上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




4月28日(土)Jリーグ第八節
鹿島5-0ガンバ大阪(15:03/カシマサッカースタジアム/17,583人)

【アシスト → 得点】
42分 西 → 遠藤③
53分 新井場 → 興梠④
71分 ドゥトラ → 大迫①
89分 大迫 → 本山①
90分+3 遠藤 → 大迫②

【先発メンバー(鹿島アントラーズ)】
 スクリーンショット 2012-04-29 1.08.12



【交代出場(鹿島アントラーズ)】
66分 小笠原 → 青木
77分 興梠 → ジュニーニョ
77分 ドゥトラ → 本山

【警告(鹿島アントラーズ)】
87分 青木yellow_card01.gif

■苦しみながらもリードで折り返す事に成功した前半
<ジョルジーニョ監督が掲げる縦に早いサッカーの実現>
 前節セレッソ大阪を相手に大逆転勝利を飾る原動力となったドゥトラをトップ下、柴崎をアンカーに据える布陣をこの試合では開始から採用。ドゥトラは持ち味である推進力のあるドリブルでグイグイとボールを前に運び、チームを引っ張ります。試合開始直後はそのドゥトラを起点に中盤でボールを奪ってからのショートカウンターでチャンスを作ります。ドゥトラがドリブルで持ち上がり長い距離をボールで運び、またぎフェイントからフィニッシュまで持ち込んだ場面や、中盤の底からドゥトラ、小笠原、新井場とつなぎ、新井場からのパスを受けた大迫がドリブルで相手DF2人を振り切り、中に切れ込んでシュートを放った場面は、それぞれ前者は興梠の中盤でのカットから、後者はペナルティーアーク付近でドゥトラがこぼれ球を拾ったところから攻撃がスタートしております。ジョルジーニョ監督が目指す縦に早いサッカーの実現にだいぶ近づいて来ており、監督も手応えを感じているのではないでしょうか。

<ドリブルの仕掛け>
 昨季までの鹿島アントラーズと違い、今シーズンはドゥトラが加入した事により、ドリブルで仕掛ける事が出来る選手が大迫・遠藤に加えて3人に増えました。この3人はDFと正対した状態で勝負を仕掛けてシュートまで持ち込むスキルを持っており、早いパス交換で相手DFにフォローがいない時は、積極的に仕掛けてチャンスを生み出しております。

 そのストロングポイントが発揮されたのが、次のシーンです。遠藤がディフェンスのプレッシャーを受けながらも中盤をするすると持ち上がり、ドゥトラへパス。ドゥトラは相手DFを一人交わし、フリーの小笠原へ。小笠原はワントラップして左足を振り抜きますが、ボールはサイドネットへ。とても惜しいシーンでした。この試合で何度も鋭いドリブル突破を見せていたドゥトラが、ディフェンスの意識を自身に集中させる事で、小笠原がフリーになりました。昨年まではあまり見られなかった攻撃パターンを得た事により、これからも決定機は増えると思います。

<流れが悪い時間を懸命の守備で凌ぐ>
 良い形でフィニッシュまで持ち込むシーンが増えていましたが、それまで機能していた中盤での早い寄せが弱くなって来たところで、チームが劣勢に立たされます。これはガンバ大阪の遠藤がボランチの位置から一列上がった位置に上がってきたのに対し、遠藤をケアしていたドゥトラが引き続きマークに付いてしまい、空いたスペースで明神にゲームメイクをされてしまったことに起因しています。中盤でボールが落ち着いた事により、相手左SBの藤春はどんどん上がって来て、何本かクロスを上げられてしまいましたし、MFとFWの距離が空いてしまったことにより、跳ね返したこぼれ球を拾う事が出来ず、かなり押し込まれる苦しい時間帯となってしまいました。しかし、中央での守備は最後まで崩れる事が無く、集中して守る事が出来ていたと思います。集中力を切らさなかったCBの二人ももちろん良かったですが、ペナルティーエリア内でシュート体制に入った明神を懸命のスライディングでブロックした遠藤と、苦しい時間帯で左サイドでの相手選手との一対一を二度ストップした小笠原のプレーはチームを助けたと思います。

<苦しい時間帯を耐え抜いて、待望の先制点を掴む>
 苦しい時間帯を耐え抜き、待望の先制点を掴みます。西と大迫の見事な連携から、右サイドを崩して、西が遠藤へラストパス。遠藤はペナルティーエリアの外側から得意の左足でシュート。見事にゴール左上に突き刺します。大迫と西のコンビネーションは、ここ数戦で一気に連携が深まっていると感じました。そして、振り抜くのではなく、丁寧にコースを狙いにいった遠藤のシュートは見事の一言に尽きます!このゴールで前半をリードして折り返す事が出来ました。

