上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■増田誓志の復調がチームには必要!
 先程、本日のセレッソ大阪戦のスタメン予想記事を更新しました。ご覧いただければ、分かるとおり、増田誓志のメンバー外が確実となっています。コンディションを上げてきたと思っていただけに、この状況には、正直、驚きを隠せません。

 増田誓志は、2007シーズン~2009シーズンに3連覇を果たしたチームにおいて、十分な出場機会を得る事が出来ず、出場機会を求めて2010年シーズン、モンテディオ山形に田代有三と共に期限付移籍しました。そこでスタメンに定着し、自身の能力の高さを証明します。
 鹿島に復帰した2011シーズンには、中盤のポジション争いを制し、レギュラーに定着。リーグ戦では5得点を挙げて、日本代表候補にも選出される等、飛躍のシーズンとなりました。

 今シーズンが始まる前のオフには、ジョルジーニョ監督が採用する4-4-2ダイヤモンド型中盤の菱形の頂点の位置でプレー。新システムを具現化するに欠かせない選手と考えられていました。
 また、シーズン前には、キリンチャレンジカップ・アイスランド戦にガンバ大阪の遠藤とダブルボランチを組んでスタメン出場を果たす等、チームでも代表でも、今シーズンは更なる飛躍が期待されていただけに、ここまでアントラーズで出場機会を得られない増田のシーズンは不本意なものとなっております。

 増田といえば、雑誌エルゴラッソの企画でJリーガーNo1のイケメンに選ばれ、その丹精な顔立ちとテクニックの高さから、華麗なプレーを要求されることが多いですが、実際はチーム屈指のフィジカル能力を誇り、日本代表ザッケローニ監督も、そのフィジカル能力について、アイスランド戦の後に称賛の言葉を送っています。

 増田の苦戦の原因は、ジョルジーニョ監督の戦術に馴染めていないところにあると考えられております。その圧倒的なフィジカル能力から、時に動きすぎてしまって、前線のスペースを消してしまったり、監督が求める位置でボールを受けられなかったりといった課題が挙げられています。
 (私も含めて、)どうしても増田は、そのテクニックの高さから、華麗なプレーを求められる事が多いですが、本来は最前線まで飛び出す事を厭わない献身的なプレーが持ち味で、上手く使われる事で、その能力を活かす事が出来ると思います。

 そういった意味では、野沢・フェリペが抜けて、ドリブラータイプのドゥトラと遠藤が攻撃的MFのレギュラーを務めている事に、今季の不振の原因があるのではないかと思っていましたので、新戦力として入ってきたパサーのレナト・カジャが加入すれば、増田のレギュラー復帰もあるのではないかと思っていました。事実、紅白戦の中でも、二人のコンビネーションは良かったので、これから増田のシーズンが幕を開けるかと思っていただけに、今回のメンバー外にはびっくりしています。

 本日のメンバー外は、来る土曜日のリーグ戦、サンフレッチェ広島との試合に備えて調整している可能性も考えられますが、いずれにせよ、現時点で増田がレギュラーでない事は確かです。鹿島アントラーズの上位進出、そして、優勝争いに名乗りを上げるためには、増田の復調は欠かせません。このまま終わる選手でないことを信じ、巻き返しに期待しています!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。この夏場の6連戦をどう乗り切るかは、鹿島の今シーズンを占うといっても過言では無いだけに、増田の力が絶対に必要だと私は考えています。レギュラーを奪い返すくらい調子を上げて、再び日本代表にまで上り詰めて欲しいです。世代交代を進めるチームにおいて、増田や興梠ら中間世代の活躍は非常に重要となります。本当に期待しています!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/479-80f7cb34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。