上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■タイトル獲得に前進!?
 今シーズン、世代交代を進める鹿島にとって、世代交代のスピードを落とさないためにも、そして世代交代を失敗させないためにも、J1に残留する事は至上命題と言えるでしょう。それは最低限の目標として当然ありますが、出来る事なら今季もタイトルを獲得して欲しいと思います。

 若い選手にとって、タイトルを獲ったことは大きな自信になりますし、またタイトルが欲しいという気持ちに繋がります。スルガ銀行チャンピオンシップのタイトルを獲得した際、ジュニーニョやドゥトラを含む、タイトルを取った事のない選手達が、初タイトル獲得に、子供の様にはしゃいでいたのは記憶に新しいところです。タイトルの味を知り、再びそれを味わいたいという欲求から、更に成長してくれる事でしょう。

 今シーズン、タイトルに一番近いのは連覇がかかるヤマザキナビスコカップです。柏レイソルとの準決勝ではホームでの1st legを勝利しております。タイトル獲得までに要する試合数は残り2試合と優勝は手の届くところにあります。相手は昨季王者の柏レイソルであり、アウエーゴールを2点献上している事から、難しい試合になる事は覚悟しておりますが、鹿島には追い風が吹いています。sponichiの記事によると、レアンドロ・ドミンゲスが浦和戦で負った負傷により、『1ヶ月くらいピッチを離れるかも』とのクラブ幹部の談話が紹介されています。レアンドロ・ドミンゲスといえば、昨季のリーグMVPであり、言わずと知れたJリーグの最強外国人助っ人です。鹿島も他チーム同様に、レアンドロ・ドミンゲスに何度もやられてきました。つい先日のナビスコカップ1st legでも、素晴らしいゴールをあっさりと決められてしまい、そのレベルの高さを見せ付けられたのは記憶に新しいところです。

 鹿島が獲得寸前まで漕ぎ着けながら、ブラジル時代の折り合いの悪さからオリベイラ監督が獲得を拒否した経緯もあり、私としては、鹿島関係の選手以外で一番気になる選手なのですが、もし、ナビスコカップの2nd legに出場しないのであれば、鹿島が決勝に進む可能性が格段に上がるのは間違いありません。

 ただし、レアンドロ・ドミンゲス不在時でも、柏は好成績を残しております。2nd legでは小笠原主将が累積警告で出場停止(柏は栗澤が出場停止)ですし、油断は出来ません。万全の準備をした上で柏に勝利し、ファイナルの舞台に駒を進めて欲しいと思います。


■中田浩二、全体練習に復帰!
 怪我で長期離脱していた中田浩二ですが、昨日から全体練習に復帰したようです。まだまだ完調とはいえないものの、これから少しずつコンディションを上げていくと思います。前回の怪我からの復帰時を参考にすると、ジョルジーニョ監督は状態が上がるまで無理はさせないと思うので、復帰まではもう少し掛かると思いますが、ACL出場権の掛かる天皇杯で、頼りになるベテランが復帰してくれると大きいですね!類まれなるコーチング能力で、チーム全体の守備力を上げる事の出来る選手ですので、一日も早い復帰を望んでいます!

 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。今週末のFC東京戦から、天皇杯3回戦のガイナーレ鳥取戦、ヤマザキナビスコカップ準決勝2nd legの柏レイソル戦と、大事な試合が続きます。笑顔でこの3連戦を振り返れるように、我々サポーターもチームをサポートしていきましょう!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事




コメント(1) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/539-67abd371
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。