上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■大津高校、準決勝に臨む!
 鹿島アントラーズがJ1残留に向けて、ベガルタ仙台との大事な試合に臨む今週末、来季の鹿島アントラーズへの入団が決まっている、植田直通君と豊川雄太君を擁する大津高校も重要な一戦を迎えます。
 その試合とは、昨年苦杯をなめた高校選手権熊本県予選準決勝です。得点力に優れる豊川君を欠きながらも、国立まで後二勝のところまで来ています。簡単な試合にはならないと思いますが、何とか勝ち抜いて、高校選手権へ駒を進めて欲しいです!

 この試合に先んじて、大津高校の主将植田君は、UAEで行われたAFC U-19選手権に臨んでいました。ご存知の通り、U-19日本代表は、準々決勝でイラクに敗れて、3大会連続でU-20ワールドカップの出場権の獲得はなりませんでした。残念ながら植田君の出場機会はありませんでしたが、『敗戦で一番悔しがっていたのは植田君なのではないか』という、現地で観戦された方のtweetを目にしました。出場きかいはありませんでしたが、大きなものを得たのではないかと思います。CBで主力を張っている神戸の岩波や、湘南の遠藤に対して、当然ながらプロでの実績は水を空けられておりますが、圧倒的な身体能力を有する植田君は、自身に秘めたポテンシャルでは全く負けていないと思います。この悔しさを糧に、更に精進して欲しいと思います。

 準々決勝という早い段階で敗れてしまったのは、非常に残念ですが、早く帰る分、週末に行われる高校選手権熊本県予選準決勝には、万全な状態で臨む事が出来ると思います。一回り大きくなった植田君が、チームを牽引して、きっと勝利に導いてくれるでしょう!


■Jリーグ、23歳以下の選手移籍期間を撤廃
 Jリーグは、23歳以下の選手に対し、冬と夏の移籍期間を撤廃して、下のカテゴリーへの移籍を自由にする制度の導入を決めました。20日の理事会で承認されれば来季から導入されます。
 以前からこの制度の導入は噂されており、若手の出場機会が増える事から、概ねポジティブに受け入れられていました。

 例えば、鹿島アントラーズを例にとると、若手を積極的に登用するジョルジーニョ監督の下ですら、多くの若手選手は、先輩選手の厚い壁に阻まれ、出場機会を確保するのが難しい現状があります。
 この制度が承認されれば、試合数も多いJ2でたくさんの出場機会を得る事で、加速度的に成長する選手も現れるでしょう。鹿島だけでなく、日本の将来を考えても、非常に有効な施策だと思います。サテライトリーグ廃止後、若手の実戦経験の不足が叫ばれていましたが、ようやく一つの改善策が提示されました。これをきっかけに、更なる改善策が生まれて、Jリーグの益々の発展に期待したいです。

 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。鹿島アントラーズサポーター交流イベントとして、フットサル&忘年会を企画しております。興味のある方は、下記記事よりエントリー下さい!
 たくさんのご参加をお待ちしております。

 第二回鹿島アントラーズサポーター交流イベント(フットサル・忘年会)@錦糸町開催!!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/573-cbe82229
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。