上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 日本代表FWでG大阪の宇佐美貴史(19)がブンデスリーガの強豪、Bミュンヘンへの移籍が有力になったことが2日分かった。

 宇佐美はドリブル突破が武器で、高い攻撃力を誇る。2009年にG大阪ユースからトップチームに登録され、17歳でJ1に初出場。昨季は7得点でベストヤングプレーヤー賞を獲得した。キリン杯でフル代表に初めて入った。関係者は「まだ最終決定ではない。海外の移籍を希望する場合、(G大阪は)止めることができない条件が付いている」と話した。

 Bミュンヘンは国内リーグで22度優勝し、欧州チャンピオンズリーグも4度制した。宇佐美には今年初めに練習参加のオファーを出していた。


(nikkansportsより)


 日本サッカーの未来を担う存在であるガンバ大阪の宇佐美選手のバイエルン・ミュンヘンへの移籍が濃厚とのことです。これは日本サッカーのレベル向上にとって、大変喜ばしいことである反面、ガンバ大阪にとっては非常に痛いシーズン途中での貴重な戦力の離脱になります。気になるのは、「止めることができない条件が付いている」との文言になりますが、欧州サッカーでの日本人選手への注目度が日に日に高まっていく中、移籍が避けられない事態とはいえ、果たしてガンバ大阪は宇佐美選手の価値に値する移籍金を得ることが出来るのでしょうか?ジュニアユース時代から育ててきた逸材に対しては、相当額の移籍金が支払われることを祈っております。


 今回、(以前から噂されていたとはいえ)、このような記事を目にして、私が応援する鹿島アントラーズも有望な若手を抱えている為、チームの将来についての不安が最燃致しました。兼ねてから海外移籍の噂がある伊野波に加えて、昨日初ゴールを決めた大迫や興梠等、海外クラブから興味を抱かれているというニュースが、開幕前、マスコミを賑わせておりました。以前にも記事に致しましたが、有力な若手選手を獲得するためには、移籍手形をつけないと、なかなか契約を取れない状況にあるのは事実ですが、適切な違約金を付けることは必須です。鹿島アントラーズでずっと活躍して欲しいという思いがある反面、適切な違約(移籍)金が払われるのであれば、選手の夢を応援してあげたい思いもあります。皆が納得する移籍になるには、そこが重要になってくるとは思うので、日本サッカーが若手の青田刈り場として見なされないためにも、これからの課題として各クラブに適切な処置を行って欲しいと切に願っています。


 余談ですが、興梠選手は「あまり海外志向が無く、ずっとアントラーズでやりたい」とサッカーキングのインタビューに答えていました。アントラーズサポーターの皆さん、安心してください!笑


 最後まで読んで下さってありがとうございます。今回は急な番外編となってしまいましたが、次回は前半戦の振り返りを記事に致します。※第一回は鹿島アントラーズを予定

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/49-7d3353ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。