上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■横浜FM戦について
 ジョルジーニョ監督が、今シーズンワーストと語った試合について、トピック別に振り返ります。

<荒れた芝>
 試合前に、翌日に控えていたオープンスタジアムについて、ピッチ条件悪化のため、ピッチを使用したイベントを中止するというアナウンスが公式サイトでありました。二週間前の試合では、そんなに芝の状態が悪い印象は無かったので、なぜだろうと疑問に思っていましたが、スタジアムに着いて一目瞭然、明らかに芝の状態が悪く、ボールコントロールが難しい状況でした。今のチームは、パスサッカーが肝ですので、相手と状況が同じとはいえ、綺麗なピッチ状態で試合を行えていれば、また違った展開になっていたと思います。しかし、この点については、ホームですので、言い訳する事は出来ません。状況に応じた対応力も、相手の方が上回っていた事になります。

<ドゥトラのスタメン起用>
 一週間、紅白戦でレギュラーとして出場していた遠藤ではなく、ドゥトラがスタメン起用されました。最後の紅白戦で遠藤が、ジョルジーニョ監督が思っていた働きを見せる事が出来ず、相手のドゥトラに対して、鹿島のドゥトラをぶつける事を選択したとの事ですが、この策は上手くいきませんでした。チャンスを与えられた中で、指揮官を満足させる働きが出来なかった遠藤にも少し残念でしたが、それ以上に攻守のバランスを崩していた川崎戦からはメンバーを代えなくてはならないと思っていた中で、スターティングメンバーが変わらない事に、大きな不安を覚えました。案の定、ドゥトラの単調なドリブル突破は、相手にも完全に読まれていて、相手のドゥトラだけでなく、2人、3人と寄ってくる相手のプレスの網にことごとく引っかかってしまいました。加入当初は、相手の研究も十分には進んでおらず、独力のドリブル突破が良いアクセントになっていましたが、今は相手にドリブルをさせられている状態です。ドリブルが上手くいかないため、そのドリブルに固執してしまい、プレー判断も非常に悪いです。前半にエリア内で良い位置でボールを受けたのに、ドリブルを選択してチャンスを逸した場面もありました。また、いくら良い動き出しをして周りがフリーになっても、ドゥトラからはパスが出てこないので、周りの足も止まっています。2TOPの調子が良いだけに、ドゥトラに固執するのはもったいないです。
 完敗を喫したアウエーの清水戦でも同じ事を述べましたが、ドゥトラを起用するにしても、対峙するドゥトラとは、身長差が20cm近くあります。チームの攻撃が停滞している時には、前の方に張り出して、高さで起点となる作戦は取れたはずです。後方にはフィードが得意な青木と、抜群のロングパスの精度を誇る柴崎がおりましたので、十分に起点となれたと思いますし、執拗に狙い続ければ、CBをつり出す事が出来て、中にスペースを生み出す事も出来たと思います。
 2列目の守備も役割をこなせておらず、スタメンに値する働きをここ最近は見せる事が出来ておりません。

 後半のダイヤモンド型にした布陣は、追加点こそ奪われてしまいましたが、本田拓也を起用する事によって守備が安定し、前半の布陣よりかは戦える内容でした(インサイドハーフが小笠原と柴崎でしたので、どちらかをインサイドハーフ向きの遠藤に交代できれば、なお良かったと思います)。中盤の底から前線へ効果的なフィードを供給できる本田は、チームのバランスを改善する事の出来る選手であり、ダイヤモンドのアンカーだろうと、ダブルボランチの一角だろうと起用しない手は無く、スタメンについて今一度考える必要はあると思います。この日の出来でもスタメンが入れ替わらないのであれば、チーム内競争が無くなり、スタメンの選手は安心してしまい、これ以上の向上は望めなくなる危険性がありますし、控え選手は士気が下がってしまう恐れがあります。個人的には、選手達から戦う気持ちがあまり伝わってこなかった試合の後ですので、練習でスタメン組とサブ組を大きく入れ替える等の、ショック療法的な策も実施すべきでは無いかと思っています。

