上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■難しいトーナメント緒戦に快勝!
 スタメン予想は大外ししてしまいました。筑波大学は、川崎フロンターレに風間監督が就任するため、チームを離れて以降、少し力を落としているとの評判でしたし、ナビスコカップ準決勝1st leg柏戦で昌子を起用する等、若手の起用には積極的なジョルジーニョ監督ですから、もう少し思い切った若手の起用をしてくるかと思っていましたが、蓋を空けてみれば、柏戦後に身体の痛みを訴えていたとされる興梠、柴崎、西が全員先発出場するなど、予想していたよりも入れ替えが少ないメンバーとなりました。特に興梠は、怪我の影響もあって少し身体のキレを失っておりましたから、スタメン出場は意外でした。スタメン組で休養を与えられたのは、驚異的な活躍を見せて柏戦と神戸戦でチームを勝利に導いた大迫と、ベテランの小笠原、新井場、途中加入のレナトです。確実に実力を付けてきていてスタメン出場が予想された佐藤がベンチに回るくらい、ジョルジーニョ監督がトーナメント緒戦の入りを大事にしている事が伺えました。先制点が生まれるまでは時間がかかりましたが、遠藤の見事なFKで先制ゴールを挙げてからは、7得点を奪って見事な快勝を収めました。最後に1失点してしまった事は残念ですが、これを糧に次戦は完封して欲しいです。

■大勝を収めたチームの中で、アピールに成功した選手
 試合の序盤は筑波大学相手に苦戦しました。なかなかゴールを割ることが出来ずに時間がどんどんと過ぎ、仮に先制点を奪われてしまったら、敗退が頭をよぎってプレーに焦りが生じてしまうのでは…そんな展開に引きずり込まれてしまうような嫌な予感が漂い始めました。後述しますが、先制点を献上したJ1のチームは、総じてかなりの苦戦を強いられています。しかし、遠藤康がそうした嫌な雰囲気を払拭するゴールを決めます。

 ペナルティーエリア付近の右サイドから遠藤康が見事なFKを決めました。チームをプレッシャーから解放する素晴らしいゴールだったと思います。これで勢いに乗った遠藤は、右サイドの得意な位置から、中に切れ込んでのミドルシュートも決めます。終盤には3点目のゴールまでも決め、今シーズン、チーム初のハットトリックを達成しました(残念ながら、天皇杯はイエローハット賞対象外)。
 最近の不調からスタンドからはブーイングも聞かれる事もある遠藤ですが、シーズン序盤に苦しいチームを何度も救っており、高い能力を保持している事を忘れてはなりません。最近はドゥトラが調子を落としております。ドゥトラはその個人能力の高さから、ドリブルで突っかけてシュートまでは持ち込むものの、フリーの味方を使えていない事が多く見受けられ、チャンスを逸し続けています。遠藤はレナトとの相性もまずまず良いですし、この調子を持続していれば、リーグ戦でのスタメン起用もあるのではないでしょうか。

 本田拓也も非常に良かったと思います。両足が攣ってしまったとはいえ、90分フル出場を果たしました。公式戦では分かりにくいかもしれませんが、練習試合をご覧になった事がある方はご存知の通り、本田は本当にキメの細かいコーチングをする事が出来る選手です。そのため、自身のディフェンス力もさることながら、若い昌子や土居ら周りの選手にコーチングを行ってサポートする事で、チーム全体のディフェンス力アップに多大な貢献をしている点は見逃せません。試合には長らく出ていませんでしたが、実績も十分な選手ですし、面倒見の良い性格から、後輩選手からの信頼は厚いです。生え抜き選手ではありませんが、小笠原主将の次期キャプテン候補の一人として、期待したいですね!

 左サイドバックで出場した土居も非常に良かったと思います。左サイドバックとしては群を抜く視野の広さから繰り出されるスルーパスで時折チャンスを演出しました。また、左サイドのエンドライン際をドリブルして華麗に相手を抜きさって、ゴール前のジュニーニョにアシストをした場面は素晴らしかったです。才能ある選手ですし、技術も高いですから、守備力が上がれば、一流のサイドバックになれる可能性があります。とはいえ、本人は2列目でのプレーを望んでいるので、まずはサイドバックで与えられた出場機会にジョルジーニョ監督の信頼を掴み、自身が望むポジションでの出場機会を掴んで欲しいです。

 上記3選手は、普段はベンチスタートの選手達ですが、非常に良いアピールをしたと思います。この活躍で、再び出場機会が与えられると思いますので、スタメン奪取を目指して、頑張って欲しいです。

■ジャイアントキリングが続々と…
 J1勢にとって、失うものの無い下位カテゴリーのクラブが、並々ならぬ気合で挑んでくる天皇杯の試合は非常にやりにくい戦いになります。現役時代に数々の試合を経験してきたジョルジーニョ監督も、非常に慎重な姿勢で天皇杯の緒戦に臨んでいることからも、その点は明らかです。

 今年も各地でジャイアントキリングが発生しました。サッカーは中々点が入らないスポーツですので、他のスポーツと比べて波乱は起こりやすいですが、J1のチームが5チームも緒戦で姿を消した事に驚きを隠せません。特にサンフレッチェ広島の敗戦は、ショッキングでした。広島はJ1で2位に付けている上位クラブですし、相手は地域リーグ所属です。先制された後、苦しみながらも同点に追いついた時には、圧倒的に有利な状況になったと思っていただけに勝ち越しゴールを挙げられて敗れたことにびっくりしました。

 広島も含め、下位カテゴリーのクラブに敗れたJ1クラブは、全て先制点を奪われています。元々力量差がある事は明らかなので、先制点さえ奪えれば試合をコントロールできるのですが、相手も守りを固めてくるため、その先制点を奪うのは、簡単ではありません。そういう意味では、遠藤の先制FKは値千金だったと思いますし、チームを助けてくれた一発だったと思います。

 次の相手は、J2のガイナーレ鳥取になります。J2でも20位と下位に沈んでいる相手ですが、気を抜くとジャイアントキリングを起こされかねないので、気を引き締めてこの試合に臨んで欲しいと思います。ベテラン岡野との対戦も楽しみですね。普段、試合に出る事の出来ない選手達のパフォーマンスに期待ですね。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。この試合、最終ラインに柴崎(右サイドバック)、昌子(センターバック)、土居(左サイドバック)と1992年生まれの3人とベテランの青木で守備ラインを形成する時間帯がありました。中盤でレギュラーを掴む柴崎の存在感は1992年組の中でも圧倒的ですが、梅鉢を含むそれに続く3人も、高卒2年目の今季からリーグ戦で出番を与えられており、切磋琢磨して着実に成長しております。世代交代真っ只中のチームですが、彼らの成長が世代交代の助けになるでしょう。来季は植田直通君も加入しますし、黄金時代の到来が楽しみです!


 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/522-329f7f8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。