上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■各個人別採点&短評
 ホームで悔しい敗戦を喫した名古屋グランパス戦について、各個人別に振り返りたいと思います。
※平均6.0点

曽ヶ端・・・5.5点
 ⇒1失点目は、逆サイドのシュートにヤマを張っていたと見られ、反応できず。仮にニアを絞っていたとしても、難しいシュートだったと思います。2失点目、3失点目は、キーパーにとって、ノーチャンスのシュートでした。

新井場・・・5.5点
 ⇒イエローカードの場面は、ボールにいった正当なスライディングだっただけに、次節出場停止なのは、本人が一番悔しいでしょう。今シーズンは判定に泣かされています。攻守にバランスの取れたプレーを見せていましたが、2失点目は新井場のポジショニングが悪く、金崎へのパスを通されてしまい、失点を招いてしまいました。

山村・・・5.5点
 ⇒前半は、岩政との関係が良く、相手にチャンスをあまり作らせませんでしたが、後半はポジショニングが曖昧になってしまいました。随所に見せる縦パスや、相手にプレスを掛けられた際のボールの持ち方には、素晴らしいセンスを感じさせるものの、帰国後、見せていた闘志溢れるプレーは、この日は影を潜めていた印象です。

岩政・・・5.0点
 ⇒前半は山村同様、良かったです。最近の試合で見られていた苦し紛れにロングボールを蹴る場面もなく、後方からのつなぎが出来ていました。
 後半はケネディ目掛けたハイボールの対応に苦戦。試合のキーポイントになっただけに、ハイボールに強いケネディが相手とはいえ、抑えきって欲しかったです。1失点目で永井のスピードにカバーが追いつかなかった場面は、ついていけなかった小笠原の責任が大きいですが、3失点目の永井への対応は良く無かったです。ケネディと競った後とはいえ、すぐに詰めて、シュートコースを消して欲しかったです。
 山村との連携についても、後半は良く無かったので、改善の余地が十分にあります。

西・・・5.0点
 ⇒前半は良かったと思いますが、パスミスからカウンターをくらってしまい、あわやというシーンを作られてしまいました。
 後半に入ると、永井が左サイドにポジションを変えて、永井と対峙する形になりますが、永井のスピードに翻弄されました。特に2失点目の対応には不満が残ります。中にドリブルした永井に対して、あそこはマークに付いて行くべきでした。少しでもプレッシャーを掛けていれば、あの狭いコースにパスを通される可能性は低かったと思います。

柴崎・・・6.0点
 ⇒細かなパスミスやトラップミスが少々ありましたが、この試合でも攻守に奮闘。素晴らしいプレーを見せてくれました。なかでも、アシストは素晴らしく、相手を引き付けて、軽いフェイクを入れてから、相手DFの虚をついたスルーパスを出したプレーは、憧れの先輩、本山を髣髴とさせるプレーでした。危険察知能力も素晴らしく、何度も中盤でボールをカットしてくれて、チームを助けてくれました。
 柴崎の攻撃センスを最大限に発揮するためにも、青木や本田、梅鉢ら守備力のある選手とダブルボランチを組んで、もう少し、攻撃に専念させて欲しいです。小笠原とのコンビも悪くないですが、現在の柴崎はバランスを取る事に腐心してしまっており、その攻撃センスを存分に発揮できているとは言いがたい状況です。見る人によっては、物足りない印象を与えてしまっているのは、その部分だと思います。私としては、20歳になったばかりの若者が、そういった気の利いたプレーが出来る事に驚愕しているのですが。順調に成長してきているので、一度、そのタスクを解放して、思う存分に攻撃を組み立てて欲しいと思います。

小笠原・・・5.0点
 ⇒この試合も鬼気迫るプレーを見せて、中盤を引き締めました。暑くなったこともあり、後半になると、目に見えて運動量が落ちていました。夏場の連戦に不安が残るので、ターンオーバーも含めた起用法を検討する必要があるかもしれません。前半のプレー精度はとても高く、チームに欠かせない存在である事は間違いありませんが。

