上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■鹿島アントラーズ、日本人全26選手と来季契約延長へ!
 スポニチの記事によると、鹿島アントラーズは、今季チームに所属する日本人全26選手に対して、契約更新依頼を出したとの事です。これにより、『0円提示』いわゆる『戦力外通告』を受けた選手はいない事が分かりました。今シーズンのリーグ戦の成績を受けて、来季は積極的な選手補強がなされるのではないかと思っていたので、79年組らベテラン選手への『0円提示』を覚悟をしていたので、このニュースを聞いて、嬉しかったです。

 とはいえ、契約更新依頼を出したところで、選手側がそれを受けるかどうかは、選手次第です。プロサッカー人生は短いですし、より良い環境を求めて選手が移籍する事は、プロサッカーの世界では、致し方ないところです。

 以前の記事に書いた通り、柏、浦和、FC東京、川崎からオファーを受けている興梠や、C大阪からオファーを受けている新井場、日本代表に選出される程の実力を持ちながら、昨シーズン出場機会に恵まれなかった増田らが移籍の決断をする可能性は否めません。

 愛するチームが、所属する日本人選手全員と契約更新をしたい意向を持っている事が分かったので、願わくはまた同じメンバーで戦いたいです。今後どうなっていくのか、動向に注目していきます。


■ダヴィ甲府退団、鹿島への移籍が有力!?
 山梨日日新聞によると、ダヴィの甲府退団、鹿島入りが有力との事です。地元紙の記事ということで、以前の噂レベルの話に比べると、かなり信憑性のある話が出てきました。

 今シーズンのダヴィはヴァンフォーレ甲府で36試合32得点と圧倒的な実力を誇示していますし、過去2008、2009シーズンには、J1でも2試合に1得点ペースで得点を挙げており実績は抜群です。しかし、プレースタイル的に鹿島にフィットするか、個人的は半信半疑であり、手放しでは喜べません。また、ダヴィが加入すると、機能していた大迫システム(大迫を頂点にすえる4-2-3-1システム)は採用されないと思うので、少し複雑な気持ちもあります。

 ただ、最後の得点を取るという部分は、どうしても個の力による所が大きいので、実績のあるストライカーの加入はチーム力を大きく向上させる可能性があります。大迫や興梠の刺激にもなると思うので、高いレベルでのポジション争いが勃発すれば、得点力は更に上がると思います。天皇杯に優勝して、ACL出場権を獲得した上で、ダヴィが来季加入する事になれば、選手層の意味からも心強いですね。諸手を挙げて獲得して欲しい訳ではありませんが、獲得したら力になってくれる事は間違いありません。続報を楽しみにしたいと思います。


 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。来季の監督ですが、関塚氏の招聘はなくなり、来年もブラジル人で行く事が決まったようですね。来季の補強に新指揮官の意向を汲み取る事が出来るように、フロントには、早く体制を固めてもらいたいです!この時期は、本当に毎日の情報に一喜一憂させられますね。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(5) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/588-c33dd5a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。