上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




5月10日(火)ACL第ニ節
鹿島2-1シドニーFC(15:00/国立競技場/3,164人)

【得点 → アシスト】
64分 フェリペ ガブリエル → 大迫 勇也
84分 野沢 拓也


【出場選手:スターティングメンバー】
GK 21 曽ヶ端 準
DF 7 新井場 徹
DF 3 岩政 大樹
DF 6 中田 浩二
DF 22 西 大伍
MF 15 青木 剛
MF 40 小笠原 満男
MF 25 遠藤 康
MF 8 野沢 拓也
FW 26 小谷野 顕治
FW 9 大迫 勇也

【交代出場】
28分 中田 浩二 → 伊野波 雅彦
60分 小谷野 顕治 → フェリペ ガブリエル
77分 大迫 勇也 → カルロン


【警告】
81分 岩政 大樹yellow_card01.gif



 一位突破のためには、最低限でも勝利が、可能であれば大量点が欲しいこの試合、セットプレーから先制点を許し、中田浩二も怪我をしてしまいました。苦しい状況の中、FW大迫のゴールと野沢の頭脳的なFKから逆転勝利を収めました。結果的に、水原が3-0で勝利を収めたので、残念ながら第二位での通過となってしまいましたが、ひとまずはこの死のグループを勝ちぬけた事を喜びましょう!


 しかし、今日は喜びますが、我々の目標は、はるか先にあるので、喜んでばかりはいられません。これで5/25(水)の決勝トーナメント第一ラウンドの一発勝負はアウエーでの戦いとなってしまいました。鹿島にとっては鬼門となっている決勝トーナメント第一ラウンドの戦いの相手は以下の二チームに絞られています。その相手は・・・

名古屋グランパス
かFCソウル

になります。ここで、名古屋と当たるのは、移動面では国内で良いですが、日本サッカーのためにも、是非ともベスト8に全チーム残って、もう少し上で戦いたい気持ちがあるので、是非とも名古屋さんにもお付き合いいただいて、敵地韓国でFCソウルを倒したいです。名古屋ファンの方すみません。ここで当たってどちらかが消えてしまうのは本当に勿体ないですし、ストイコビッチ監督もそれを予期して、楢崎・玉田を遠征に帯同させてない節があるので。


 話をアントラーズに戻します。中田選手の怪我は復帰まで1カ月との事で、ACLは伊野波選手の出番になります。最近出番が無くて、元気も有り余っているでしょうから、今日の様な素晴らしい活躍を臨みます。

 大迫選手はこの日のコンディションについて、「湿度が高かったため、厳しいプレー環境であった」と話していたそうで、それを小笠原選手に「相手も同じ環境でやっていると苦言を呈された」との報道がされていますが、それも高い期待の表れだと思います。興梠選手と共に調子を上げてきているので、大一番の決勝トーナメントの試合でも進化を発揮してほしいです。


 これから過密日程でアウエーの厳しい連戦が続きます。川崎/浦和/ACL/広島…
 正直、とても厳しいですが、今こそ選手層の厚さを見せつける時です。重要度はやはりACLの決勝トーナメントの試合であると思うので、それに向けて上手くローテーションを組んで、ベストな体調に持って行って欲しいです。最近はオリベイラ監督の途中交代も、明確なメッセージが込められている様に感じるので、非常に期待しています。

 
 最後まで読んで下さってありがとうございます。更新の励みになりますので、「拍手ボタン」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/41-d9ad63a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。