上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 すみません、だいぶ長く更新を止めてしまいました。楽しみにしていただいている方には大変申し訳ありません。駆け足で、振り返ります。ちなみに、三節のシドニーFC戦は観戦しておりますが、14時から放送のあった国立での水原戦は観戦できませんでした、。。


 さて、再開開けの水原戦ですが、やはり立ち上がりは試合勘の無さがそのままに表れてしまい、押し込まれる時間帯が続きました。しかし、20分過ぎの野沢の直接FK辺りから流れが変わり始めます。オリベイラ監督の作戦では、昨年まで大宮に所属していたマトのスピードの無さを付く作戦だったようで、実際に興梠、アレックスが、マトのミスから一対一を迎えました。しかし、その決定的なチャンスは両者決めきれず、試合は後半に突入します。

 後半は、体力の無さが如実に出ました。やはり、前半に一点を取れなかったのが、響きましたね。ロングスローから、失点をします。その後、セットプレーから中田のゴールで追いつきますが、その後は押し込まれる時間が続きます。本山も見せ場を作れず、何とか守りきった印象です。

 本来なら、次回への展望を欠きたいところですが、もう次の試合が終わっているので、採点に移ります。


【試合採点&一言コメント※平均6点】
曽ヶ端 準 6.0点
アレックス 5.5点 失点場面は絞りきれず。
岩政 大樹 6.0点 
中田 浩二 6.5点 セットプレーからゴール。
新井場 徹 5.5点 良い攻め上がりを何度か見せるも、低すぎるクロスの質。
青木 剛 6.0点
小笠原 満男 6.0点 気持ちのこもったプレー。
野沢 拓也 5.5点 
フェリペ 6.0点 中央でのプレーが多く、ドリブルで仕掛けるシーンも見られた。
興梠 慎三 5点 厳しい採点になってしまったが、あの一対一はエースとして、決めて欲しい。
大迫 勇也 6.0点 クロスにあわせるダイナミックなプレーを見せた。
本山 雅志 5.0点 違いを作れず。

 最後まで読んで下さってありがとうございます。更新の励みになりますので、「拍手ボタン」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/37-7e538a57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。