝するのは簡単ではありませんが、高い目標を置き、その目標に向かって努力を怠らないものにしか、神様は微笑んでくれません。目標に向かって突き進みましょう!


 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 


にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/95-58537548
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。