上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■ガンバ大阪戦、鹿島アントラーズスタメン予想
 スクリーンショット 2012-04-28 10.33.06


 ベンチ予想:GK佐藤、DF山村中田、MF青木、MFドゥトラ、MF本山、FWジュニーニョ、FW岡本


 前節のセレッソ大阪戦では、前半に2点を先制されながら、後半開始より怒濤の反撃を開始し、遠藤の決勝ゴールにより大逆転勝利を収めました!FC東京戦、コンサドーレ札幌戦に続く、劇的な勝利でチームの雰囲気も最高です。相手のガンバ大阪も開幕直後は不振に喘いでおりましたが、監督交代を行い、鹿島アントラーズと時を同じくして調子を上げて来ております。好試合が期待されますが、ホームでの試合ですし、大阪勢連破を目指しましょう!

 スターティングイレブンの予想をするに際して、今回、ポイントとなるのは小笠原主将が出場出来るか否かです。ここのところ獅子奮迅の働きでチームを引っ張る小笠原ですが、水曜日の練習では控え組で調整しており、ガンバ大阪戦に出場出来ない可能性もあります。小笠原が出場出来れば、恐らくボックス型の4-4-2でスタートするのでは無いかと思いますが、小笠原が出場出来ない場合は、ドゥトラが代わりに出場し、その場合はドゥトラをトップ下に置いたダイヤモンド型の4-4-2で試合に臨むと思います。その場合、セレッソ大阪戦の後半に機能した柴崎をアンカーに据える布陣を採用したいところですが、そうなると、左SHに誰が起用されるのか、非常に注目です。普通に考えれば、増田を起用したいところなのですが、最近は不調に喘いでおり、流通経済大学との練習試合でも絶不調で、本来の出来からは程遠いです。そのため、梅鉢(あるいは青木)をアンカーに据えて柴崎を左SHに持ってくる可能性もありますが、この布陣ではややアンカーからの展開力に不安が残ります。セレッソ大阪戦の様に、流れを一変させる事の出来るドゥトラは交代のカードとして残しておきたいので、チームを背中で引っ張る小笠原の出場が望まれます。

 ⇒小笠原主将の出場は濃厚になりました。ボランチで起用されるか2列目で起用されるかに注目が集まりますが、2列目で起用した方が、ボールの起点となる遠藤に高い位置から厳しいプレスを掛ける事が出来るので、2列目での起用を予想します。柴崎は底の位置で起用した方が、その展開力が活きると思います。

 ダイヤモンド型を採用した場合のウルトラCは本田拓也の起用です。遠藤を擁し、流麗なパスサッカーを誇るガンバ大阪相手にリスクが高いのは承知ですが、だからこその本田抜擢もあるかもしれません。まだコンディションは万全ではなく、恐らく時間限定での起用になってしまいますが、抜群の守備力と見事なフィードを備え持つ本田が復調すれば、大きな武器となる事は間違いありません。怪我の再発も怖いですし、じっくりとコンディションを上げて欲しいので、無理はさせたくありませんが、怪我前のパフォーマンスを取り戻せば、貴重な戦力となるので、その日が待ち遠しい限りです。

 CBでは、中田浩二がスタメンに復帰する事が見込まれています。中田が不在の間、その穴を埋めるべく奮闘していた山村には申し訳ないのですが、中田が入るとディフェンスラインの安定感を取り戻せると思います。中田には、確かな経験に裏打ちされたコーチングで、チームの守備を引き締めて欲しいと思います。攻撃に比べて、守備の方が好不調の波が少ないです。今は攻撃陣が好調ですが、いつ調子を落とすとも限らないので、その時に強固な守備で勝ち点を稼げる様に、堅守を取り戻しましょう。

 ⇒CBは前節に引き続き、山村のスタメンが濃厚となりました。中田浩二はベンチ入りとなるでしょう。

 ここのところ劇的な勝利が続いておりますが、毎試合、劇的に勝ち続けるのはかなり難しいので、そろそろ先制点を取って、相手をコントロールしながら追加点を奪う、安定した試合を展開して欲しいです!

■ガンバ大阪スタメン予想
 スクリーンショット 2012-04-27 8.21.48


 ガンバ大阪のスタメンは、前節と同様のメンバーであると予想します。開幕7試合で12ゴールを上げており、特にここ2試合連続で3得点を上げているので、持ち前の攻撃力は健在です。守備の綻びから勝ち点を奪えずにおりましたが、明神がリーグ戦では前節の清水戦で復帰を果たし、守備も大分改善されている様に感じました。遠藤・明神のダブルボランチコンビは侮れませんし、鹿島アントラーズGK佐藤昭大(さとうあきひろ)と同性同名の佐藤晃大も前節では3得点に絡み、自身も3戦連続ゴール中と絶好調なので注意が必要です。佐藤を抑え込む事が勝利に直結します。

 注目のマッチアップは、西対藤春。両者ともSBの選手ながら、攻撃の起点となれる選手です。鹿島アントラーズとしては、西が高いポジションを取って藤春にプレッシャーを与え、攻め上がりを行わせない事が理想です。サイドでのポジション争いでどちらがイニシアチブを握れるかは、試合の大きな鍵となるので、注目して観たいと思います。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。昨年のホームでの対戦では、屈辱の4失点を喫しました。加入したばかりのラフィーニャを乗せてしまいましたし、個人的には本当に悔しい敗戦でした。相手は調子を上げており、簡単な相手ではありませんが、鹿島アントラーズも調子を上げています。昨年の大敗の屈辱を払拭するような完勝を期待しています!日本代表帰りの大迫、3戦連続ゴール中の興梠のアベック弾が観たいですね!そして、ポスト遠藤と目される柴崎には、是非、本家を超える活躍を見せて欲しいです!!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(6) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/366-9ff88a68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。