上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■乱闘騒ぎの最中に起きたペットボトル投げ込みについて
 先週末に行われたセレッソ大阪戦の後半、キム・ボギョンが倒れているドゥトラを目掛けてボールを蹴った事に起因し、両チーム入り乱れての乱闘騒ぎが発生しました。キム・ボギョンがボールを蹴り込んだ場所、そして乱闘が起こった場所はメインスタンド側ですが、乱闘の最中にメインスタンド側からペットボトルが投げ込まれました。投げ込まれたペットボトルは当たっていないと思われるものの、傾斜が高いカシマサッカースタジアムの座席から投げ込まれた中身が入っているペットボトルは危険物へと変貌します。投げ損ねて、他の観客に当たる可能性もありましたし、Jリーグ共通観戦マナー&ルールに『フィールドにものを投げ込まないでください。』と書かれている通り、明らかにルール違反を犯しています。Jリーグ側から、今後クラブ側に注意や何らかの罰則が与えられる可能性もあります。
 応援している選手が目の前で危険に晒されて、カッとなってしまう気持ちは理解出来ます。私もスタジアムであのシーンを目にした時は、頭に血がのぼっているのを感じました。とはいえ、ペットボトルをピッチに投げ込むというルール違反は絶対にいけません。観客も含め、誰かにペットボトルが当たってしまうと、とても危険ですし、何より愛するクラブに対して、迷惑を賭ける可能性が多分にあります。二度と同じような事が起こらない様に、クラブには投げ込みを行った人物を特定してもらい、然るべき罰則(観戦禁止処分等)を課して欲しいと思います。TV放送を観る限りでは、クラブ関係者がペットボトル投げ込みを行った人物を探している様子が見られました。一時の感情で観戦禁止処分等の処分を受けてしまうのは、同じサポーターとして大変気の毒に思いますが、ペットボトルが誰かに当たってしまい、大きな事件に発展する前にしっかりと対策を行って欲しいと思います。

 本日4/26(木)、クラブ側からペットボトル投げ込みに対しての処分が発表されました。処分内容は、セレッソ大阪戦のスタンドからの退場処分に加えて、鹿島アントラーズに関する全試合(ホーム、アウェイを問わない)で無期限の入場禁止処分となっております。詳しくはリンク(⇒4/21 セレッソ大阪戦でのトラブルについての処分)をご覧下さい。

■一部鹿島サポーターのセレッソ大阪選手バス取り囲みについて
 私はセレッソ大阪戦の試合後、東京行きの高速バスの発車時間が迫っていた事もあり、すぐにスタジアムを離れたので、バス取り囲みのシーンを直接見ておりません。ネット上では、様々な情報が流れており、中には事実かどうか疑わしい内容のものも含まれていると感じました。そのため、確私が調べた確かな情報を元に、その情報をもとに今回の記事を掲載する事にしております。

 残念ながら、一部鹿島サポーターによるセレッソ大阪選手バス取り囲みは行われております。ネット上にアップされている映像からも確認しましたし、実際に現場を目撃した方から情報もいただきました。鹿島アントラーズサポーターからは、キム・ボギョンに対してバスを出て謝罪を求める声があり、キム・ボギョンが外に出てくる事を求めてバスの行く手を阻みました。また、選手バスを蹴った方もいました。
 ペットボトルの投げ込み事件同様、鹿島アントラーズを愛し、鹿島アントラーズの選手を愛するが上の行動である事は理解出来ますが、ホームスタジアムで、この様な行動を起こすとクラブにどういった迷惑が掛かるかを常に考えて行動しなくてはなりません。今回の行動により、クラブのイメージダウンは避けられませんし、Jリーグから罰金等の処分を受ける可能性があります。
 また、一部のサポーターの行動は、鹿島アントラーズを愛する多くのサポーターの気持ちも裏切っていると思います。断言出来ますが、私も含めて、大多数のサポーターはあの様な行動を望んでおりません。大逆転勝利の後にネット上を騒がせたあの行動に失望したサポーターも多いです。
 他クラブに迷惑を掛けてしまっているので、クラブには事実をしっかりと確認してもらい、なあなあと済まそうとせずに、適切な処分を行って欲しいと思います。今後、一部のサポーターによる行為がエスカレートして、安全で快適なスタジアム環境の構築を図るJリーグから、ホームでの無観客試合等、大きな処分を受けてしまう前にしっかりと対応して欲しいと思います。

 本日4/26(木)、クラブ側からバスを蹴る行為に対しての処分が発表されました。処分内容は、4月28日(土)ガンバ大阪戦から5試合の入場禁止処分となっております。詳しくはリンク(⇒4/21 セレッソ大阪戦でのトラブルについての処分)をご覧下さい。

 ペットボトル投げ込みの鹿島アントラーズに関する全試合(ホーム、アウェイを問わない)で無期限の入場禁止処分に対して、バスを蹴った行為に対する処分はやや甘い印象を受けます。今後、クラブとしては、ガンバ大阪戦以降、場内放送やチラシ配布などで禁止行為の再徹底を促していくとの事です。今後、同様の事が起きない為の対策として十分であるのか、今後とも注目していきたいと思います。



 最後まで読んでいただいてありがとうございます。先日、鹿島アントラーズは、昨年度(2011年2月~12年1月)の収支決算は約2億2千万円の赤字となったと発表しました。赤字は2006年度以来5期ぶりとなります。東日本大震災で被害を受けた影響が大きいと思います。震災でダメージを受けた各施設の修繕費に多額のお金が必要となったことももちろんですが、入場料の落ち込みも大きいです。被災地である鹿嶋に住まわれていて、観戦もままならなかった方も多いと思いますので、1試合あたり入場者数が4,800人落ち込んでしまったのは、致し方ない部分もあります。今年、再びスタジアムに足を運んでもらえるようになるか、今年はクラブにとって大事な一年になると思います。そして、被災された方に希望を与えるためにも、鹿島アントラーズには、これからも勝利の報を届けて欲しいと思います!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(4) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/365-67894a00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。