上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■ジーコがスルガ銀行チャンピオンシップを制覇した鹿島アントラーズに祝福のメッセージ!
 ジーコのオフィシャルサイトに、スルガ銀行チャンピオンシップを制覇した鹿島アントラーズに向けての祝福のメッセージが掲載されています。抜粋すると、

「鹿島がまたタイトルをとってくれて嬉しく思う。特に今回のタイトルはジョルジーニョが鹿島の監督としての初タイトルであり猶更嬉しく思う。チーム、スタッフ、サポーターのみなさんに祝福を贈りたい。」

 鹿島アントラーズのここまでの発展に尽力してくれたジーコが、今でも鹿島アントラーズについて、気に掛けてくれていて、成功を喜んでくれております。また、ジーコ自身が鹿島アントラーズへの入団を説得した、ジョルジーニョ(当時は選手)の監督としての成功についても、喜んでくれております。短いメッセージですが、鹿島アントラーズ関係者の胸に響く、大変嬉しくなるメッセージですので、紹介させていただきました。ジーコと鹿島アントラーズの関係が途切れる事はありません。ジーコに更なる活躍の報を届けるべく、より一層のクラブの発展を信じています!

 さて、そのジーコですがイラク代表監督として、苦しい状況に立たされている事は皆様承知の事だと思います。イラクのピッチだけに留まらない諸問題について、『ジーコの主張』が公式サイトに掲載されておりますので、ご紹介します。

 ジーコは、自信が率いるイラク代表のチームが、国が大変な状況の中、単なるサッカーの試合という枠を越えて、ある種特別な感情をイラク国民の皆さんに届けることが出来ていたという確信を抱いています。イラクに対するFIFAのイメージや扱いが少しでも好転する様に、旧友である現UEFA会長のプラティニ氏に助力をお願いする等、ジーコ自ら出来る事を何でも試みて、イラクのために、代表監督として求められている以上の事を行ってきました。

 しかし、戦火の影響が残るイラクでは、本来ならば選手達をサポートすべき立場にあるイラク・サッカー協会が運営機能を果たせていないようです。9月11日の日本戦においても、リストアップされている7名もの代表選手が所属出来るクラブがなく、練習さえままならない状況との事です。また代表スタッフであり、実兄のエドゥに対して給料が10ヶ月未払いで、ジーコ自身に対しても5ヶ月無給状態との事です。

 この様な酷い状況が改善されない限り、イラク代表監督に戻る事はほぼ不可能との事です。そのため、残念ながら9/11のイラク対日本戦に向けて、ジーコが日本に凱旋する可能性は非常に低い状況です。常に鹿島アントラーズの事を、そして日本サッカーの事を気に掛けてくれている、日本サッカーの偉大な功労者であるジーコの挑戦がここで止まってしまうのは本当に残念です。状況が改善される可能性は低いですが、僅かな可能性を信じて、成り行きを見守ろうと思います。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。記事に書かせていただいた通り、現在、イラク代表監督としてのジーコを取り巻く状況は決して良いとは言えません。苦境に立たされているジーコに少しでも喜んでもらえるように、選手、クラブ、サポーターが一丸となって、鹿島アントラーズの活躍の報をコンスタントに届けられるよう、眼前の試合を一つ一つ勝利していきましょう!まずは、ナビスコカップ連覇に向けて、セレッソ大阪戦に勝利しましょう!


 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村

関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/492-8f1e2d27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。