上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■レナトにアクシデント!ナビスコカップ決勝を睨んで、温存か!?
 清水エスパルスとのリーグ戦、ナビスコカップとの連戦を前に、リーグ戦への臨み方が注目されていました。降格圏から完全に脱した訳ではないですし、ナビスコカップ決勝に向けて、チームに勢いを付ける事が出来る様に、主力メンバーで試合に臨むと思われましたが、木曜日の非公開練習中に、レナトが足の付け根を怪我してしまいました。大迫と共に、新システムにおける攻撃面での中心選手だっただけに、その不在がチームに与える影響は大きいです。

スクリーンショット 2012-10-27 2.41.31
ベンチ予想:GK佐藤、DF中田、MF本田、MF増田、MF本山、FW興梠、FWジュニーニョ

 スタメン予想は上記の通りです。

 レナトは前日練習をランニングだけで切り上げています。強行出場の可能性も捨てきれませんが、タイトル獲得が掛かる大事なゲームを前に、無理はさせないと思います。ベンチスタートになると予想します。その際の考えられるプランとしては、以下の様な案が考えられるでしょうか。

<4-2-3-1>
・レナトに代わり本山を起用。
・遠藤をトップ下に据え、右サイドに柴崎をスライド。本田拓也と小笠原のダブルボランチ。
・柴崎をトップ下にスライド。本田拓也と小笠原のダブルボランチ。
<4-4-2>
・4-4-2に戻し、大迫・興梠の2TOPにする。

 ここ最近、型にはまっていた4-2-3-1を変更する事は考えづらく、4-4-2の布陣は採用されないと思います。4-2-3-1を維持する中では、様々な布陣が考えられますが、本山を先発で起用する策は、実現の可能性は低いと思います。本山自身のスタミナの問題もありますが、札幌戦の様に膠着したゲーム展開では、パス一本で局面を変える事が出来る本山の様な存在は、非常に貴重です。個人的には、遠藤をトップ下に据えるよりも、柴崎をトップ下にスライドする案が一番良いと思います。ドゥトラ・遠藤との距離感を保つレナトのタスクですが、成長著しい柴崎がその代わりをこなす事が出来れば、4-2-3-1の布陣も機能するでしょう。

 終盤戦を迎えて、レナトが離脱する事になってしまうと、チームにとっては大きな痛手ですが、そんなに重い怪我ではないと思います。ナビスコカップ決勝には間に合ってくれると思うので、ナビスコカップ決勝直前の怪我でなかった事はラッキーでした。大迫とレナトによって支えられた新システムですが、不在時の戦い方をチェックする良い機会です。新たな可能性を発見する可能性もありますし、内容の伴った見事な勝利を収めてくれる事を期待します!

 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。仮にレナトが不在でも、全員のハードワークが保たれれば、相性の良い清水とのホームの試合で、予想外の快勝を収める可能性もあります。ナビスコカップ決勝に向けて、清水に良いイメージを持たせたくはないので、相手の攻撃はシャットアウトし、攻撃では1TOPの大迫に活躍してもらいましょう。


 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村
関連記事




コメント(1) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/558-312f7ab6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。