上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■チーム作りはまだまだ
 開幕戦の鳥栖戦ですが、1-1の引き分けに終わりました。前半にセットプレーから先制ゴールを挙げて、理想的な展開に持ち込むも、後半は相手の猛攻の前に防戦一方となりました。同点ゴールを奪われた後は負けてもおかしくない展開でしたが、曽ヶ端の好セーブもあって辛くも勝ち点1を獲得しました。

 トニーニョ・セレーゾ監督は、開幕ダッシュを公約として掲げていたものの、練習内容を見れば、まだまだ組織の構築段階にある事は明らかです。そうした状況の中、昨季5位の上位チームを相手に、アウエーで勝ち点1を獲得した結果は悪くありません。ダヴィはJ1の舞台でも確実に結果を残してくれそうですし、野沢のセットプレーはやはり一級品であるので、昨季より得点力が増える事を確信しました。シーズン前の練習試合では、J1クラブとの対戦はなく、鳥栖戦が新チーム初めてのJ1クラブとの対戦となり、強いチームとの対戦を通じて、現在のチームの課題も見えてきましたので、実り大きい試合となりました。

■ボールの収まらない前線
 この試合の大迫は、ゴールを挙げただけでなく、ポストプレーでも流石のプレーを見せてくれていました。動き出しも良くなり、柳沢の様な見事な動きで野沢の見事なスルーパスを引き出すプレーも見られました。新たなシーズンは飛躍のシーズンとなりそうな予感がします。

 大迫が前線で存在感を示す一方で、2列目でタメを作ることが出来ず、ボランチに高い位置でゲームメークをさせる監督の狙いとする攻撃は出来ませんでした。特にジュニーニョは前半から再三ボールをロストしていて、相手から狙われていました。柴崎は高い位置でボールを持つ事が出来れば、後半のバー直撃のシュートの様な得点につながるプレーが出来るので、水戸戦からの課題ですが、この点は改善ポイントとして挙げたいです。2列目にタメを作れる選手をいれれば、シュート技術の高い野沢をシャドーストライカー的に使えますし、ボランチも高い位置を取る事が出来ます。
 鳥栖戦では、柴崎がバランスを取る事に終始してしまい、無理なプレー選択をせざるを得ない状況にも追い込まれてしまっていました(柴崎のミスが多く見えたのは、その影響が大きいと思います)。Jリーグ屈指の司令塔である本山を起用できれば一番ですが、現在も故障を抱えているので、起用が難しい場合はキープ力のある遠藤を起用すれば状況は改善されると思います。監督が試合後の会見で語っている通り、後半は全くと言っていいほどボールが収まらなくなっていたので、そこは次戦までに改善して欲しいと思います。

■しばらくは我慢が必要も、上手くいけば・・・
 この試合の先発メンバーにはベテランが多く名を連ねました。運動量が落ちる事は必至であり、案の定運動量が落ちて相手に押し込まれてしまいましたが、その状況をピッチ上のメンバーで乗り切ろうとしているところに、新監督のハンデが表れています。開幕ダッシュを果たすには、これから高い壁を何個も乗り越えなくてはなりませんが、トニーニョ・セレーゾ監督には、ジョルジーニョ監督が残してくれた確かな下地があるだけに昨季の様にはならないでしょう。ポテンシャルの高い選手が揃っているので、役割がはっきりして、組織が構築されれば、優勝争いに相応しい強いチームができるという期待感はあります。これからチームがどう変わっていくか期待しましょう!

 次戦の相手はベガルタ仙台です。初めてのACL参戦であり、中国へのアウエー戦を控えての鹿島戦となります。ACLとの二足の草鞋は想像以上に厳しい事は、我々は良く知っています。鳥栖同様にしっかりと組織された相手であり、新チームにとっては簡単な相手ではありませんが、勝機は十分にあると思います。勝ち点3を掴みましょう!

 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。新加入のダヴィは、パワフルなドリブル突破と力強いシュートで早速持ち味を発揮してくれましたし、セットプレーからのヘディングでアシストも記録しました。周りとの連携はまだまだですが、連携が構築されれば、大きな戦力となってくれると思います。強固な仙台の守備網をこじ開けて欲しいです。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/635-cbdc65eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。