上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■中村充孝、背番号13を背負う!
 sponichiの記事によると、磐田・清水との争奪戦を制して、京都から獲得した中村充孝に対して、クラブは『背番号13』を与えるとの事です。背番号13はご存知の通り、鹿島アントラーズにおけるエースナンバーで、柳沢敦、興梠慎三と、ファンから愛された、生え抜きのストライカーが背負ってきた番号です。この番号を、新加入選手の中村に与える事から、チームがかける大きな期待が伝わってきます。

 京都時代の2010年に、当時の秋田豊監督にその才能を見初められ、ボランチとして出場機会を増やしていきました。2012年にトップ下として試合に出場する様になりましたが、体幹を鍛えてフィジカルを強化した事で、キープ力が増し、前線で存在感を放ちました。類稀なるテクニックを持ち、積極的にドリブルやワンツーで仕掛ける事が出来るので、相手DFにとっては非常に脅威を感じるでしょう。フィニッシュの精度も高いので、ダヴィと合わせて、攻撃の起爆剤となってくれることが期待されます。

 現状では、FWの頭数が足りていない状況ですし、シーズン中は怪我や出場停止でメンバーが離脱することも十分に考えられます。そうした時にFWとしてもプレー出来る中村の存在は必ずやチームを助けてくれるでしょう。

 鹿島の背番号13は重いです。背番号13を背負った柳沢と興梠は、サポーターから深く愛されていました。昔とは時代が代わり、優れたタレントを持つ選手が、1チームに在籍したのみで、現役を終えるということは中々難しい時代となりました。中村も、前評判通りの働きをJ1の舞台でも見せる事が出来れば、ステップアップして、ヨーロッパへ挑戦する事も考えられます。鹿島と中村の時間は短いかもないし、長いかもしれません。それは現時点では分かりませんが、在籍期間中、サポーターから愛されるような、素晴らしい活躍を見せて欲しいと思います。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。今回、移籍加入の中村に背番号13を与えるクラブの決断に驚かされましたが、それだけクラブが期待している事の現れであると思います。背番号13は重い番号ではありますが、それを乗り越えて、中村充孝の才能が存分に発揮される刻が待ち遠しいです。新シーズンが楽しみです!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/605-70824be5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。