<選手交代>
 前半終了間際に、マルキーニョスが退場(本題からはそれますが、マルキーニョスのプレーは楽しみにしていただけに、退場は複雑でした。気合いが入り過ぎてしまったのでしょう…)。前半、攻守のバランスを崩していた鹿島ですので、得点が欲しくても、前述の通り一度本田拓也を入れるべきと思っておりましたが、ジョルジーニョ監督は本田と本山を2列目の外国人二人に代えて、ピッチに送り出します。これでチームはバランスを取り戻します。
 本田は中盤の底で、良い位置にポジションを取り、見事なカットを見せて、周りに安心感を与えます。そして、本山は後方まで下がって、攻撃を組み立てながらも、相手のCBとボランチの間、所謂ギャップの位置でパスを受ける事で、相手DFの注意を引き付け、虎視眈々と必殺のスルーパスを狙います。交代策ははまり、このまま、我慢して攻撃し続ければ同点ゴールは生まれるだろうと思いましたが、相手のスローインからの攻撃で、小野がファールをしたとDF陣がセルフジャッジをしてしまい、足が止まった隙を突かれて、失点してしまいます。気の緩みとしか言えない失点でしたが、一人少ない横浜FMを奮い立たせる得点としては十分な得点だったと思います。

 失点直後に岩政に代えてジュニーニョを投入します。2点のビハインドがある時に、セットプレーで一番得点が期待出来る岩政を交代させたのは、非常に勇気のある交代策だと思いますが、これは完全に裏目に出ました。前線に3枚並びましたが、中盤の人数が少なくなった事により、効果的なパスが配給されません。後ろのセンターバック2人をフォローするために、小笠原が最終ラインまで下がってしまい、配給役が減った事が原因です。ここは、岩政を残して、中盤の底で本田にフィルターになってしまい、攻撃陣には攻撃に専念するように交代策を取る方が良かったと思います。スタジアムで観戦していて、相手最終ラインとの攻防を見ていると、驚くほどジュニーニョが質の高い動きで裏を狙い続けているのが分かっただけに、そこに効果的なパスがほとんど配給されなかったのが、非常に残念でした。中盤からボールが出ないので、大迫は後ろに下がってボールを受けにいっていましたし、これでは3TOPにしている意味がなくなってしまいます。調子の良い2TOPは代えづらいですが、ジュニーニョを起用するなら2TOPのどちらかと変えていた方が良かったと思いますし、引いた相手に対して、遠目からのシュートは相手を引き出す意味でも効果的だったので、ダイヤモンドを維持したまま、SHに遠藤を起用するのも面白かったと思います。

 色々と戦術的な事を書きましたが、この試合で一番足りなかったのは、やはり気持ちだと思います。主力メンバーを怪我で欠いている相手に対して、ホームでの戦いで、ましてや相手は10人になっている、そんな相手に負ける事は鹿島アントラーズとしては絶対に許されない、そんな覚悟を持って選手全員が戦っていた様には見えませんでした。この敗戦により、気付けば降格圏まであと5差に迫ってしまいました。次の試合は、浦和レッズに5-0と快勝して、勢いに乗るガンバ大阪とアウエーでの戦いです。ガンバ大阪の攻撃力は凄まじく、この試合の様なプレーを見せていたら大量失点で敗れる可能性もあります。今一度、自分達のサッカーを見つめ直して、全員で同じ方向を向いてサッカーが出来る様に、この一週間、良い準備をして欲しいと思います。神戸戦やナビスコカップの柏戦の様に、誰か一人(大迫)のスーパーな活躍で勝利を収めるのではなく、全体でレベルアップをして終盤戦に臨んで欲しいと思います。来季を良い状態で迎える様にするためにも、残りの一戦一戦をしっかりと戦って、常勝時代を築くための確固たる基盤を作って欲しいです。

 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。本文では触れませんでしたが、ロスタイムにジュニーニョが1点を返した場面では、ジュニーニョは完全にオフサイドポジションにおり、どうしてあれがオフサイドにならなかったのか理解できませんでした。何度も攻撃を邪魔した主審のポジショニングも含めて、この試合の判定について、誰かがきちんと評価を下した上で、改善されるような仕組みは存在するのでしょうか。
 そのプロセスが見えない異常、誤審で損をした、しないではなく、明らかに間違った判定に関しては、皆で訴えていく必要があると思います。一人一人の声が大きくなって、無視できない大きな流れが生み出されれば、サッカー協会側も改革に動かざるを得ないと思います。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/534-89b46acb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。