上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■ジョルジーニョ監督にけん責処分
 今季、審判問題については何度も記事にさせていただきましたが、Jリーグは具体的な改善策について、何一つ提示してきませんでした。日本のレフェリングの質に対して、監督も、選手も、サポーターも不満を抱いている事が明らかであるにも関わらずです。

 今回、ジョルジーニョ監督はけん責処分を科せられましたが、ジョルジーニョ監督は、何も負けた腹いせだけで文句を言っている訳ではありません。勝利を収めたジュビロ磐田戦についても、鹿島が有利になった判定について言及しております。浦和レッズ戦の試合後も、皆が知っている公然の事実を述べただけで、誹謗中傷を意図している訳では断じてありません。日本サッカーの将来を案じた発言に対して、規約にあるからと処分を下す事で、日本に来てくれている有能な外国人監督が離れてしまう…そんな事態は絶対に避けなければなりません。急速に発展を遂げたJリーグですが、多くの外国人監督、外国人選手に支えられていた事は、疑いようのない事実です。その中には、『日本の審判の質』の低さに失望して、日本を離れてしまった人も残念ながらいます。しかし、それでもなお、日本を愛して、選手としてのみならず監督としてもJリーグに戻ってきてくれるジョルジーニョやストイコビッチの様な存在もあります。

 鹿島対浦和戦のジャッジのみならず、判定への不信が根底にある事が、問題を引き起こしているのは間違いありません。問題の本質から目を背けず、どうしたら審判の質が向上するのか、本腰を入れて議論しなければいけない時に差し掛かっていると思います。この状態が続くと、試合のショーとしての質も下がってしまい、観客離れにもつながりません。日本サッカー協会の事なかれ主義に反感を抱いている人は多いです。手遅れになる前に、具体的な対応策が明示される事を切に望みます。


■ベストメンバー規定って本当に必要!?
 サッカーのJ1ヴィッセル神戸が、Jリーグの「ベストメンバー規定」に違反したとして、制裁金1000万円を科されました。ベストメンバー規定はJリーグ規約第42条の補足基準にある通り、当該試合直前のリーグ戦5試合の内、1試合以上先発メンバーとして出場した選手を6人以上含まなければなりません。神戸は、直近の公式戦5試合とご認識してしまい、直近リーグ戦5試合で先発がなかった7人を先発で起用してしまいました。

 元々、不要論が出ていたベストメンバー規定ですが、個人的には、本当に無用なルールだと思います。予選リーグでの敗退が決まっている最終戦で、何故メンバーを制限される必要があるのでしょうか。貴重な実戦の場で選手を試したいという西野監督の意向はとても理解できますし、サポーターも今後の試合に向けて、新戦力を見たかったのではないでしょうか。そもそも、カップ戦にもベストメンバー規定が適用されるのにも関わらず、基準となる『直前の5試合』にはカップ戦が含まれず、リーグ戦の出場実績のみが対象となるのは、非常に曖昧ですし、今回の様な誤りを引き起こしてしまいがちです。また、現行のルールでは、日本の将来を担う若い選手達の出場機会が限定される事につながっています。

 今回を機に、ベストメンバー規定については廃止も視野にいれて、しっかりと議論するべきだと思います。仮に規定を廃止しないとしても、もっと皆が納得のいくような、かつ分かりやすいルールに改善して欲しいと思います。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。本日発売の『週刊サッカーダイジェスト』では、クラブダイジェストとして鹿島アントラーズが特集されております。キーマンインタビューに抜擢された柴崎の頼もしい発言と、深く守備について語っている岩政と本田の対談は、鹿島アントラーズサポーター必見の内容です!是非、ご覧下さい!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事




コメント(3) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/529-a9e5670a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。