上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■審判の信頼回復に向けて、小さくない一歩を踏み出す!
 sponichiの記事によると、昨日、Jリーグの強化担当者会議が行われ、その場に上川徹審判委員長が出席し、クラブの関係者に対して、続出している誤審の減少に向けて、審判員が技術向上のために行っている試合以外の活動内容を説明し、今後もさらに努力していくことを約束したとの事です。

 6月の役員改選で審判委員長に就任し、8月からはJリーグの理事も務めている上川氏には、これから審判問題について更に精力的に取り組んでいただいて、今シーズン、何度も何度も繰り返されている誤審の数が、少しでも減る事を期待します。判定の向上は、試合の質の向上にもつながり、サッカーの『ショー』としての魅力も増す事になります。本質的な改善が行われれば、結果的に観客増加にもつながると思います。

 (今後、開示されるのかもしれませんが)同じく誤審に悩まされている一般サポーターに具体的な活動内容が現時点では伝わっていない事が残念ですが、関係者が「審判委員長が会議に出て、クラブとコミュニケーションを取ったことに意義がある」と語っている通り、これまでそうした活動内容はブラックボックス化されており、技術向上に向けて対策を練っているのか、皆が不信感を抱いておりました。今回の一件は、詳細は見えていないものの、日本サッカーにとって、小さくない一歩なのでしょう。今後の動きに注目して行きたいと思います。

■CBにとって守りやすいボランチ
 皆さん、昨日発売の週刊サッカーダイジェストはご覧になったでしょうか?田中滋さんがインタビュアーを務めた、岩政と本田拓也の対談は、非常に濃い内容でした。神戸戦の試合後に、本田拓也の事を『バイタルの押さえ方は日本一の選手だと思います。あれだけCBと連携して守ってくれるボランチを僕は知らない。僕の大好きな選手ですね』と岩政が評していましたが、外から観ていると気付きにくい、CBとボランチの守備の関係性について、非常に分かりやすく説明してくれています。本田拓也は、相手の人に付くのではなく、周囲の見方や最終ラインの状況を考慮に入れた上でポジション取りを行ったり、プレスを掛けたりしています。人に付くボランチがプロの世界でも多く、闇雲にプレスにいってしまうと、相手にかわされた時に、一番危険なバイタルエリアが空いてしまう危険性があります。単に人に付くのではなく、周囲の状況を考えた守備が出来る本田の守備はそういった選手よりも一段階上のレベルにあるといえ、その部分を岩政は絶賛しているのです。また、基本的な事ではありますが、本田拓也は、クサビの縦パスを入られないように特に気を付けて守備をしています。それに関して、当ブログでは、攻撃面でクサビのボールの有効性を何度か論じてきました。
過去記事はこちらから。
★【川崎F戦に向け課題の克服なるか】クサビのボールの重要性を改めて


・ゴールまでの距離をぐっと近づける事が出来る
・落としを受けるプレーヤーは前を向いてプレー出来る
・クサビを受けたプレーヤーより前方にポジションを取っていて、かつ前を向いて守っていたDFは振り向いて守備をしなければならず、時間的余裕を作り出すことが出来る

 といった点が利点に挙げられますが、それは逆にいえば、クサビのボールを入れられると、一気にピンチの状況が生まれる可能性が高いことを意味しております。例えば、自分の背後に早いパスを通されて、CBと1対1の状況を作られてしまったら、振り向いて、ポストで受けた選手を挟みにいこうとした時には、既に勝負が喫している可能性があります。そうならないように、背中で最終ラインの状況を感じ取り、クサビのボールを入れさせてはいけない時には縦を切る。これは基本的な事ですが、非常に重要なプレーです。このパスを通されてしまうと、CBとしてはかなり厳しい状況になってしまいます。そうしたCBにとって厳しい状況でも、そこでCBが振り切られてしまうと、失点はCBの責任になってしまう事が多いです。今回のインタビューにおける岩政の発言を読んでいると、『サポーターの方々には、守備のこういう部分を見て欲しい!』、そう訴えかけている気がしてなりませんでした。岩政がその部分について大いに論じてくれておりますので、是非ご覧ください。

 私も普段から意識してみてきたつもりではありますが、カシマサッカースタジアムの2Bゾーン席など全体を俯瞰できる位置で、改めてボランチやCB、そしてチーム全体の連動したディフェンスについてチェックしたいと思います。週末の試合が楽しみです!



最後まで読んでいただいてありがとうございます。今週日曜日は、オープンスタジアムが開催されます。普段は入る事の出来ないピッチに入れたり、選手と触れ合える貴重な機会です。ご都合の付く方は、是非、カシマサッカースタジアムまで、足をお運びください。公式サイトからリンクを貼りますので、参考にしてください。

☆9/23 オープンスタジアムのタイムスケジュールについて
☆昨年のイベントの様子

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/530-f901ada2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。