上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■猛追をみせて二点差を追いつくも、勝ちきれず…!
 昨日行われた鹿島アントラーズとベガルタ仙台の試合は白熱した試合となりました。両者とも勝ち点3を狙って、終盤は攻め合いましたが、決勝ゴールは生まれず、痛み分けと言える結果になり、勝ち点1を分け合いました。

 失点シーンを振り返ると、3失点とも集中力を欠いて、ミスが絡んでの失点となっており、非常に悔いが残ります。追いついた後に、勝ち越しゴールが奪えない事にも悔いが残りますし、非常に残念ですが、勝ち点を伸ばせない、今季を象徴する試合だったと思います。

 勝ちきれず悔しい結果に終わりましたが、収穫はありましたので、以下に振り返りたいと思います。

<調子を上げている2TOP>
 残りの二試合では勝利が求められているため、得点を挙げる事が必要です。そうした状況下で、攻撃陣が調子をあげている事は追い風です。興梠、大迫が挙げた3ゴールはバリエーションに富んでおり2人の調子は確実に上向いています。今季リーグ戦で3失点以上した試合が2試合しかない、守備の固い仙台を相手に二人は自信を付けたでしょう。

<ジュニーニョの2列目起用に計算が立つ>
 ジュニーニョの2列目での貢献度ま見逃せません。戦術理解度が高いジュニーニョは、2列目のサイドで起用されても、攻守に良いプレーを見せてくれました。得点力に翳りはみえるものの、チャンスメーク能力は流石です!ドゥトラの状態が思わしくない中、チームは有効なオプションを手にしました。必殺技である、半身ずらしてクロスは分かっていても止められないですね。

<中盤を司る、若き司令塔柴崎>
 柴崎の司令塔ぶりも見事でした。偉大なるキャプテン小笠原が退いたあと、中盤の底でのゲームメークを一手に引き受けましたが、そのゲームメークは見事でした。小笠原交代後の方が、正直、攻撃がスムーズに回っていたと思います。セットプレーも非常に精度の高いボールを蹴っていましたし、3点目のシーンでの、少しタメを作ってから、相手DFの間を通す浮き球のパスには痺れました。
 ナビスコ杯決勝戦以降も高いレベルでのプレーを続けている柴崎が、チームを牽引している事は間違いありません。世代交代の時は、確実に近づいてきていますが、司令塔については、全く心配いりません。

<堂々たるプレーを見せた昌子>
 昌子のプレーも堂々たるものでした。ナビスコ杯決勝で大前を抑えて自信を付けたのでしょう。この試合でも、堂々としたプレーで、柳沢ら相手攻撃陣を抑えました。前線へのフィードで何回も失敗するなど、ビルドアップでは課題はあるものの、元々高校時代は、攻撃面でも評価されている選手だったので、これからドンドンと力を付けていくのではないでしょうか。柴崎の影に隠れてはいるものの、高卒二年目の選手がコンスタントに試合に出場するのは、すごいことですよね!山村が復帰すれば、頭数も揃いますし、来季は植田君も加入するので、層の厚いポジションとなります。

<ジョルジーニョ監督の修正力>
 ジョルジーニョ監督の修正力の高さも見逃せません。前半のうちに交代となった増田、本田の二人には同情しますが、左サイドの守備で期待されながら、対面を駆け上がる菅井に振り切られて失点の原因となった増田と、後方からの飛び出しを捕まえきれず、ボールロストが続いた本田は、交代となっても仕方なかったと思います。リスクの高い交代でしたが、監督の言うとおり、あのままだと大敗も考えられましたので、勇気ある交代を行う決断力を称えたいです。
 先発メンバーを誤ったと監督を非難する声も聞かれますが、同意出来兼ねます。30分が経過していたからこそのあの交代策であり、試合の頭から、あのメンバーで臨むのは厳しいです。二列目の3選手がベンチにいなかった状態では、あのメンバーでのスタートしか選択肢が無かったと思います。残る2試合は、DEAD or ALIVEの正に死闘です。難しい状況下での試合が続くと思いますが、そうした状況で、適切な判断を監督が下せれば、勝利にぐっと近づきますので、監督の采配に期待しましょう!


■残留へ向けて、勝つしかない!
 2位相手に引き分け、勝ち点1を積み上げた事で、残留ラインの基準となっている勝ち点40に達し、残留に近づいたと思ったのですが、鹿島を追う14~16位の下位3チームが揃って勝利するという想定外の事態が発生し、順位は13位ながら、降格圏のチームとの勝ち点差は3となり、予断を許さない状況になりました。正直、これまで非現実であったJ2降格が現実味を帯びています。
 1勝出来れば、残留は確定だと思いますが、残る対戦相手がACL出場を狙っていて、好調をキープしている名古屋グランパスと柏レイソルであり、一筋縄ではいかない相手です。経験のない残留争いで、見えないプレッシャーが重くのし掛かると思いますが、ナビスコ杯や仙台戦の戦いを見ても、J1上位のチームを相手に互角以上の戦いが出来ているのは事実です。不用意な失点さえ無くせば、どの対戦相手にも勝機は十分にあります。目の前の試合に集中して、勝ち点3を掴み取りましょう!
 こういう危機的な状況の時こそ、我々サポーターも一致団結となって、チームをサポートしましょう!
 多くのサポーターがスタジアムに集まって、ベガルタ戦後半の様な一体感のある雰囲気を作り出したいですね!

 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。鹿島アントラーズサポーター交流イベントとして、フットサル&忘年会を企画しております。興味のある方は、下記記事よりエントリー下さい!たくさんのご参加をお待ちしております。

 第二回鹿島アントラーズサポーター交流イベント(フットサル・忘年会)@錦糸町開催!!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/576-3b83524d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。