上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■U-19日本代表、アルゼンチン代表に惜敗。鈴木隆雅、フル出場!
  U-19日本代表は、南アフリカで行われている『U-20 インターナショナルトーナメント』の準決勝でU-19アルゼンチン代表と対戦しました。世界の強豪国相手に、緊迫した良いゲームを繰り広げましたが、後半34分の失点により、惜しくも0-1で敗れました。この試合に敗れた事により、地元のU-19南アフリカ代表と3位決定戦で対戦します。

 鈴木隆雅は、この試合に左SBとしてフル出場。アルゼンチン代表相手に、日本代表のサッカーが通用する部分があったと他のチームメートは手応えを感じており、きっと鈴木隆雅も自信を得て帰国すると思います。アレックスがシーズン途中で離脱する可能性も残る中、鈴木隆雅の成長は、チームにとって欠かせません。ケニア、カメルーンといったアフリカ勢の身体能力溢れる選手達と、そして個人技に優れるアルゼンチン代表の選手との試合を重ねた経験は、今後のサッカー人生の貴重な財産となるでしょう。

 将来を嘱望される岩波拓也(神戸)、熊谷アンドリュー(横浜FM)、矢島慎也(浦和)、野津田岳人(広島)らや、既に実績十分の久保裕也(京都)ら同年代のJリーガーと生活を共にして、色々情報交換しながら、海外代表チーム相手に、勝利を目指して戦った事は、大きな刺激となったでしょう。

 練習からアピールを続ければ、今シーズン中に必ず、ジョルジーニョ監督は出番を与えてくれると思いますし、仮にアレックスが離脱した場合に、左SBの2番手となる可能性も十分に考えられます。

 3TOPの左ウイングとしても通用する、スピードに乗ったドリブルで相手DFを切り裂く事が出来ますし、CBを務める事が出来る守備力で、守備でも貢献する事が出来ます。尊敬するインテル長友の様に上下動を何度も繰り返す事が出来るスタミナを身につければ、新井場の後継者となるでしょう。ユース上がりの貴重な逸材の成長に、今後も注目していきたいと思います!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。昨日、報道ステーションでインテル長友選手と松岡修造さんのインタビューが放映されました。大学2回生時には、スタンドで太鼓を叩いていた長友選手が、わずか数年で世界の強豪チームであるインテルにまで登り詰めた大きな要因として、ポジティブ志向があります。良く内田選手や吉田選手が、長友選手のポジティブさに舌を巻く話は何度も聞いていましたが、達観の域にある、困難な状況に対する考え方には、感嘆させられました。
 鈴木選手にも、今後、何度も困難が訪れると思いますが、尊敬する長友選手同様に、前向きに課題に取り組んで、それを一つ一つ乗り越えていき、近い将来、鹿島アントラーズを代表する選手となって欲しいです!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村
 
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/414-ada46489
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。