上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■後半戦展望
 リーグ戦は21試合を終え、残り試合は13試合となりました。現在、ジョルジーニョ監督率いる、我等が鹿島アントラーズは12位と本来いるべき位置からは遠く離れた位置におります。しかし、順位表の上の方に目を向けると、ACL出場権内の3位の柏レイソルとの勝ち点差は6と十分に手が届く範囲におります。トップの広島との勝ち点差も11と、まだまだ覇権奪回を諦める訳にはいきません。

 終盤戦のスケジュールを確認します。

 schedule.jpg


 終盤3試合は、優勝争いに食い込んでいる可能性の高い3チームです。この3試合を迎える前に、優勝を狙える位置まで順位が上がっていれば、非常に面白い展開となります。一気に順位を上げていくためには、上位チームへ勝利し、下位チーム相手には取りこぼさないで、連勝を積み重ねていく事が欠かせません。今シーズンの戦いを振り返ると、上位チーム相手には、良い試合は出来ているものの、結果が付いてきていません。首位広島をホームに迎えた試合や、アウエーでの柏戦は、相手を後一歩まで追い込んでおりますので、今後はそういった試合をどこまで勝ちきれるかが重要となるでしょう。

 そういう意味で、今週末の浦和レッズ戦は、6連戦の最後を勝利で締めくくり、上昇気流が生まれているチームを、更に勢いづけるために、何としても勝利を収めたい試合となります。この試合に勝利すると、ホーム2連戦となり、相手はナビスコで勝利している新潟と、リーグ戦のアウエーで勝利している神戸が相手となり、磐田戦からの4連勝も十分に狙えます。目論見どおり、4連勝する事が出来れば、ACL出場圏内は目前でしょう。

 アウエーの埼玉での試合ですので、簡単な試合にはならないと思いますが、追い風も吹いています。ホームで2得点を決められ、相手の攻撃の中心選手であるマルシオ・リシャルデスがこの試合は出場停止となります。前回の浦和戦では、2列目から上がってくる選手を掴まえる事が出来ず、正直、DFラインはズタズタに切り裂かれましたが、あの時と今のチームは全く違います。同じ戦い方をしているサンフレッチェ広島に対して、ジョルジーニョ監督の対策ははまり、互角以上の戦いが出来ていました。同じ戦い方をすれば、浦和戦も良い結果を手に出来る可能性は高いです。

 連戦が終わり、この1週間はじっくりと連携を深める事が出来ます。磐田戦でMOMに輝いたレナト・カジャは、昨日のミニゲームでも、2得点を挙げる等、好調をキープしているようです。浦和レッズ戦に勝利して、チームの勢いを加速させ、大型連勝を掴みましょう!


  最後まで読んでいただいてありがとうございます。個人的な予想ですが、優勝争いに残るのは、近年優勝経験がある地力のあるクラブなのではないかと睨んでいます。そういう意味では、3位の柏レイソルと7位の名古屋グランパスは、これから調子を更に上げて、順位も上げていくと思いますので、2つのチームに離されないように喰らい付いていけば、自然と順位は上がって行くと思います。ベガルタ仙台、名古屋グランパス、柏レイソルとのラスト3連戦を迎える前に、優勝争いに食い込む事が出来ていれば、大逆転優勝を賭けた、熱い、熱いラスト3連戦になると思います!これからの鹿島アントラーズの快進撃を信じています!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/501-0706a7d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。