上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■最強鹿計画と題された鹿島アントラーズ特集は必見
 本日発売の週刊サッカーマガジンに、鹿島アントラーズの特集記事が掲載されています。総16Pもの特集記事をご覧いただけると、今シーズンへの期待感が、更に煽られると思います。

 サカマガ

 最初に番記者討論との事で、鹿サポお馴染みの田中滋さんと週刊サッカーマガジンの鹿島担当の方の討論が掲載されています。ジョルジーニョ体制とトニーニョ・セレーゾ体制との違いや、新戦力について、そして開幕スタメン争いなど、我々サポーターが気になるポイントがコンパクトにまとめられています。

 そして、トニーニョ・セレーゾ監督のインタビュー。宮崎キャンプを経て感じていましたが、以前の徹底的に鍛えるという下地はそのままに、各指導に細かさが加わったと思います。常に変化していく『サッカー』という競技に対して、トニーニョ・セレーゾ監督もアジャストし、時代に即した戦術を考慮に入れた上で、極めの細かい指導を施してくれています。このインタビューで語られるトニーニョ・セレーゾ監督の戦術理論と、宮崎キャンプレポートを総合すると、柴崎のゴール数が大きく伸びる予感がします。

 そして中村充孝のインタビュー。鈴木満強化部長が、『アツ』を落としたコメントには痺れました。ポジショニングと、体力を課題に挙げており、その課題の克服に向けて、真摯に取り組んでおり、活躍が期待されますカシマスタジアムでのプレーも楽しみにしているので、我々サポーターの大歓声で、アツを後押ししたいですね。

 そして、岩政と植田のCB対談。岩政はこういった対談形式では、非常に深みのあるコメントを残してくれるので、今回も期待して読みましたが、期待を裏切らない素晴らしい内容でした。植田のヘディングの強さは、Jリーグでも既にトップレベルにあるので、岩政の理論を吸収できれば、岩政の言う通り、隙のない最強のディフェンダーになれると思います。トニーニョ・セレーゾ監督は、CBに少しでも前にボールを運ぶ事を求めています。ビルドアップの技術を身につけて、岩政の言う駆け引きを習得すれば、目標とする日本代表が近付くでしょう。ギリギリまで、開幕スタメンを狙って欲しいです。

 今週号は、読み応えのある素晴らしい内容でした(マンチェスター・シティーの練習に参加した石毛選手のインタビューも興味深かったです)。まだご覧になっていない方は、是非、ご覧下さい!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。個人的な予想ですが、現時点の練習での起用法から判断すると、植田直通の公式戦デビューは、3/23(土)のナビスコカップFC東京戦だと思います。ただ、本人はギリギリまで開幕スタメンを狙うと申しておりますので、逆転での開幕スタメンを掴んで欲しいです!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村

関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/626-b0579165
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。