上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




6月27日(水)ナビスコカップ最終節
鹿島アントラーズ2-1清水エスパルス(19:04/カシマサッカースタジアム/6,207人)

【アシスト → 得点】
14分 柴原 → 伊藤①
75分 増田 → 大迫③
90分 大迫④(PK)

【先発メンバー(鹿島アントラーズ)】
ナビ清水

【交代出場(鹿島アントラーズ)】
58分 岡本 → 佐々木
58分 本田 → 梅鉢
73分 土居 → 昌子

【警告(鹿島アントラーズ)】
69分 土居yellow_card01.gif
79分 新井場yellow_card01.gif

■各選手のアピールや如何に!?
 試合の勝敗自体に大きな意味を持たないこの試合。お互い、メンバーを大幅に変更して、この試合に臨みました。私のスタメン予想は、9名的中。ベストメンバー規定の6人が、新井場、青木、増田、本田、ジュニーニョ、大迫と予想しましたが、疲労度が高く、控えの層も厚いとはいえない右SBで西の先発。これを読みきれませんでした。ベンチメンバーは、フレッシュなメンバーで構成され、鈴木や中川といったルーキーも名を連ねました。

 J2や大学生相手の練習試合でしか、アピールの場が無かった選手達にとって、この試合は貴重なアピールの場になったと思います。

 レギュラー組の中でスタメンフル出場した、大迫は2得点と結果を残しました。前半から何度かチャンスが訪れ、それを決め切る事が出来ませんでしたが、後半にしっかりと結果を残す辺りに成長が伺えます。ゴールはPKと相手GKのミスからのゴールなので物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ゴールを挙げる事以外の貢献度が抜群である大迫には、ゴールという結果が何よりの自信になると思います!

 本山雅志は別格の存在感を放ちました。さすがに、久しぶりのフル出場で、後半は足が止まってしまいましたが、前半のファンタジー溢れるプレーには、多くのサポーターが酔いしれた事だと思います。岡本への浮き球のスルーパスは、ダイレクトでのパスにも関わらず、パスのコース、強さともに絶妙で、『どうぞ、決めてください』というワールドクラスのパスでした。試合後のインタビューで西が興奮気味に語っていた、ヒールでのパスも素晴らしかったです。相手が手で防いでいなければ、決定的なチャンスにつながっていたと思います。本山が素晴らしい選手である事は、無論ジョルジーニョ監督も承知しておりますが、この日のプレーぶりを見ると、本山のスタメン起用について、検討に入るのではないでしょうか。

 同じポジションの土居も、溌剌とプレーしていて、良いアピールが出来たのではないでしょうか。運動量も豊富でしたし、セットプレーも正確でした。ボールを繋ぐ技術は高く、将来性を非常に感じる選手ですが、パスを出した後の動きには、まだまだ改善の余地があります。柴崎もそうですが、パスを出した後に、良い位置で受けられる様にポジションが取れる様になれば、更なる飛躍が見込めるます。前半に放った、大迫の落としを受けてのダイレクトシュートも、良いシュートでした。

 青木は、CBでもボランチでも、安定感のあるプレーを見せました。こういうポリバレントで計算の立つ選手が控えていると、チームとしては、大きいですね。

 交代で入った梅鉢も良かったと思います。梅鉢は運動量が非常に豊富で、出足の鋭いボール奪取が蘇り、前半戦の良かった時の梅鉢に戻った印象があります。この試合で良かったのは、運動量の落ちた相手を尻目に、ボール奪取後に、そのまま攻め上がりを見せる場面が見られた事です。夏場に運動量の落ちる傾向のある鹿島にとって、梅鉢の様な走れる選手の存在は、非常に貴重だと思いますし、必ず梅鉢を必要とする時が来ると思います。

 調子が非常に気になる実力者の増田ですが、ゴール前まで顔を出して惜しいシュートを放ったり、精力的なプレーを見せるものの、まだプレーには迷いが見えます。フィジカル能力は鹿島でも随一の選手なので、思い切った飛び出しをみせて前線に顔を出したり、守備と攻撃のつなぎ役となるプレーを見せて欲しいのですが。豊富な運動量をSBのカバーばかりに使うのは、宝の持ち腐れです。時には、攻めあがったSBのサポートに入って、厚みのある攻撃を形成して欲しいと思います。

 佐々木も非常に良かったですが…佐々木については、後述します。

■怪我明けの実力者達は…
 この試合、怪我からの復帰を果たし、大きな注目を集めた本田拓也は、復帰への第一歩を確かに刻みました。今すぐにスタメンとして出られる状態で無い事は確かですが、フィジカルの強さが垣間見えましたし、味方との連携やパスの精度には問題を残すものの、第一ボランチとして、相手をがっつりと潰しながら、中盤の底で攻撃を組み立てるイメージは持てました。本人としても手応えを感じている様ですし、早くコンディションを上げて、リーグ戦でもスタメン争いに食い込んできて欲しいです。

 こちらも久々の復帰戦となった中田浩二ですが、まだ試運転といった感じは否めず、今すぐに守備陣の救世主となる事は難しそうです。とはいえ、中田程の経験を持った選手であれば、コンディションの上げ方は心得ているでしょうし、この日の様な消化試合ではなく、緊迫感のある試合に出場すれば、そのレベルの順応出来ると信じています。練習試合や紅白戦に復帰してから、だいぶ経つので、そろそろコンディションを上げて、山村・岩政からスタメンを奪い取り、ディフェンスリーダーとして、チームを支えて欲しいです。

■佐々木竜太、栃木SCへレンタル
 本日のsponichiの記事によると、佐々木の栃木への期限付移籍が決まっているようです。スタメン出場した岡本よりも、良いアピールが出来たと思いますので、もしかしたらFWの4番手へと序列を上げたかなと思った矢先の出来事で、そんな話題は聞こえてきていなかっただけに、朝、このニュースを目にした時はびっくりしました。アレックスに続き、佐々木も期限付移籍となりますが、この夏は選手の出入りが激しいシーズンとなるかもしれません。大迫が五輪でチームを離脱すれば、控えFWが岡本とルーキーの中川となりますが、噂される新外国人選手は、MFの選手との事ですし、他にも補強があるのかもしれません。

 佐々木は、昨季に次いで、今年も他チームでプレーする事になりましたが、今度こそ、その圧倒的なフィジカルを活かして、ゴールを量産して、鹿島に戻ってきて欲しいと思います。新天地でも頑張ってください!!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。準々決勝の相手は、セレッソ大阪に決まりました。相性が良いとは言えない相手ですが、ナビスコカップの対戦時には、清武が移籍し、山口と扇原、そしてキム・ボギョンが五輪で離脱する可能性があり、悪い組み合わせではないと思います。これからは、ホーム&アウエー形式でのトーナメント戦となりますが、一戦一戦を大事に戦って、連覇を目指しましょう!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村
関連記事




コメント(3) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/449-f574130f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。