上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■進路を3クラブへと絞り込んだ植田君
 当ブログでも、何度か取り上げてきた大津高校3年の植田直通君ですが、J1の5クラブのオファーのうち、浦和とFC東京に断りを入れ、鹿島、横浜、川崎Fの3クラブに進路を絞り込んだとの事です。

 植田直通君は、抜群の身体能力を誇るCB(⇒桁外れの運動能力!鹿島が獲得意向を示した植田君はこんな人)です。185cmの長身にも関わらず、50mのタイムが6秒1と足も速いため、スピードも魅力です。また、憧れの選手はプジョルであり、がっつりと相手を"潰す"事ができる植田君は、対人での圧倒的な強さも誇っております。鹿島の現在のCB陣を見回すと、残念ながらスピード不足は否めないので、鹿島に入団してくれれば、早くから戦力となってくれる事が見込まれます。また、対人に強い植田君と、カバーリングに長けた山村との組み合わせは、バランスが非常に良いので、二人が海外に移籍するまでの、向こう数年はCBは安泰のポジションとなるでしょう。その桁外れの運動能力から、今後の日本サッカーを背負っていく可能性すら感じさせる超逸材ですので、是非、鹿島アントラーズを選んで欲しいと思います!

 しかし、高校1年の時から徹底マークをしてきた鹿島と横浜が残るのは分かりますが、最近になって獲得レースに名乗りを挙げた川崎Fがこの局面まで残っているのは不気味です。鹿島と横浜に比べると、CBの選手層は薄いためすぐにレギュラーになれる可能性を考慮に入れているのか、もしくは優れたサッカー理論を持つ風間監督に惹かれているのか、、。植田君の意図は分かりませんが、いずれにせよ、獲得に向けて強力なライバルとなりそうなので、入団が決まるまで気を抜く事は出来ません。

 鹿島アントラーズとしては、大迫、柴崎、山村と他クラブが羨む金の卵を次々と獲得してきた実績もありますし、若手が育つ土壌を持っているクラブという自負もあります。以前、植田君は夏までには進路を決めたいとインタビューで発言していたので、決断の時は近いと思います。植田君が加入すれば、山村、植田君のCBに、中盤の柴崎、前線の大迫と、将来性が非常に高い魅惑のセンターラインを形成する事が出来ます。植田君が鹿島アントラーズを選択してくれる事を期待しましょう!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。植田君の話題が盛り上がりを見せておりますが、鹿島アントラーズが既に獲得の意向を示している中央大学の六平光成君に関する話題があまり入ってきません。清水、FC東京、大宮も狙う逸材であるため、こちらも動向が気になる所です。植田君と合わせて、情報が入り次第、記事を更新していきますので、よろしくお願い致します!


 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/472-74dd5b7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。