上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■1失点目から振り返る -守備時の選手のスライドの拙さ-
 先制点、相手左SBがフリーの状態で右サイド(鹿島から見た左サイド)にサイドチェンジ。そのボールを大前が受けますが、鹿島は全体的に右サイドに重心を置いていた事もあり、サイドでは大前と吉田に対して新井場が一人でケアする状態になりました。遅れて左SHの小笠原がスライドして大前のマークに行き、新井場は吉田をケアします。小笠原が左サイドにずれた事により中央にスペースが生まれたので、大前は中央やや右(鹿島からみて中央やや左)の小野へパスを通します。これも遅れて、右サイドに寄っていた柴崎が小野のマークに行きますが、それにより中央の河井が今度はフリーになり、小野から河井へパスが渡ります。ここは遠藤がスライドして守るか、ドゥトラが降りてマークをしなくてはいけませんが、西がゴール前にいた事もあり、遠藤は右サイドの選手をケアしていました(中央の枚数が足りていたので、西が右サイドの選手につき、遠藤がスライドするのがベストだと思いますが、西が中央を固めた事は間違いではありません)。そうした状況でしたので、ドゥトラにそのスペースを埋めて欲しかったですが、ドゥトラはボールウオッチャーになってしまっており、河井は中央ペナルティーエリア付近にも関わらずフリーでボールを受けて余裕がありました。シュートを臭わせつつ、少しためてから右サイドの吉田へ。吉田の前には新井場がいましたが、上手く体をずらされてクロスをあげられてしまいました。キーパーとDFの間の一番嫌なところに入れられてしまい、勝負有りでした。岩政には何とかゴール枠外へクリアして欲しかったですが。
 上記の通り、選手のスライドが遅れた事に加えて、慌てて対応しているので、選手の受け渡しにミスも見受けられ、失点しても仕方の無い場面でした。好調で勢いがあったのに、出鼻をくじかれたこの失点は痛かったです。

■相手のサイドチェンジに対してどう守るべきだったのか
 この試合では、相手にサイドチェンジを何本も通されてしまいましたが、注目すべきは、サイドチェンジを蹴った選手に対して、ほとんどプレッシャーを掛ける事が出来ていなかった事です。少しでもサイドチェンジの起点となった選手にプレッシャーを掛ける事が出来ていれば、サイドチェンジもずれるでしょうし、その少しのずれを相手が修正する相手に、スライドして守る時間的余裕を作る事が出来ます。
 鹿島アントラーズは、最近数試合同様、相手を引き込んでからボールを奪うという守備戦術をこの試合でも採用していました。この守り方が悪い訳では決して無く、実際に最近数試合は上手く守れていました。しかし、相手によって臨機応変な対応は当然求められます。1失点の場面でもそうでしたが、この試合の清水エスパルスは低い位置で起点を作っておりましたので、そういう相手には前からプレスを掛けるべきだったと思います。

 中盤ダイヤモンド型で戦うのであれば、個人的には小笠原と遠藤の位置を上げて、大迫・興梠の2人のFWが前線からプレスを掛けた後、次のプレスをドゥトラ・小笠原・遠藤の3枚でプレスに行けば、相手に低い位置で起点を作られる事は無かったと思います。この守備戦術を敷く場合、FWからのプレスが求められます。それは今の鹿島に不足している部分であると感じていますし、全員のハードワークは鹿島の伝統でもあります。中盤ダイヤモンド型の布陣は型にはまった時の爆発力は示しておりますが、まだまだ連携を深める必要があります。連携を深める事が出来れば、臨機応変に対応する事も出来る様になるでしょうし、選手個人もチームワークにも伸び代がこれから十分にあると感じられますので、この敗戦も良い経験と出来れば、またチーム力を高める事が出来ると思います。昨年よりゴトピ監督が就任した清水エスパルスとは、チームの成熟度に差があった事は否めません。

■各個人別採点&短評
 完敗を喫した清水エスパルス戦について、各個人別に振り返りたいと思います。
※平均6.0点

曽ヶ端・・・5.0点
 ⇒1失点目は何とか相手のいないところに弾いて欲しかったですし、2失点目は高木のシュートは上手かったものの、岩政がシュートコースを消していて、コースはあそこしか無かったので、何とかセーブして欲しかったです。あわや4点目という右サイドからのクロスへの対応(高木のシュートミスで失点は免れた場面)も決して褒められたプレーではありませんでした。

新井場・・・5.0点
 ⇒相手の右サイドバック吉田の攻め上がりに苦戦し、ガンバ大阪戦の様に左サイドを駆け上がるシーンは鳴りを潜めました。サイドからのアーリークロスも正確性を欠いていました。

山村・・・5.5点
 ⇒ディフェンスラインでの連携ミスはあったものの、後方からのビルドアップではチームに貢献していました。中田浩二と組めば、Jリーグでも有数の、後方から組み立てられるCBコンビを形成出来ると思います。

岩政・・・4.5点
 ⇒1失点目は何とかゴール外にボールをクリアして欲しかったです。2失点目の場面では、1枚イエローをもらっているので、しょうが無い部分はあるものの、シュート力のある高木にみすみすペナルティーエリア内でシュートを打たせる対応は褒められた対応ではありません。ボールをつなげず、ロングボールを蹴り込んでしまうところにも不満を感じました。

