上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■大迫の決勝ゴールにより、予選突破に大きく前進!
 鬼門ビッグスワンでの試合は、やはり簡単な試合にはなりませんでした。ミスの多い相手に対して、鹿島アントラーズが何とかゲームをコントロールしていたと思いますが、何度かゴール前に迫りながらも、中々ゴールネットを揺らす事が出来ませんでした。スコアレスドローで終わってしまう空気が少しずつ流れ込んで来た中、スタメンを外れて、闘志を漲らせていた大迫が、本山のクロスを、少し遠い位置から見事なヘディングを叩き込みました。このゴールに至る過程を振り返ると、西のスローインを、遠藤が左足アウトサイドでダイレクトで裏のスペースに出し、そのボールを本山もまたダイレクトで、大迫へクロスを上げました。全てがダイレクトで繋がれていたため、相手DFのマークにずれが生じ、ディフェンダーが中央の大迫に寄せきる事が出来ず、素晴らしいヘディングシュートが生まれました。

 この貴重な決勝ゴールにより、勝ち点3を獲得したチームは、予選リーグ突破に大きく、大きく前進しました。第5節まで終了して、予選突破の可能性は勝ち点12の清水エスパルス、鹿島アントラーズ、勝ち点6のアルビレックス新潟に絞られました。次節の第6節は鹿島は休みとなりますが、次の第6節の新潟の結果次第では、突破が確定します。最終第7節の清水戦で引き分け以上で突破が確定しますし、清水に負けても新潟が2連勝して、得失点差で抜かれない限り突破が決まりますので、予選突破に大きく近づいたと言えるでしょう。ナビスコカップ最終節の清水戦は6/27(水)に迎えますが、J1のアウエー柏レイソル戦とアウエー新潟戦の合間に試合を迎える、ハードな日程となっていますので、可能であれば、清水戦では疲労度の高いメンバーを休ませたいです。第六節を終えてそういう展開になっていればと願っています。もちろん、ジョルジーニョ監督が試合後のインタビューで語った様に、私も日本平の地で清水に0-3と完敗した屈辱を忘れた訳ではありません。しかし、リーグ戦の屈辱はリーグ戦で返したいですし、大事なリーグ戦に全力を注げる環境が整えられればと思います。

 チームは神戸戦に続き、アウエーの地で手堅い戦いを見せて、公式戦3連勝を飾りました。ジョルジーニョ監督も、現在のチーム状態には、手応えを感じているのではないでしょうか。トゥーロン国際大会から戻って来た大迫と山村も良いプレーを見せていました。

 大迫は最近の好調ぶりが報じられていた通り、前線でボールを収め、前線でのタメからスルーパスを供給したり、試合最終盤では、サイドで素晴らしいボールキープを見せて、得点以外にも、気合いの入ったプレーで勝利に貢献しました。試合後のインタビューでは、「ベンチからの出場は嬉しくない」と語っていたので、次の試合のスタメン奪回に向けて、良いアピールが出来たのではないでしょうか!
 山村はマークが甘く、相手に寄せきれない点について、散々叩かれてしまいましたが、この試合ではきっちりと相手選手に寄せる事が出来ており、前線で攻撃の起点を作らせませんでした。練習でも、手を使ってでも相手を止めようという意識の変化が生まれておりますし、トゥーロン国際大会は、苦い経験になったと思いますが、とても良い経験が出来たと思います。
 短い期間とはいえ、これだけの経験を得る事が出来るのですから、ロンドン五輪には二人とも出場を果たして欲しいです!まだまだアピールの期間は残されています!柴崎も含めて、最後の最後までロンドン五輪出場を目指して頑張って欲しいです!

 この試合を終えて、6/16(土)の名古屋グランパス戦まで休養となります。チームは今良い流れで来ているので、今季の順位は低いとはいえ、強豪チームとの試合は、中断明けの戦いを占う意味でも大事な試合になるでしょう。良い準備をして、勝利を掴みたいですね!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。試合後のモトさんのインタビューに感動しました。『誰が出ても勝てるように頑張っていきたい。』『鹿島のサポーター以外にも、これだけたくさん、平日にも関わらず(お客さんが)入ってくれたので、いい雰囲気でサッカーが出来ました。これからもよろしくお願いします。』
 モトさんの人間性が垣間見えた、素敵なコメントでした。この試合のクロスは、オリベイラ監督にクリスタルと称されたモトさんの才能が詰まった、素晴らしいクロスでした。

 これで、青いユニフォームの呪縛を解く事も出来ました!これから、青いユニフォームでも、勝利を重ねて行きましょう!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/422-ceacf508
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。