上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■カルロンとの契約を1シーズン以上残しながら、契約解除へ
 海外メディアの記事によると、鹿島アントラーズとカルロンは、双方の話し合いにより、契約を解除する模様です。カルロンとブラガとのレンタル契約は、2012年6月末までですので、ブラガとのレンタル期間が満了(*)したカルロンの動向について、水面下の動きが気になっていた所での今回の報道となりました。獲得に費やしたお金は2億円とも報じられ、3年の契約期間もまだまだ残していたことから、クラブ側は、少しでも高く売れるクラブを探していくと思っていただけに、今回の報道には驚きを隠せません。

(*)年明けにヨーロッパリーグ開幕戦で、アシストを決めたときは、本来の実力を発揮して、これから自身の価値を証明していくのではないかと期待が掛かりましたが、リーグ戦では結局1ゴールに終わり、ブラガとの契約は更新しないことになっていました。

 スーペルリーガ(ポルトガル)での確かな実績から、入団前からカルロンへの期待は相当に高かったです。昨シーズン開幕前の、水戸とのプレシーズンマッチでは素晴らしいゴールを挙げており、シーズンに向けての期待は更に高まりましたが、シーズンが開幕してもチームに今一つフィット出来ずに本人も焦りを感じていたところに、震災により精神的なショックが重なってしまいました。カルロンより日本で長くプレーするフェリペですら、プレーに影響が出る程の落ち込み様であったと伺っているので、カルロンが受けた精神的ショックも、震災に慣れている我々日本人の想像をはるかに越えて大きかったのではないでしょうか。裏に抜けるプレーがカルロンの持ち味だったと私は今でも思っておりますが、得意ではないポストプレーをこなす役割を求められた事も、力を発揮できなかった要因の一つではあったと思います。

 鹿島アントラーズの歴史において、外国人獲得の失敗例の一つに今後挙げられてしまうのは致し方の無いところですが、震災が起こり、日本人でも大きな不安を抱く状況の中、黙々と練習に打ち込んでいた姿、時折見せる人懐っこい笑顔、川崎フロンターレ戦でのロスタイムのゴール。鹿島アントラーズサポーターの胸に、懸命に頑張る姿は刻まれています。ポルトガルでは、実績を残しているカルロンに対して、興味を抱いているクラブもあるようなので、交渉がまとまって、フリートランスファーとなれば、来季もポルトガルでプレーするのではないでしょうか。

 当初の想定よりも短い期間での別れになってしまいましたが、鹿島のために懸命にプレーしていたカルロンは、ファミリーの一人である事には変わりません。今後、欧州や南米から、活躍の報が届くことを期待しています。カルロンの未来に幸あらんことを!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。日本で活躍実績の無い外国人選手の獲得は、相応のリスクを伴うということを、改めて再認識しました。現在、チームはブラジル人のMFを探しているとも言われておりますが、チームにフィットする選手を獲得出来る事を、強く祈っております!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/426-36c91f03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。