上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■本日14日、予備登録メンバー35名を発表!
 あっという間に、この日が訪れてしまいました。日本サッカー協会は、ロンドン五輪に出場する五輪代表の予備登録メンバー35人を本日発表します。本大会に出場するためには、この予備登録メンバーに入っている必要があり、出場を目指す選手達にとっては、第一関門といえるでしょう。

 過去には、オーバーエージ(OA)枠を上手く活用できなかった事情もあり、今回はOA枠の選手達の、複数名の予備登録メンバー入りが予想されており、細貝萌(アウクスブルク※来季からレバークーゼン)、中村憲剛(川崎フロンターレ)、吉田麻也(VVVフェンロ)、長友佑都(インテル・ミラノ)、槙野智章(浦和レッズ)らの名前が挙がっております。細貝、吉田、長友は北京五輪を経験しておりますし、槙野も北京五輪からは外れたものの、U-23日本代表に近い世代です。そして、中村は関塚監督の川崎フロンターレ時代の教え子です。名前が挙がっている選手達は、関塚監督の要望通りの選手達である事が予想されますが、OA枠の選手達には、日本サッカー協会側に招集の拘束力はありませんので、各クラブに招集を断られる可能性は十分に考えられます。リスクがある選手達をどこまで、予備登録リストに加えるのか、注目が集まります。

 一方で、ロンドン五輪U-23日本代表の選手達ですが、日本サッカー協会の原博実技術委員長が、以前国際サッカー連盟(FIFA)に確認しているとおり、拘束力は代表側にあります。そのため、招集されたら、各クラブはロンドン五輪への参加を認めなくてはなりません。それならば、香川や宮市を加えてベストメンバーで、といきたいところなのですが、既に日本サッカー協会は、A代表優先という姿勢を打ち出しておりますし、香川にとっては、シーズン前の大事な時期ですので、マンチェスター・ユナイテッド側も参加を快くは思わないことが予想されるため、招集は見送るのではないかと思います。個人的には、イギリスでの五輪ですので、香川がプレーして、活躍したら選手としての価値も更に上がりクラブ側としてのメリットも大きいと思うのですが…今後の調整が上手くいくことを希望して、予備登録には残すのでしょうか。注目です。
 宮市に関しては、既に予備登録に必要なメディカルチェックは済ませているようですし、香川よりも、クラブ内での位置づけは低いため、出場の可能性は十分に考えられます。

 そして、鹿島アントラーズファンにとって、最大の関心事は柴崎の当落でしょう。アジア最終予選を主力として戦ってきた大迫、山村の二人は35人の予備登録メンバー入りは確実視されております。一方で、柴崎が予備登録メンバー入りする可能性は、かなり低いと思いますが、間違いなく代表チームに貢献できる選手だと信じておりますので、逆転でのメンバー入りを期待して、発表を待ちたいと思います。

 今後の動きとしては、7月9日までに本登録18名(GK2名を含む)と予備4名を選ぶ必要があります。出来る事なら最強のメンバーを編成して、若きイレブンのロンドンでの躍進を見届けたいです!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。ただいま、当ブログ右上のアンケート欄において、アンケートを実施しております。たくさんの方にご協力いただきありがとうございます。アンケートは土曜正午までとさせていただき、結果を集計して皆様にお伝えしようと思っております。ご協力、よろしくお願い致します。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/430-e37e18e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。