上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■安定しない審判の笛に終始惑わされる…
 この試合も今シーズンを象徴するかのごとく、笛に悩まされた試合となりました。立ち上がり、間もなくして基準の存在しない判定に危惧していましたが、その懸念が当たって、ロスタイムにエリア内でのハンドを取られてPKを献上。個人的には、岩政がジョルジ・ワグネルにぶつかられた時点でPKだったと思うのですが…
 曽ヶ端がこれを何とかセーブしましたが、こぼれ球を決められて同点に追いつかれてしまいました。小笠原のスーパーゴールが決まり、チームも何とか耐えていただけに、悔しいドローとなりました。この試合の判定には、納得のいかないものが多かったので、試合を振り返り、疑問の残る判定シーンを文章にまとめてgekisakaの「ジャッジQ&A」に送付しようと思います。本来は、判定の検証に時間を割きたくは無いのですが…

 この試合は大迫がゴールを決めて、試合をクロージングする事が出来なかった事に悔いが残ります。

 収穫は、青木の左SBに目処が経った事ですね!首尾よく、新外国人を獲得出来ても、左SBは大丈夫でしょう!本当にやり切れない引き分けですが、まだまだ諦めるには早いです!残り19試合、全勝目指して勝ち続けましょう!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。次こそは相手にも、そして、審判にも打ち勝って、勝ち点3を掴みましょう!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(7) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/443-0ae9f8e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。