上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■各個人別採点&短評
 ジュビロ磐田戦について、各個人別に振り返りたいと思います。0-3となってしまったこともあり、全体的に低調な採点となってしまいました。悔しいです…
※平均6.0点

曽ヶ端・・・5.5点
 ⇒失点はどれもセーブするのが難しかったですが、せめて1本は止めて欲しかったです。ファインセーブも見せていましたが…

新井場・・・5.5点
 ⇒積極的に攻撃参加し、新井場自身の調子は悪くない様に思います。ただし、追加点の原因となった前線でのボールロストはいただけません(私から見てもファールに見えましたが…)。ファールの笛を吹かれなかったら一気にカウンターを喰らってしまう場面だったので、簡単に倒れず、もう少し粘りを見せて欲しかったです。

山村・・・5.0点
 ⇒そもそもサイドからのスローインで、山村があのポジションまでマークに出ていた事も疑問ですが、上手く体を入れ換えられてクロスを上げられてしまい、失点につながってしまいました。今までもミスが多かったですが、立ち上がりの今回のミスは試合の流れを大きく決定付けてしまいました。全体的にマークが甘かった印象を抱きました。

岩政・・・5.0点
 ⇒前田のマークを外してしまい、先制点を献上してしまいました。山村のミスをカバーすべく、跳ね返して欲しかったですが…その後は、体を張った守備で貢献しました。
 私が気になっているのは、岩政にボールが入った瞬間に、相手選手がプレスを掛けてくる事です。プレスを掛けられると、ボールをつなぐよりも安全してロングボールを蹴る事が多いですが、精度が低く、攻撃が組み立てられません。対策が必要だと思います。

西・・・5.0点
 ⇒絶好調山田とのマッチアップで、守備の時間が多かったですが、その中でも高い位置をとって攻撃参加を行いました。しかし、この試合ではミスが多すぎた印象です。

柴崎・・・5.5点
 ⇒攻撃に積極的に絡んで、長い距離を走ってゴール前に顔を出したり、惜しいシュートを放ったり、大迫の足元にピタリとあう絶妙なパスを送ったりとチャンスを演出します。センスの良い縦パスも健在ですが、終盤には疲れが見えて、足を吊ってしまう場面もありました。

小笠原・・・5.5点
 ⇒中盤で激しい守備を見せましたが、絶好調の松浦に振り切られてしまう場面が目立ちました。特に2点目のシーンでは、前線に全速力で走って行く松浦のマークに付く事が出来ませんでした。セットプレーの質は悪くなかったと思いますが、この試合も得点には結びつきませんでした。

遠藤・・・5.5点
 ⇒ドリブルで何度もチャンスを演出しましたが、シュートやラストパス等、最後の部分で正確性を欠き、得点という結果を残す事が出来ませんでした。

ドゥトラ・・・5.0点
 ⇒試合開始直後の決定機は決めたかったです。前半はボックス型の攻撃的MFの位置から、ダイヤモンド型のトップ下の位置を目指して切り込む形を見せて、ドリブルが相手DFに引っ掛かってしまいチャンスを生み出すには至らなかったものの、ボックス型フォーメーションの新たな攻撃の形の可能性を示しました。後半になると運動量がガクッと減ってしまい、消える時間帯が増えました。やはりドゥトラはスペースの生まれる後半に切り札として取っておいて欲しいと思います。

大迫・・・5.0点
 ⇒動き出しは良く、良いパスを呼び込むシーンもあったのですが、この試合はトラップミスも多く、味方のお膳立てを活かす事の出来なかった印象です。それでも、前半開始直後のクロスや、後半に興梠に入れたクロス、そして柴崎のパスを受けて、ゴールキーパーの頭上を狙うシュート等、決定機を演出しました。結果としては、得点に絡む事が出来ず、ガンバ大阪戦から無得点の試合が続いております。

興梠・・・5.0点
 ⇒後半の大迫からの絶妙なクロスに対して、判断が悪くシュートする機会を逸してしまい、自分で得点の可能性を低くしてしまい、苦し紛れにシュートを放ちますが、ブロックされました。その後、ゴールネットを揺らす場面もありましたが、オフサイドの判定に泣かされました。危惧していた通り、ゴールラッシュが止まってから、不調に喘いでいます。

本山・・・6.0点
 ⇒試合レビューでも書きましたが、相手の嫌がるポジションでボールを受けて、攻撃のリズムを作り出しました。中盤でタメを作れる本山の存在は貴重です。次節はスタメンで見てみたいと思います。

ジュニーニョ・・・採点なし
 ⇒短い時間の中でチャンスは訪れませんでした。ナビスコカップでは、スタメンで出場するでしょうし、結果を残してリーグ戦でのスタメン出場をアピールして欲しいです。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。ジュビロ磐田戦では、攻守のバランスを欠いてしまっている事を露見してしまいましたが、どのように修正を施すのでしょうか。一番着手しやすいと思われる、新しい選手を起用する事に解決策を見出すのであれば、本田拓也や増田、中田等、実力者が控えているサブ組の選手の奮起に期待が集まります。明日のヤマザキナビスコカップは、スタメン争いに名乗りを挙げようとしている選手にとって、絶好のアピールの場となるでしょう。チームを活性化するためには、チーム内競争が欠かせません。素晴らしい試合が展開される事を期待します!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/389-d7a11c05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。