上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■各個人別採点&短評
 因縁の相手ヴィッセル神戸に2-1と快勝しましたが、その試合について、各個人別に振り返りたいと思います。
※平均6.0点

曽ヶ端・・・6.5点
 ⇒札幌戦に続き、ビッグセーブを連発して、チームを勝利に導きました。ポジショニングが光り、DF陣に安心感をもたらすと共に、正確なゴールキックでチャンスも演出しました。ナビスコカップ横浜FM戦で、控えGKとの交代を望む声も聞かれましたが、この2試合の活躍で、その声を封じ込めました。田代のシュートをかき出す事が出来ていれば、完璧でした。

新井場・・・5.5点
 ⇒前線でボールが収まらなかったため、得意の攻め上がりはあまり披露できませんでしたが、一度、エンドライン際まで持ち込んで、ドゥトラにマイナスのクロスを上げたシーンはとても惜しかったです。ベテランらしく、守備では、しっかりと貢献していたと思います。

青木・・・6.0点
 ⇒久々のCBとしての出場でしたが、及第点の出来だったと思います。持ち味の前線へのフィードを何本か見せましたが、ターゲットマンが、身長の低い遠藤ばかりで、効果的な場面を演出出来ませんでした。スピードのある小川の対応には苦労させられた印象ですが、田代との競り合いは、お互いの意地と意地とがぶつかりあって、見応え十分でした。この日の出来であれば、中田浩二が復帰するまで、CBのポジションを掴む可能性もあるでしょう。岩政・山村よりも足が速いのは大きな魅力です。

岩政・・・5.5点
 ⇒前半に伊野波のフィードから、小川に裏を取られたシーンは危険な場面でした。ラインが低いのに、裏を取られてしまうのは、不注意としか言い様がありません。田代のゴールは、岩政が叩かれていますが、森岡のワンタッチパスと、それに合わせる田代の動きが素晴らしく、岩政だけの責任にするのは酷だと思います。クロスへの対応は、集中して守れていたと思います。
 相手のプレスに狙われていて、苦し紛れにロングボールを前線に供給する事が多いですが、そこから攻撃につながるシーンがほとんど見られないので、その点は改善して欲しいです。せめて、ドゥトラ目掛けて蹴って欲しいです。

西・・・6.0点
 ⇒良いタイミングでのオーバーラップを見せて、相手SB相馬との右サイドの攻防を有利に進めていたと思います。クロスの精度を少し欠いていたので、その点は改善が必要です。この試合もクリアミスが見られ、相手にチャンスを与えてしまったので、注意して欲しいです。

柴崎・・・6.0点
 ⇒柴崎の一番の魅力である、ゲームを作る部分では、あまり貢献出来ませんでしたが、その分、クレバーにスペースを埋める等、守備面で貢献しました。テレビ観戦の方は気付かなかったかもしれませんが、増田が入ってからは、守備のバランスを柴崎が上手く取っていました。
 効果的なパスが味方から出なかったり、オフサイドになってしまったりしましたが、タイミングの良い攻め上がりで、味方の攻撃にアクセントを付けました。

小笠原・・・6.0点
 ⇒この試合に賭ける強い思いが伝わってきました。素早く寄せるディフェンスは素晴らしく、後半野沢とマッチアップする様になってからは、闘志を前面に押し出してマークに付き、決定的な仕事をさせませんでした。ややファールが多くなってしまったのと、前半にペナルティーエリア付近のクリアボールをトラップミスしてしまい、相手にセカンドチャンスを与えてしまったのが、マイナスポイントでしたが、それを補うだけの気合いの入ったプレーを見せてくれました。

遠藤・・・6.0点
 ⇒今シーズンは、前半は動きが鈍く、後半からギアを上げる印象のある遠藤ですが、この試合では、立ち上がりから集中して試合に入れていたと思います。その分、後半最後でいつもの様には動けていませんでしたが、今のチームの戦い方は、先制点が非常に大きなウエートを占めるので、この試合の様に立ち上がりから全開で試合に臨んで欲しいです。ドリブルでするすると相手を抜いて、強烈なシュートを放ったり、中盤で抜群のキープ力を見せたりと、好調はキープしているので、得点に絡む働きが次の試合でも期待されます。2点目の起点となったドゥトラへの浮き球のスルーパスは見事でした。

(おまけ)
 責任編集された今月号のフリークスとても良かったです!

