上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■野沢拓也の鹿島復帰にかける思い

 水戸ホーリーホック戦を翌日に控えた2/23(土)、野沢選手とサポーター有志(IN FIGHTの方々で構成されていると思われます)の間で対談が設定されました。IN FIGHTのサイトに要旨が掲載されているので、まだご覧になっていない方は、是非ご覧下さい。野沢選手の復帰にかける強い思いが伝わってくると思います。

IN FIGHTのサイトリンク

 プロサッカー選手を応援するにあたり、私は一貫して彼らの決断を支持してきました。私を含む、一般的な社会人生活を送る人々に比べて、プロサッカー選手のサッカー人生ははるかに短いです。その短いサッカー人生を悔いのないものにするために、彼らは悩みに悩み抜いて、その決断を下します。自身の決断に、大きな責任が伴う彼らの決断は、私は重いと思います。実際、野沢選手は、『サッカーを辞めるか鹿島に戻るか』という決断であったとまで言っています。
 
 もちろん、彼らの下した決断に対して、色々な意見が生まれるのは理解できます。2シーズン前の野沢、1シーズン前の興梠と、鹿島の生え抜きの選手達が、J1他チームへ移籍してしまったのは、私も非常にショックを受けましたし、たくさんの愛情を注いだ選手だけに裏切られたという感情を抱く方がいらっしゃるのも良く理解できます。

 ただ、野沢選手は、自分に対して厳しい意見を持つ人がいる事を承知した上で、今回の鹿島への復帰を決断しています。黄金時代を知る男が、再び鹿島を常勝チームへと戻すために、鹿島アントラーズのユニフォームを着て、強い気持ちでもう一度戦うと約束しています。優勝するために、自分が先頭を切って頑張るために戻ってきたとも言っています(ヴィッセル神戸での1年間があったから、こうした思いが生まれていると思います)。

 これだけの強い決意を持って復帰した野沢選手を、私は応援したいと思います。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。サポーター有志の方のコメントが、全てのサポーターの思いを代弁しているとは思いませんが、対談の要旨を展開してくれてすっきりした部分は大きいです。神戸で責任ある立場を経験して、一回り大きくなって帰ってきてくれたと個人的には思いますので、野沢選手の今シーズンのプレーは注目していきたいです。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村

関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/631-e535d195
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。