■眠りから醒めた巨人が次々とゴールを奪う!
<絶好調の新井場がもたらした2点目、3点目>
 前半、ガンバ大阪遠藤のポジションが1列上がり、その遠藤をドゥトラがケアする事で、プレッシャーの弱くなった明神がボールを配給しておりましたが、ハーフタイムに修正が施されます。ジョルジーニョ監督は1列上がって来た遠藤は柴崎か小笠原に任せて、ドゥトラには明神をケアする様に指示。これが上手くはまり、相手のボールの供給先を摘む事ができ、主導権を握る事に成功したと思います。

 後半は絶好調の新井場のシュートで幕を開けます。左サイドでのキックフェイントから、ディフェンダー一人を交わし、内へ切れ込んで、シュートを放ちます。惜しくも枠を捉える事が出来ませんでしたが、この試合の新井場の働きは素晴らしく、ドリブルで何度も持ち上がりましたし、サイドを深くえぐってのピンポイントクロスを何本も供給し、全盛期と遜色のない働きでチームを牽引しました。

 追加点は前述した通りのドゥトラの推進力とその新井場のクロスから生まれます。ドゥトラが長い距離をドリブルで運び、二人を引き付けて左の新井場へ、新井場は足下のクロスを興梠へ送り、興梠はファーストタッチで上手くシュートしやすい位置にボールを置き、左足で見事なシュートを放ちゴールネットを揺らします。最近の興梠はペナルティーエリア内での得点が取れています。今後も、この活躍を続けて得点王争いに顔を出して欲しいです。

 3点目も新井場が起点となります。左サイドのサイドライン際でルーレットを見せて相手DFを振り切りクロス、クロスは相手DFに跳ね返されますが、拾ったドゥトラがドリブルで仕掛け、相手ディフェンスを十分に引き付けてから大迫へ。大迫は右足を強振。強いシュートが相手DFにあたりコースが変わりますが、ボールは勢いを失わず、ゴールネットを揺らします。大迫はこのゴールで肩の荷が降りると思うので、次節以降、ゴールの量産に期待が持てますね!

<攻撃の手を緩めず、大量点を挙げる>
 4点目は遠藤が起点となって生まれます。左サイドの遠藤が対峙するDFを軽く揺さぶって中の大迫へ横パス。大迫はそれを後ろへ軽く逸らします。その本山へのボールは少しずれてしまいますが、本山がダイレクトで素晴らしいシュートを決めます。本人が「(股の間を)狙っていた」と語っている通り、日本代表DFの今野の股の間を抜く素晴らしいシュートでした。ダイヤモンド型の布陣ではトップ下に人材が求められますが、ドゥトラに加えて、トップ下でこそ、その輝きを放つことが出来る本山にも計算が立つ様になれば、鬼に金棒です。

 5点目も遠藤が起点になります。中盤のこぼれ球を拾うと、大迫の動きだしに合わせて前線へ絶妙のフィード。相手GK藤ヶ谷は良い飛び出しを見せますが、ボールを処理する事が出来ず、GKが飛び出した無人のゴールに大迫が流し込みました。精力的な動きで毎試合貢献し、最後まで精力的に得点を狙い続けていた大迫に神様がご褒美をくれましたね!

<この試合から得たものは大きい!>
 調子を上げているチーム同士の対戦で、苦しい戦いが予想されましたが、結果は大勝でした。ダイヤモンド型布陣にも目処が立ち、ドゥトラの先発起用にも不安は無くなりました。
 これまで再三ゴールに迫りながら、得点を挙げる事が出来ず、大きなプレッシャーを感じていた大迫にゴールが生まれ、肩の荷が降りた大迫のゴールラッシュが期待されます!
 興梠・遠藤は更に自信を深め、前節2失点を喫したディフェンス陣は強豪ガンバ大阪を完封して自信を得た事でしょう。
 両SBは鹿島伝統のサイド攻撃を繰り返し、3得点に絡みました。
 小笠原はこの試合もチームを引っぱり、苦しい時間帯に体を張った守りでチームを支えました。
 そして、柴崎はガンバ大阪の攻撃陣を相手にしても、アンカーの位置でチームの攻撃を後方から組み立て、危ないシーンでは見事にスペースを埋めていました。このまま活躍を続ければ、関塚監督も再招集せざるを得ないでしょうし、毎試合この活躍を続ければ、A代表に再び選出される可能性もあります。柴崎なら普通にやってしまう気もします。本当に末恐ろしい逸材です。

 鹿島アントラーズがこの試合で得たものは大きいでしょう!ウイークデーに清水エスパルスと、そして週末にサガン鳥栖との試合が控えておりますが、しっかりと勝って連勝でGWを締めくくりたいですね!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。この日のスタンドの雰囲気は最高でした。スタジアムがこの日の鹿島アントラーズの戦いに酔いしれていました。
 序盤戦の不調から立ち直った両チームでしたが、クラブの哲学に則って監督を変えなかった鹿島アントラーズの決断は間違っていなかったと改めて感じる事が出来ました。日本で指揮を取り始めたばかりのジョルジーニョ監督ですが、名将への階段を一歩一歩上がっていっていると思います。このチームの未来が本当に楽しみです!!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(6) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/368-c6c02fdd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。