西・・・5.5点
 ⇒最近、好調ぶりを披露していた西ですが、高い位置でサイド攻撃の起点となる事が出来ませんでした。守備面では右サイドを崩された時に中央をきちんと絞り、大前が触ればゴールという場面も身を挺して防ぎました。

柴崎・・・6.0点
 ⇒ダイヤモンド型中盤のアンカーに位置していた時は、冷静にボールを配給していましたが、周りの動きだしも悪く、中盤で囲い込みにあいボールをロストする場面も見られました。一方で中盤でのボールカットから攻撃に転じる場面を生み出し、後一歩でチャンスになりそうな場面も作りました。
 上がり目の中盤に位置してからも、何とか局面を打開しようとする姿勢が見られ、あわやゴールとなりそうな素晴らしい無回転シュートや、正確なパス、高い位置からのプレスでチームに貢献しました。
 コンディション不良だったと試合後のインタビューで語っておりますが、チームに欠かせない存在なので、中二日のサガン鳥栖戦までにコンディションを整えて欲しいです。この試合では、疲れというよりも、前日現地入りしホテルで一泊して、19時の試合開始まで過ごすというのは若い選手には難しく、その点でコンディションが整わなかったのかもしれません。

小笠原・・・5.0点
 ⇒連戦のため、コンディション不良があったと思います。それに加えて前半からサイドチェンジに振り回されて、後半は運動量も落ちてしまいました。ボールタッチも少なく、攻守に貢献が出来ませんでした。苦しい時にセットプレーから得点が取れるのが鹿島の強みですが、味方にピンポイントで合うようなボールを供給出来ませんでした。

遠藤・・・5.0点
 ⇒3試合連続ゴール中でしたが、相手ディフェンス陣に封じ込まれました。守備面でも後半最後の方は頑張っていましたが、帳尻合わせ感は否めず、全体的な貢献度は低かったと言わざるを得ません。セットプレーも含めて、正確なキックが影を潜めておりました。

ドゥトラ・・・5.0点
 ⇒セレッソ大阪戦、ガンバ大阪戦で大活躍を見せたドゥトラですが、この試合では見せ場を作る事が出来ませんでした。前述の通り、1失点目は中央のスペースを埋めて欲しかったのですが…ドリブルでの仕掛けは相手の網に引っ掛かってしまい、チャンスを生み出すところまで至りませんでしたが、相手に脅威を与えていたとは思います。相手の右サイドバックの身長は低かったので、左サイドにポジションを取って、高さで起点となる戦術もありだったかなと思います。今更、後の祭りなのですが、せっかくの長身を活かすためにも、今後検討の余地はあると思います。

大迫・・・5.5点
 ⇒この試合でも、前線で良くボールを収めて起点になっていました。アタッキングサードのドリブルでの仕掛けでは相手を抜き去る事は出来ませんでしたが、相手に圧力は掛けられていたと思います。シュート0本に終わってしまった事は改善点ですし、前線からのプレスでもう少し貢献して欲しいです。開幕からほとんどの試合でフル出場していましたが、この試合では早く交代し、少し休養出来たと思うので、サガン鳥栖戦では期待しています!

興梠・・・5.0点
 ⇒4試合連続ゴール中でしたが、不発に終わりました。裏へ積極的に飛び出すプレーは良かったと思いますが、得点にはつながらず。前半のカウンターの場面では、左サイドにドゥトラがフリーでしたが、中に仕掛けて大迫へスルーパス。パスが長くチャンスに至りませんでした。このシーンでは、大迫にマークが付いていたのに対して、ドゥトラはフリーで、しかも前に広大なスペースがありました。ドゥトラにパスを出して、自分はスペースに走り込み、ドゥトラとDFの1対1の場面を作り出してあげれば、ゴールが生まれていたかもしれません。必ずしも不正解ではありませんが、状況判断が良かったとは言えません。
 ポストでボールを収める事も出来ませんでした。毎試合、活躍し続けるのは難しいですし、ここまでかなり貢献してくれていますが、例年、一度調子を落とすと何試合も引きずってしまう事が多いので、前節目標に挙げた得点王に近づくためにも、次の試合には切り替えて臨んで欲しいです!

青木・・・5.5点
 ⇒途中出場でボランチの位置に入り、ボックス型に変更した事でチームが安定した一端を担いましたが、その後失点を重ねる中で、チームへの貢献は出来ませんでした。

岡本・・・5.0点
 ⇒途中出場で前線で起点となる事が求められましたが、その役割を果たせず、シュートも放てませんでした。

ジュニーニョ・・・5.5点
 ⇒苦しい状況を何とか打開しようと精力的にプレーしました。サイドからのドリブル突破には、疲れている相手DF陣も手を焼いてファールで止めていましたし、得点を狙う気迫を感じました。ペナルティーエリア内でディフェンスを交わした場面は惜しかったですね。後ろからフォローが来ていなければ、1点のシーンでした。コンディションも上がって来ているので、サガン鳥栖戦でのスタメン出場もあるかもしれません!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。次のサガン鳥栖戦では、どれだけハードワーク出来るか、言い換えれば、全員守備・全員攻撃がどこまで出来るかという事が勝負の鍵を握るでしょう。鳥栖はチーム全体の運動量が非常に多いチームなので、走り負けない様にしなくてはいけません。中二日ですので、フレッシュな選手を起用し、すっきりした形でGWを締めくくりたいですね!スタメン予想記事は夜に更新します!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(8) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/374-2148449a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。