上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■興梠の浦和レッズ移籍に思う
 仕事が一段落したので、書けていなかった事を書いていきたいと思います。今回は、興梠慎三の浦和レッズ移籍についてです。


 年末のガンバ大阪との天皇杯準決勝、後半、試合を支配しながらも追い付く事は出来ず、無情にもタイムアップの笛を聞きました。これで、ジョルジーニョ監督とも、暫しのお別れか…と頭がぼんやりと仕掛かっていましたが、すぐに我に返りました。試合終了後のピッチ中央で、興梠が味方選手一人一人と、丁寧に握手を交わしていたのです。彼の移籍を理解した私は、その後、興梠の姿が見えなくなるまで、彼の姿を追い掛けていました。

 他の選手・スタッフと抱き合う姿、ゴール裏サポーターの前で深々とお辞儀をする姿、ユニフォームを投げ込む姿、何度も深々とお辞儀をする姿、今でも鮮やかに、その時の様子を思い浮かべる事が出来ます。

 26歳という、サッカー選手として脂の乗った年齢での移籍、ましてやライバルチームである浦和レッズへの移籍ですから、ショックを受けない訳はありません。これまでも、何回か主力選手の流出は経験してきましたが、今回も頭を整理して、物事に向き合う事が出来る様になるまで、時間が掛かりました。

 落ち着いてから、今回の移籍について考えると、このタイミングでの移籍は、興梠にとって致し方ない事であったのかな、という結論に至りました。
 2008年から、エースナンバー『13』を背負う様になると、その年8得点を挙げて、日本代表デビューを果たしました。
 2009年には12得点を挙げて、3連覇に大きく貢献する等、若い時の興梠は、将来の日本を背負って立つ可能性を秘めた選手の一人でした。クラブ・サポーター共に、日本の大エースに成長する事を期待しましたし、本人もそうした未来を描いていたと思います。その当時の期待度からすれば、近年の興梠の停滞は本人も含め、皆が想定外だったと思います。

 興梠が伸び悩む一方で、パートナーであり、ライバルでもあった年下の大迫は、今季エースへと成長しました。リーグでの得点数では興梠が上回るものの、ナビスコカップ得点王に輝いた大迫とは、シーズンでのゴール数で負けていますし、ポストプレーに長けて、アシストも上手い大迫と比較すると、攻撃面全体の貢献度は劣っています。大迫の成長は著しいですし、現役時代偉大なプレーヤーであり、選手の素質を見抜く点では一流であるジョルジーニョ監督より、『将来日本代表のセンターフォワードになる』とお墨付きまでもらっています。獲得が噂されていたブラジル人FW(ダヴィの獲得が決定)も新シーズンは健在ですし、鹿島に残留していたとしても、来季のポジション争いは厳しいものになっていたでしょう。
 ならば、環境を変えてみるという決断は、プロサッカー選手として、十分理解できる選択です。もちろん、スタメンを勝ち取ってやるという決意を持って、残留して欲しかったというのが、本心ではありますが…

 今回の移籍は、非常に残念ですが、興梠がこれまで、鹿島にもたらしてきた功績は、決して色褪せません。興梠がいなかったら、前人未到の3連覇も難しかったと思います。本当にありがとう。

 
 フットボールチャンネルの記事に掲載されているの田中滋さんのレポートによると、興梠はオフの間も2日に一度は身体を動かすようですね。これまで以上に練習に取り組むという事で、今回の移籍に賭ける思いが伝わってきます。近年、成長がストップしていた原因との直接の因果関係は分かりませんが、周りの誘惑に負けずに頑張ってください。
 ライバルだった大迫は、nikkanの記事によると、オフは休まずサッカーをしたいと宣言しています。
 サッカー生活は非常に短いです。自身の決断に悔いを残さない様に、浦和レッズに移籍しても、死に物狂いで頑張って、レギュラーを勝ち取ってください。心から応援しています。

 興梠慎三の未来に幸あれ!

 


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。今回の興梠の移籍は本当に残念ですが、残された大迫が更なる進化を遂げて、必ずやチームを優勝に導いてくれるでしょう! 鹿島アントラーズを愛し、鹿島アントラーズから愛された男、興梠の移籍は、本当に残念ではありますが、カシマサッカースタジアムに凱旋した際には、飛び切りの大ブーイングで迎えてあげましょう。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村

関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/600-ae77c577
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。