上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 前節、モンテディオ山形に勝利し、今期二度目の連勝を飾った鹿島。次節の対戦は、 直近の3試合を無敗と調子を取り戻しつつあるベガルタ仙台が相手となります。

 
 ■調子を上げてきている仙台
ベガルタは前節の0-2からの2得点で攻撃力も戻ってきていることが予想されますし、何より新戦力に京都から得点力のあるディエゴを新戦力に加えた事で、攻撃力はアップしていることが予想されます。一方で明日の鹿島戦に限定すれば、チームの核の角田が出場停止ですし、攻撃のタクトを奮う梁も試合前日に帰国し、状態は万全ではないため、ベンチスタートからの出番が予想されます。前半戦の快進撃を支えた二人の選手がベンチスタートであることが予想され、新戦力に期待感は持てるものの、戦力ダウンは否めません。この点はアントラーズにとって大きなチャンスとなります。


 ■攻撃陣に期待が掛かる鹿島
 一方の鹿島は、スピードとテクニックで周囲を驚かせているタルタのデビューが予想されます。好調を維持している大迫、遠藤とのコンビネーションが注目されますが、岩政が絶賛するタルタの個人技により、連携不足を補うような素晴らしい活躍がみれるかもしれません。とはいえ、鹿島自体はここ二試合で調子をかなり上げてきており、試合内容も良くなっているので、仮にタルタがスタメンで起用されなくても、試合を優位に進めることが予想されます。
 
 そして、この試合にはベンチに興梠が復帰することが予想されます。この夏場の連戦において、後半の運動量が落ちた時間帯には、足の速い選手のドリブル突破というのは、かなりの武器になります。事実、前節ではドリブルが得意な小谷野はもとより、ボランチの青木も交代直後、右サイドを疾走して、ハーフライン付近からゴールライン際までドリブル突破を試みております。青木はJリーグ全体を見回しても特別、ドリブルが巧いわけでも、足が速い訳でもありません。それでも終盤に、右サイドをぶち抜けたこの事実が、終盤でのスピードのある選手の起用を後押ししています。よって、今節、興梠が復帰した暁には苦しい時間帯に、相手のDF陣を徹底的に苛め抜いてもらいましょう!


 ■スタメン予想
<4-4-2>
GK:曽ヶ端
DF:西、岩政、中田、新井場
MF:小笠原、増田、野沢、遠藤
FW:大迫、タルタ


 タルタがどういうポジションに位置するのか完全に読み切れておりませんが、明日は一先ず登録通りのFWの位置で(1.5列目で)、スタメン出場を測ると思います。鹿島の懸念点として、キープ力のある遠藤が位置することが多い右サイドに攻撃が一辺倒にならないこと、タルタが孤立しない事が上げられます。
 タルタにとっては初めてのJ1の試合で、日本サッカーのスピードに慣れていなかったり、鹿島のサッカーに慣れていなかったりということは考えられるので、周りの選手がどこまでフォロー出来るかが鍵になると思います。

 とはいえ、アントラーズは、かなり調子を上げてきているので、大迫が攻撃性を失わず、DF陣が不用意なミスを犯さなければ、勝利の可能性は高いと思います。目指せ、三連勝!!!



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 


にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/93-a73c3cac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。