上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■機能したフォーメーション変更
<守備について>
 スターティングイレブン、ベンチメンバーは、事前の予想通りでした。試合のメンバーが発表されてから試合開始までの2時間、FC東京戦の戦いをシュミレーションしましたが、どうしても守備面での不安を拭う事が出来ませんでした。いつも勝利を信じてスタジアムに向かっていますが、久しぶりに苦戦を予想してスタジアムに向かいました。

 試合前、観客席からの『ジョルジーニョ』コールに監督自ら、ピッチまで足を運び拍手で応えているシーンを見て、胸が熱くなりました。これは気持ちのこもった試合になるのではと期待が膨らみました。試合前のシュート練習では、大迫がコースを狙ったシュートを何本も決めていて、好調さが感じられました。

 事前にスタメン予想の記事で書いた通り、相手を完封する事は難しいと思っていたので、先制点がポイントになると思っていましたが、ガンバ大阪戦からメンバー変更があったにも関わらず、新しいメンバーでもプレスが機能して手応えを感じて来たところでの先制点は大きかったと思います。ゴールを挙げたドゥトラに注目が集まりますが、質の高いクロスを右サイドから挙げた柴崎と、1TOPとしてゴールを狙うポイントに入り込んで権田に難しいセーブを強いた大迫の若い二人によって生まれたゴールだったと思います。この先制点でチームは勢いにのります。

 まず守備が安定した事が、昨日の勝利の大きな要因だと思います。最終ラインを高く保ってコンパクトに守備陣形を敷いていました。中央のマークの受け渡しもスムーズにいっていたので、相手をフリーにする事も無く、パスの出し所が無いFC東京は苦し紛れのパスを出して、パスミスを連発していました。1TOPの大迫と2列目の3選手も、ボールを持っている選手に対して、良くプレスを掛けていました。それにより後方の選手の負担も減って、新井場が交代するまでは、相手の攻撃に対して少し余裕すら感じられました。相手に危険な場面はほとんど作らせなかったと思います。


<攻撃について>
 攻撃面では、1TOPの大迫が、この試合も光輝いていたと思います。FC東京の日本代表の高橋と森重を相手に、何度もボールを前線で収め、攻撃の起点になりました。決定的チャンスを何度か迎えたので、1点は決めて欲しかったですが、得点以外の部分では完璧に近い出来だったので、この調子でチームの攻撃を牽引して欲しいと思います。2点目の起点となった鋭いターンからのボールキープでは4人のマークを引きつけた事で柴崎のゴールが生まれましたし、4点目のドゥトラのゴールの場面では、鋭いターンで日本代表の高橋を置き去りにし、見事なラストパスをで得点をアシストしました。冒頭に書いた通り、好調さは失っておりません。素晴らしい活躍を見せたにも関わらず、ヒーローインタビューではとても悔しそうな表情を見せていたのが印象的です。その向上心とゴールへの姿勢を失わない限り、鹿島を勝利に導くゴールを決めてくれるでしょう。リーグ戦2桁得点、達成して欲しいですね!

 ボックス型4-4-2の布陣では、ドゥトラと遠藤はお互いの距離が開き過ぎてしまい、二人のコンビネーションによる崩しはほとんど見られませんでした。この日はトップ下の位置にレナトが入った事により、連携の問題は解消されました。ハットトリックの活躍を見せたドゥトラは、選手間の距離が近づいた事により、ショートパスでの崩しに参加する事が増えました。無謀なドリブルが減ったので、ドリブルで仕掛ける回数は減りましたが、結果的に攻撃の良いアクセントになってくれました。シュートも力任せのシュートが減ったので、これからもゴールに期待できますね!

 遠藤とレナトのコンビネーションも素晴らしかったと思います。3点目の場面では二人の奏でるハーモニーに酔いしれました。この試合の遠藤が良かったのは、ボールを持っていない時の動きです。西にボールを預けて全力で前線にダッシュで走って行く場面を見て、今日の遠藤には期待出来るのではと思いましたが、ボールが無いところでも良く動いていたと思います。得点の場面ではレナトの見事なスルーパスに反応して、右足で綺麗にゴールに流し込みました。これでリーグ戦は6ゴール目になります。権田にファインセーブされて、惜しくも得点になりませんでしたが、強烈なミドルシュートを放つ事の出来る左足は健在です。前線でタメを作る事も出来ますし、後半戦で再び鹿島の切り札になってくれると思います。

 そして、この試合ではリーグ初ゴールを挙げた柴崎について触れない訳にはいきません。質の高いクロスで、ドゥトラの先制点を演じました。リーグ初ゴールを挙げた場面では、相手DFを十分に引き付けて右サイドの西へ展開し、そのまま前線に走り込んで西からのリターンを受けます。西のリターンパスは、ボールが強くトラップは簡単ではありませんでしたが、そのボールを落ち着いてコントロールし、迫り来るDFをものともせず、落ち着いてゴール左隅を射抜きました。守備面でも見事なパスカットを見せ、攻守に渡って素晴らしいプレーを見せてくれたと思います。

 試合前に、残りのリーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯の試合は『全部勝つ!』というジョルジーニョ監督の談話を耳にしましたが、これだけ選手達が気持ちのこもった試合を見せてくれれば、実現不可能な目標では無いと思います。シーズン終盤の、この時期での若手選手のステップアップは、明るい未来を予感させますし、今シーズン掲げていた世代交代が確実に進んでいる事を感じさせる内容でした。この勝利でJ1残留はほぼ確定しました。5位のジュビロ磐田との勝ち点差は5です。自分達の戦いに自信を持って、更に上を目指して行きましょう!

 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。今週のカップ戦2試合は非常に重要な戦いとなります。天皇杯は足元を救われないように、出場したメンバーに頑張ってもらい、ナビスコカップは連覇を目指して、全力を尽くしましょう!シーズン終盤の大事な時期に、良い流れを自分達で持って来ました!今度こそ、この流れを手放さないようにしましょう!!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/541-3911e4d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。