上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■今季J2得点王、甲府ダヴィ獲得に賛成?反対?
 いつも当ブログをご覧いただいている皆様、更新がストップしていて申し訳ありません。私、北の国に数日滞在していたせいか、手が凍りついてしまいブログの更新が出来ませんでしたが(笑)、関東に戻って参りましたので、早速更新致しました!
 ただし、年末に向けて仕事が忙しく、しばらく更新が不定期になりそうです。また、仕事が一段落したら、毎日更新しようと思いますので、よろしくお願い致します。以下のダヴィのアンケートについても、結果のご報告が遅くなり、申し訳ありませんでした。
 皆様、今回もアンケートへのご協力ありがとうございました。いただいた投票総数は、何と209票にも上りました!コメントも多数お寄せいただき、本当にありがとうございました。

 いただいたアンケートの結果をご紹介致します。


<アンケート回答結果>
 質問:今季J2得点王、甲府ダヴィ獲得に賛成?反対?

 ※有効投票数:209票
 スクリーンショット 2012-12-22 23.57.36


 アンケートを開始させていただいた時期から、ダヴィ獲得を取り巻く状況は変化致しました。当初は、鹿島アントラーズが獲得に向けて、ポールポジションに付けていると思われていましたが、その後、中東からもダヴィ獲得のオファーが来ているようです。鹿島アントラーズがダヴィを獲得できる可能性は正直、低くなっていると予想されます。

 それと、ジョルジーニョ監督の退任後、トニーニョ・セレーゾの新監督就任が確実視されています。トニーニョ・セレーゾが就任するのであれば、4-4-2を採用する事が考えられます、その点では、ダヴィ獲得のメリットが増しているかもしれません。

 以上の様に状況は少し変わってしまったものの、50%弱の方がダヴィ獲得を『支持』しています。以前も記事にさせていただきましたが、過去のJ2得点王のステップアップを考えても、やはりJ2で圧倒的な成績を残したダヴィのポテンシャルは評価したいところです。

 逆に、あれだけの成績を残しながらも、1/4以上の人が獲得を『反対』しています。大金を使って獲得したカルロンが完全に失敗に終わったこともあり、日本人FWも着実に成長しているので、反対の声も多く聞こえます。

 残りの『どちらとも言えない』の方は、上記理由が合わさって何とも言えないという意見になっている方が多いと思います。

 いただいたコメントをご紹介します。リンク先からご覧下さい。

 獲得を支持している方の中では、ダヴィの得点力が鹿島のプラスになるという意見が多くを占めております。確かに決定力は間違いないですし、フィジカルが強く馬力もある選手なので、新監督が上手くダヴィを使いこなして、ダヴィが守備に手を抜かずに取り組めば、コメントをいただいている通り、マルキーニョスの様に、総合力の高い選手になる可能性を秘めてはいます。来季、ACLに出場できるかは分かりませんが、ベスト4にまで進出している天皇杯を制して、来季ACLに出られるとしたら、ジュニーニョの退団が確実視されている今、FWの頭数は必要です。

 獲得について、どちらとも言えないとコメントいただいた方の中では、監督もシステムも決まらないので、そもそも是非を検討する事が難しいとコメントされる方が多かったです。その根底にあるのは、大迫システム(大迫を1TOPに据えた4-2-3-1)が魅力的だからというのがあると思います。このフォーメーションでは、大迫やドゥトラ、遠藤が見事に躍動しているので、簡単に捨てるのは惜しいシステムですが、ダヴィが加入したとなると、大迫とダヴィの併用が難しくなるので、その点は迷いどころです。
 小笠原がいれば大丈夫という意見をいただきましたが、ジュニーニョやドゥトラが上手くコントロールされていたのは、ジョルジーニョ監督のカリスマ制だけでなく、小笠原主将のキャプテンシーに因るところも大きいと思います。今季、復活を遂げた小笠原主将は、来季も契約更新は確実だと思いますので、ダヴィ加入時の不安は軽減されます。

 獲得に反対とコメントいただいた方の中では、お金が高すぎるとの声が多いです。当初、加入された移籍金3億円以上という報道がありましたが、鹿島は200万ドル程のオファーをしているそうで、移籍金はかなり抑えられています(これを嗅ぎ付けて、中東勢がそれならとダヴィにオファーを出しているようですが)。ただし、年俸と合算すれば、複数年契約で金額は3億円を越えると見込まれ、決して安いとは言えない金額となります。鹿島アントラーズにフィットするか分からない選手のために出すお金としては、かなりリスキーであるのは間違いありません。
 あとは大迫システムを継続して欲しいというご意見もいただいておりますが、ダヴィを獲得する事で、攻守のバランスも崩れるのではないかという意見もいただいております。ダヴィがマルキーニョスの様に前線からのプレスを献身的に行ってくれるようになれば、大きく守備力は上がると思いますが、今季の甲府でのプレースタイルを伺った限りでは、あくまでもそれは可能性の話に過ぎないので、過度な期待は禁物です。ダヴィが加入する事で、チーム全体としての守備力が大きく下がってしまう可能性もあるでしょう。


■<鹿島と共にの意見>来季も大迫システムの継続を!
 11月に入ってから、公式戦で無敗を続ける鹿島アントラーズですが、大迫システムの採用がこの好調を支えていると思います。来季、ジョルジーニョ監督の退任により、この素晴らしいシステムが来季は採用されないのでは、と思っておりましたが、ジョルジーニョ監督の心遣いにより、次期監督が決定的なトニーニョ・セレーゾ監督へ引き継ぎが行われました。ジョルジーニョ監督が実力を高く評価する大迫について、その魅力をしっかりとトニーニョ・セレーゾに伝えてくれたと思いますので、来季も4-2-3-1が継続される可能性は十分に考えられると思います。伸び代をまだまだ残す、将来の日本代表のエース候補に、来季の攻撃を託すのは、悪く無い選択であると思いますし、きっとそれに応えてくれるのでは無いかと思います。レナトとジュニーニョの退団が確実視される今、2列目が補強ポイントとして優先度が高まっています。アジアを制するためには、シーズン15ゴールを期待できるストライカーは必要かもしれませんが、抜群のキープ力と万能性を兼ね備えた大迫を有しながら、このシステムを放棄するのは、あまりにも惜しいです。適材適所の補強を施して、来季、リーグ奪還を成し遂げて欲しいです。ただ、このダヴィ獲得反対という意見も、全ては興梠慎三の残留ありきなので、興梠の残留を心から祈っております。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。アンケートにご協力ありがとうございました。
 本日の天皇杯で勝利を収めて、2冠達成までは後二つのところまで駒を進めました。準決勝では、G大阪との対戦となります。前回の万博の試合では、ロスタイムに同点ゴールを決められてイメージはあまり良くないかもしれませんが、その時の対戦で2ゴールを挙げたレアンドロが出場停止と、風は鹿島に吹いています。このままの勢いで突っ走って、元旦にジョルジーニョ監督を笑顔で胴上げしましょう!!


 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/592-21014330
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。