ドゥトラ・・・6.5点
 ⇒縦への推進力のあるドリブルで、チームを引っ張ってくれました。私はメインスタンドのビジター指定席で、この試合を観戦していましたが、まるでカカの様に、自陣からドリブルで右サイドを駆け上がっていくシーンを眼前で見て鳥肌が立ちました!ボックス型の布陣にも適応してきましたし、加入当初に期待された、チームの起爆剤となる働きを十二分にこなしてくれていると思います。決して、得意ではない守備を一生懸命こなしていることも好印象です。2点目のアシストのシーンもドゥトラの魅力が詰まっていて見事でした。
 個人的には、途中出場で、疲れた相手DF陣をズタズタに切り裂く所が見たいですが、先発でも十分に出来る選手です!後は、試合レビューでも書きましたが、高さでも攻撃の起点になれたら、素晴らしいです。

ジュニーニョ・・・6.5点
 ⇒相手の隙を見逃さず、見事な先制点を叩き込みました。決して簡単なシュートではありませんでしたが、トラップからシュートまでの一連の流れは美しく、今後もゴールを量産するでしょう。また、相手に囲まれた状態でも、狭いところを突いて、空いているスペースにボールを展開する技術も素晴らしいです。スピードもだいぶ戻ってきていますし、ジュニーニョの季節到来ですね!
 後半、ペナルティーエリア右サイドで、DFと正対しながら、間合いをはかっている姿を見た時は、いつぞやの川崎フロンターレ時代のジュニーニョに、ナビスコカップで決められたロスタイムでの同点弾を思い出しました。(苦笑) 今回はDFの読みが当たって、止められてしまいましたが、あの様な形で個の力でゴールを決められるところまでコンディションが戻れば、爆発しそうですね!

興梠・・・6.0点
 ⇒興梠の得点について、スカパー解説者の方は、相手DFのミスとおっしゃっておりましたが、興梠のスピードで、PA内で相手を振り切ったからこそ、生まれたゴールだと思います。正直、前半はパスミスが多く、攻撃の流れに乗りかけたチームの攻撃を沈滞させてしまいましたが、しっかりとゴールを決めて、結果を残す辺りは、今シーズンの興梠は違うなと思いました。得点王、狙いましょう!

増田・・・5.5点
 ⇒フィジカル的には、戻ってきていると思うのですが、未だにプレーに迷いがあるように見えます。ジョルジーニョ監督からは、主に守備面のタスクを与えられたと思いますが、対人ディフェンスは良くやっていたものの、チームの守備の連動性を取り戻す事までは至りませんでした。中断戦後の巻き返しに期待です。

土居・・・採点なし
 ⇒時間が少なく、見せ場はありませんでしたが、短い時間での起用ながらも、若い選手を投入しにくい難しい試合状況であっただけに、『期待しているぞ』というジョルジーニョ監督のメッセージは伝わったのではないでしょうか。

伊野波・・・5.5点
 ⇒中盤でゲームを作るプレーは出来ませんでしたが、正確なロングフィードを前線に何本も供給。小川が抜け出したシーンでは裏のスペースにフィードを通し、サイドに張り出した選手へは足元への正確なフィードを供給し、チャンスを演出しました。後半にCBに移ってからは、自身のスピードを活かして、落ち着いた対応を見せました。イ・グァンソンが不安定なプレーを見せていた事と、西野監督はボランチに、ゲームを組み立てられるタイプの選手を求めている様なので、今後はCBとしての起用が増えるのではないかと思います。

野沢・・・6.0点
 ⇒前半は目立った活躍は出来ませんでしたが、慣れないポジションのボランチに入った後半は、ボールを左右に散らして、攻撃のリズムを生み出しました。西野監督は野沢を二列目で使いたい様なので、今後、ボランチに入る事は少ないかもしれませんが、練習でもやっていないポジションを卒なくこなしてしまう野沢は、やはり流石です。セットプレーは正確で、直接狙える位置のFKが無くて助かりました。

田代・・・6.5点
 ⇒後半開始からの出場となりましたが、高さを活かしたポストプレーで前線の起点となりました。同点ゴールの際の動きも、ストライカーとして見事でした。スタメンで出場してきていたら、結果はまた違っていたでしょうし、今後はスタメンとして起用される事が増えるでしょう。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。本文内でも触れましたが、今月号のフリークスは、鹿島アントラーズファンであれば必見の内容です。売り出し中の遠藤康が責任編集を務めております!
 書店等では購入出来ませんが、スタジアムで購入できますし、下記リンクからも購入できます。まだご覧になっていない方は、是非、ご覧下さい。

 http://antlers-shop.jp/antlers/7.1/FRK-201/

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/410-b61e6235
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。