上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 ラモス瑠偉さんが、ご自身のブログ『ラモス瑠偉のふざけないで真面目にやれ!』で、監督交代について、論じられておりますので、ご紹介させていただきます。

 ラモス瑠偉さんと言えば、ヴェルディ川崎の中心選手としてJリーグ創生期のクラブ黄金時代を支える活躍を見せた選手です。その素晴らしい足技で多くの観客を虜にしました。
 鹿島アントラーズにとっては、いつも警戒すべきプレーヤーで、ホームスタジアムでは盛大なブーイングを浴びせていた記憶があります。昨年の6月には震災のチャリティーマッチにも出場してくれました。チャリティーマッチでは、「今日はブーイングがなかった」ってコメントされた瞬間にゴール裏から敬意を込めたブーイングが鳴り、拍手が沸き起こった事は記憶に新しいところです。

 そのラモス瑠偉さんのQ&A形式のブログですが、「鹿島の監督は代えるべき?」と題された今回の記事において、最近の監督交代の風潮において、『いい風潮とは思わない』とご自身の見解を述べております。私自身も場当たり的な監督交代については、疑問を感じておりますので、共感を覚えました。

 そして、本題の鹿島アントラーズについてですが、世代交代真っ只中のチームを率いる事の難しさや、そういう状況を知りながらも監督を引き受けたジョルジーニョ監督の心意気について評価されています。

 『ジョルジーニョ監督は鹿島の血が流れる人物』『鹿島は必ず逆襲する』等、まるで鹿島愛に溢れるクラブOBの様な言葉までいただいております。是非、興味がある方はリンクよりご覧下さい。

 チームは苦しい時期を脱出しつつありますが、完全にその時期を脱出出来た訳ではありません。どんなチームにも負けない、強い鹿島アントラーズが戻ってくるには、まだ時間が掛かりますが、ジョルジーニョ監督を信じて、引き続きサポートしていきましょう!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。私はJリーグ開幕時、小学校低学年でしたが、横浜に住んでいたので、鹿島アントラーズファンはクラスで私一人でした。笑
 クラスではヴェルディ川崎と横浜マリノスが人気を集め、中でもカズ・武田・ラモスらスター選手が名を連ねるヴェルディ川崎はクラスで一番人気でした。今考えれば、そうした環境下で、ぶれる事なく鹿島一筋を貫いた自分にびっくりです。笑

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/379-6d249c07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。