上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■大迫、ニューヒーロー賞候補入り!
 Jリーグは11日、ヤマザキナビスコカップの「ニューヒーロー賞」の投票途中結果(予選リーグ第7節終了時)を発表しました。予選リーグを見事に通過した鹿島アントラーズからは、得点ランキングトップタイに君臨する、大迫勇也がランクイン入りを果たしております。途中結果で発表された10名の選手は以下の通りです。
※得票順は発表されておりませんので、上位10名の選手です

榊 翔太(札幌)
武藤 雄樹(仙台)
大迫 勇也(鹿島)
小島 秀仁(浦和)
矢島 慎也(浦和)
齋藤 学(横浜FM)
石毛 秀樹(清水)
山田 大記(磐田)
柿谷 曜一朗(C大阪)

清水 航平(広島)


 予選突破選手については、赤字で記載しております。ノミネートされている選手が、全てFWとMFの選手である事から分かるように、短期決戦で個人賞を獲得するには、『得点』という結果は大きなアピールになります!事実、昨年のナビスコカップは、大迫がMVP、原口がニューヒーロー賞と、得点を多く挙げた選手が、栄誉に輝いております。
 その観点からみると、4得点を挙げている大迫、柿谷、3得点を挙げている榊、山田はかなりの有力候補になりますが、札幌、磐田の2チームは既に敗退しているので、ニューヒーロー賞に、榊と山田が選ばれる可能性は低いといえるでしょう。予選リーグを終えた段階では、4得点を挙げている大迫と柿谷が最有力候補となっております。

 7月25日(水)の準々決勝からは、柏レイソル、FC東京、名古屋グランパス、ガンバ大阪の4チームが登場いたします。「ニューヒーロー賞」の報道関係者による投票は、準決勝まで実施されるので、途中から登場するチームには、アピールの場が4試合しかなく、かなり厳しい状況になります。昨年は、震災で変則レギュレーションであった事もあり、鹿島アントラーズは、決勝トーナメントから参加し、準決勝も含めて2試合しかアピールのチャンスはなく、決勝進出に大きな貢献をした大迫や柴崎がニューヒーロー賞では涙を飲んだのは、記憶に新しいところです。

 有利な位置にいる大迫と柿谷は、準々決勝で相まみえる事になりますので、是非、大迫には自身のゴールで、セレッソ大阪を下して、ニューヒーロー賞を大きく手繰り寄せて欲しいです!過去にMVPとニューヒーロー賞を別の年に獲得した選手は存在しておりませんので、今回、ニューヒーロー賞を獲得して、カップ戦にも強い選手である事を、対外的に大きくアピールして欲しいです!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。気配りプリンスの山村和也ですが、昨日のニュージーランド戦では、良いアピールが出来ていたと思います。特に、空中戦の強さには、目を見張るものがありました。着実にCBとして成長していっていると思いますので、ロンドン五輪で更なる成長を遂げて欲しいです!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/466-b7177d61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。