上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■この試合は勝ちたかった…
 リーグ戦、ナビスコカップと大迫のゴラッソ連発で、しぶとく勝利を収めました。更に神様ジーコのクラブハウスへの来訪で、サポーター、選手、クラブはポジティブな雰囲気で満ちあふれていました。だからこそ、だからこそ、この試合は勝ちたかったです。勝ちたい試合を勝ちきれないのは、今季の低迷を象徴しております。開幕時の極度の不振から連勝し、さぁここからだと気合いを入れて臨みながらも惨敗してしまった清水エスパルス戦、同様に連勝して臨みながらも、永井のゴラッソと誤審に沈んだ名古屋グランパスエイト戦、上位との勝ち点差が詰まり、勝てば上位進出も見えましたが惜敗した浦和レッズ戦等、重要な試合で結果を出せない事が続いています。世代交代中のチームには、かつての常勝時代を築いた様な勝負強さはまだみられませんが、チームを成長させるためにも、タイトルは必要となりますので、一番近いタイトルであるナビスコカップを獲得するためにも、そしてタイトルを獲得して選手を成長させるためにも、これからの試合を利用して、より強固な基盤を形成して欲しいです。


■神戸戦で見られた強固な守備は…
 ヴィッセル神戸戦の前に、選手間で話し合いを行った事で守備組織を再構築すると共に、ボールの取りどころが明確になった事で、選手達も手応えを口にしていました。しかし、川崎フロンターレとの試合では、バイタルエリアがすかすかで、相手にそこを何度も何度も突かれてチャンスを作られてしまう有り様でした。相手の2列目からの飛び出しにDFラインが引っ張られてしまい、空いたスペースを目掛けて後ろから入ってくる相手選手を掴まえる事も出来ませんでした。3連覇時の様な、強い時期の鹿島であれば、選手間同士で修正が出来たのでしょうが、今のチームはまだそこまでのレベルに至っていないのでしょう。ピンチの連続でした。前線からのプレスも十分とは言えませんし、2列目の選手達は連動した守備が出来ていない等、改善点は多々ありますが、中盤の底にファーストボランチが不在なのは、やはり厳しいと思います。小笠原と柴崎の展開力は確かに捨て難いですが、バイタルを引き締める事の出来る本田拓也が入ればあそこまで相手を自由にさせる事は無かったと思います。

 今のチームは攻守のバランスが崩れてしまっているので、一度原点に立ち返って欲しいと思います。本田拓也をボランチに据えて、小笠原を2列目に上げれば、前の方から厳しいチェックを掛ける事が出来ますし、本田拓也と小笠原のコーチング力によって、中盤全体の守備力は増すと思います。本田泰人主将が以前トークショーでお話されていたのを伺った事がありますが、守備においてコーチングは本当に重要な要素です。小笠原が2列目に上がって、大迫と興梠に適切なコーチングを行う事で、前線からの守備も向上すると思います。ドゥトラの推進力が無くなると、攻撃力は下がってしまうかもしれませんが、出足の鋭さは日本屈指でボールを相手から取りきる事の出来る小笠原と、深いタックルと周囲の選手を巻き込みながらバイタルエリアを引き締める事の出来る本田拓也、高卒2年目とは思えない鋭い読みを持ち、素晴らしいカバーリングを見せる柴崎と、中盤の守備力が大きく向上するのは間違いありません。攻撃面でもサイドバックと2列目の選手達との関係性が今一つはっきりしていないので、その点では改善が見られるでしょう。チームがバランスを崩してしまった暁には、第6節のFC東京戦の様に、一度原点に立ち返り、守備からチーム造りを行う事も戦略の一つとしては有りだと思います。

 次節以降のジョルジーニョ監督の選手起用に注目です。

■ジョルジーニョ監督の采配について
 試合が終わってからtwitter等で、試合についての鹿島サポーターの書き込みを見ましたが、増田・遠藤の交代の場面では、何故、本田拓也では無いのかという意見が沢山出ていましたね。かくいう私も、前述した通り本田拓也の起用を推している様に、あの場面で増田を起用する意図が良く分からず、本田拓也を起用して欲しかったと思っていました。間が悪い事に、二人が交代した直後に、同点弾を叩き込まれてしまい、ジョルジーニョ監督の采配を疑問視する意見が噴出していました。

 私も、自問自答のまま、帰宅の途についたのですが、家に帰り、試合を振り返ってみると、その後にはしっかりとチャンスを作れており、決めきる事が出来なかった選手にも責任はあると思います。二人を起用した狙いは、ジョルジーニョ監督が試合後に語った事を参考にすれば、両サイドバックの上がりを牽制すると同時に、シュート、パスで決定的な仕事をする事でした。遠藤は惜しいシュートを放っていましたし、終盤には勝利を目指してチームは猛攻を見せていました。結果的には同点になってしまいましたが、結果が付いてこなかっただけで采配自体は間違っていなかったと思います。もちろん、プロとして結果が出なかった以上は、成功したとは言えませんが、監督が采配の意図を説明し、その意図に沿って試合を振り返ると納得はいきますので、監督を信じて団結する事が求められると思います。卓越した左足を持つ遠藤のミドルが決まっていれば、勝利を収めていたと思いますし、西のクロスにジュニーニョが合わせた場面も同様です。

 決定的チャンスは作る事が出来ていますが、ここで試合を決めきる事が出来る様にならないと、タイトルを獲得するのは難しいです。これからタイトル獲得に向けて、厳しい試合が何試合か訪れると思います。そうした厳しい状況を跳ね返すチーム造りを、ジョルジーニョ監督に期待しましょう!

 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。目覚ましい活躍を見せていた大迫について、新のエースへの変貌を遂げるには『継続性』が大事になると何度か書かせていただきましたが、昨日の試合では結果こそ残せなかったものの、好結果を生んだ積極性は失っておりません。その姿勢を保つ事が出来れば、きちんと結果を残す事が出来ると思います。大迫交代後は、ボールの収まりどころが無くなって、チームの攻撃が停滞してしまい、改めて大迫の重要性は証明されました。次節もゴールを期待して、エースへの階段を上ってもらいましょう!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/527-e1e3600b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。