遠藤・・・5.5点
 ⇒ラストプレーの選択肢が良く無かったと思います。柴崎のグラウンダーのクロスを受けて、右足に持ち替えた場面では、思い切ってダイレクトで打って欲しかったですし、後半にドリブルで持ち上がった場面は、フリーの選手にパスを出して欲しかったです。とはいえ、その左足の精度はとても高く、2点目の起点となった大迫へのロングパスや、この試合中に見せたミドルシュートは素晴らしかったです。ゴールから遠くても、フリーになれば、高精度のパスやシュートが打てるので、後方で使うプレーもオプションとしては、魅力的です。
 興梠のシュートにつながった右からのFKや、あわやハンドでPKとなりそうな場面を作ったCKなど、セットプレーの精度が上がってきており、もうそろそろセットプレーからゴールが生まれるでしょう!

ドゥトラ・・・5.5点
 ⇒ドリブルでの1対1の仕掛けでは、相手DFを次々と抜き、チャンスを作り出しますが、遠藤同様、最後の場面でのシュートかパスかの選択が悪く、チャンスをフイにしてしまいます。スペースは十分にあったので、試合を決めるゴールやアシストを決めて欲しかったです。特に、前半にゴール中央でDFを次々に抜いた場面では、右にフリーの遠藤が走りこんでいたので、パスを選択した方が、ゴールの可能性は高かったと思います。

ジュニーニョ・・・5.5点
 ⇒前半は、裏のスペースでボールをもらうプレーで起点となり、得意の、体を半身ずらして上げるクロスを供給して、何度かチャンスを作り出しましたが、1対1で相手を抜き去るキレは見られませんでした。ゴールに迫るシーンもありましたが、迫力不足な印象もあり、興梠とのコンビネーションについても、もっと深める必要もあると思います。

興梠・・・6.0点
 ⇒見事な先制点を決めて、とうとう得点ランキングは2位まで浮上!この勢いで得点王を狙って欲しいです。とはいえ、興梠には、今の出来で満足して欲しくありません。この試合では、試合終盤に本山の見事なパスを決めきる事が出来ませんでした。得点王を狙うなら、あの場面はゴールを決めて欲しかったです!圧倒的な身体能力を誇る興梠には、もう一皮向けてもらい、チームを勝利に導くゴールをたくさん挙げて欲しいです。

大迫・・・6.0点
 ⇒大迫が入ると、前線でボールが格段に収まるようになり、ドゥトラや遠藤も、大迫を信じて、前線に攻め上がる事ができます。そのため、厚みのある攻撃を形成する事ができます。大迫がチームに欠かせない存在である事を再認識すると共に、興梠とのコンビネーションを考えても、スタメンに返り咲くべきだと個人的には思います。終盤の抗議も、勝利への執念が見え、個人的には評価しています。ペナルティーエリア内のドリブルでの仕掛けは惜しかったですね。

本山・・・7.0点
 ⇒鹿島が誇るクリスタルは、この試合でも輝きを放ちました。闘莉王をかわして、楢崎を打ち破ったゴールは見事でした。その他にも、沢山のチャンスを作り出し、流れを見事に手繰りよせました。3点目を取られた直後も、失意のチームメートを鼓舞していた姿が印象的です。スタメン復帰の準備は整ったと思います。次節の柏レイソル戦でも、大暴れして欲しいです。

青木・・・採点なし
 ⇒中盤のバランスを改善させました。青木のファウルの判定は…


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。この試合で悔やまれる事は、ジョルジーニョ監督の選手交代が、わずかに遅れた事です。特に2失点目の直前には、目に見えて小笠原の運動量が落ちていたため、青木の投入を決断していましたが、あと少し、守備陣が持ちこたえていれば、バイタルエリアを青木が埋めて、また違った展開になっていたと思うので、悔やまれます。とはいえ、ジョルジーニョ監督も選手の特徴をかなり掴んできていると思いますし、シーズン当初よりも、選手交代によって、チームに良い効果をもたらす事が増えてきました。今後は、指揮官の采配で勝利を掴める試合も増えるでしょう!ジョルジーニョ監督を信じて、残り20試合、戦い抜きましょう!

 http://antlers-shop.jp/antlers/7.1/FRK-201/

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/438-e4d28e71
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。