上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■2列目の適任者探し
 快勝したFC東京戦を振り返った記事(⇒【Jリーグ第六節 鹿島vsFC東京】数々の苦難を乗り越えて、掴んだ勝利の味は格別!!)で書きましたが、FC東京戦での守備は非常に安定していました。この試合から、守備について、以前のやり方 -FWがボランチの前のスペースを埋める- を踏襲しましたが、その事は守備が安定した大きな要素であったと思います。ジョルジーニョ監督に代わってから、守備の約束事は変化し、その約束事が全てチームに根付いたと言える状況ではまだまだありませんが、少しずつジョルジーニョ監督の戦術が根付いてきたところに、守備戦術の一つの指標が出来たのは今後に向けて大きいと思います。

 一方で、攻撃面では遠藤が大車輪の活躍を見せて、2TOPに素晴らしいパスが度々供給されていましたが、目立たないながらも、この試合で2列目に入った小笠原の働きは見逃すことが出来ません。久しぶりに2列目の一員として試合に臨んだにも関わらず、ボールを足下で受けたい遠藤とのバランスに気を遣い、最終ラインの裏へ何度も飛び出していくプレーを見せていました。得点につながるプレーこそ出来なかったものの、チームの事を考えて自身の役割を全うしたと思います。

 公式サイトの『Antlers Today』のコーナーには、柴崎と中田浩二がフィジカルトレーニングに臨む様子が写っております。中田浩二はもう少し掛かるかもしれませんが、柴崎の復帰はそろそろではないかと思います。柴崎が復帰した後、今まで通り柴崎が2列目に入った時に、小笠原の様なチームのバランスを考えた飛び出しが出来るか、または小笠原や本山等、別の選手が2列目に入ってその役割を担い、柴崎の広い視野を活かすためボランチで起用するのか、柴崎復帰後の布陣に興味は尽きません。ジョルジーニョ監督による、チームに最適な布陣の追求はこれからも続いていくと思いますが、FC東京戦は今後の戦い方の指標となる一戦でしたし、苦しい時期を乗り込んで掴んだ一勝が若手選手達に与えるものは大きいと思います。リーグ戦ではセレッソ大阪、ガンバ大阪と大阪勢との対戦がホームで続きます。得た自信を確信へと昇華させる戦いとなることを期待しております!


■各個人別採点&短評
 後半ロスタイムの遠藤の決勝ゴールで、今季初勝利を収めたFC東京戦について、各個人別に振り返りたいと思います。
※平均6.0点

曽ヶ端・・・6.5点
 ⇒判定の帳尻合わせを懸念し、バックパスを強く警戒していた様ですが、新井場の懸命のカットを手で止めてしまいました。あのボールを胸トラップあるいはダイレクトでクリアするのはブッフォンでも無理でしょう。完封に値する安定感のあるプレーを見せてくれました。

新井場・・・6.0点
 ⇒攻撃面では、時折、効果的な攻め上がりを見せながらも、ボールをロストする事も多く、彼の攻撃能力を考えれば、やや不満に思います。一方で守備面では、集中を切らす事がありませんでした。ルーカスのエリア内のパスに対しても、足を懸命に伸ばしながら、曽ヶ端に正確にボールを返す素晴らしいプレーでした(判定に対しての皮肉です)。

山村・・・6.0点
 ⇒この試合でも何でもない浮き球のボールを中途半端にヘディングでクリアして、エリア内の相手にパスしてしまうシーンがありました。1点を争う緊迫した試合では、こうしたミスが命取りになります。ミスするシーンがこれまでの試合でも見られているので、集中して試合に臨まなくてはなりません。
 一方で、後方からの攻撃の起点としては十分な働きをしてくれています。そして、後半途中にボランチに上がってからは、疲れている時間にも関わらず、中盤で良くプレッシングを掛けていたと思います。ダイナミックな攻め上がりも見せてくれましたし、決勝点の起点にもなりました。勝利への強い執念を感じましたし、今後、鹿島アントラーズの一員として、大きく成長してくれると思います。

岩政・・・6.5点
 ⇒この試合も空中戦で強さを発揮。闘争心を剥き出しにしたプレーでチームを鼓舞し、ディフェンスリーダーとして、守備陣を統率してくれていたと思いますし、前方にスペースが出来たときは、上手くそのスペースを埋めてくれました。
 どうしても前からプレスを掛けられると、単なるクリアになってしまうシーンが多く、その点については不満ですが、ボールをカットされるよりかは良いですし、後方からビルドアップする技術は今すぐに身につけられる訳ではないので、これからの課題として、取り組んで一段上のプレーヤーに上がって欲しいです。

西・・・6.0点
 ⇒右サイドの高い位置で攻撃の起点となりました。同点にされてからも勝利を諦める事なく、勝利への気持ちが伝わって来ました。昨年より変化は感じていましたが、試合後のコメントを見ても、鹿島アントラーズの伝統に馴染もうと、一生懸命取り組んでくれている事が伺えます。今シーズンは怪我から復帰してから好調を保っているので、右サイドのポジションを明け渡す事無く、1シーズンを戦い抜いて欲しいと思います。

梅鉢・・・6.5点
 ⇒この試合も2年目の選手とは思えないプレーぶりでチームに貢献しました。縦パスを何度もカットしましたし、縦パスを受けた選手に対して、前からプレッシャーを掛けて、相手を挟み込むプレーも光りました。また、バイタルエリアを空けてしまった前節のミスを修正し、バックパスの失点1点のみに抑えた守備陣に大きく貢献しました。
 一方でイエローカードをまたしても貰ってしまった事は反省点の一つです。今やチームの主力として欠かせない存在になりつつあるので、累積警告による出場停止に気をつけて欲しいですが、若い選手なので、思い切りだけは失う事なく頑張って欲しいです。

青木・・・6.0点
 ⇒久しぶりの起用となりましたが、体力自慢の青木が足にきてしまうくらい気合いの入ったプレーを見せて主に守備面で貢献しました。中央の守備を引き締めると共に、ベテランらしく守備的なダブルボランチでコンビを組む梅鉢とのバランスを考えて、時折、前線への攻め上がりも披露しました。攻撃面では相手を崩すことに貢献出来たわけでなく、まだまだ及第点とは言えないので、ポジション確保に向けて、持ち味の展開力を披露して欲しいです。

小笠原・・・6.5点
 ⇒冒頭にも述べた通り、チームのバランスを取るべく、最前線へ飛び出すプレーを見せていました。全盛期の様な、得点に絡む働きは出来ていなかったものの、ポジションを下げてから向上させた守備力を発揮し、2列目からボランチの位置まで、広いエリアをカバーしていました。遠藤が気持ち良くプレー出来たのは、小笠原の献身的なプレーがあればこそです。柴崎が復帰してからの起用法に注目が集まりますが、苦しい時にチームを鼓舞できる主将は、鹿島アントラーズにとって必要不可欠な存在であることは間違いありません。

遠藤・・・7.5点
 ⇒文句無しでMOMといえる素晴らしい大活躍でした。長短のパスを正確に操って、この試合、鹿島アントラーズが迎えたチャンスのほとんどを演出し、得点も挙げて全ゴールに絡みました。相手FC東京の石川直宏選手も試合後に遠藤の出来を褒めていたようです。屈強なフィジカルが生み出す、力強いボールキープからの正確なスルーパスで相手DFを何度も切り裂いた活躍は、正にマエストロ(司令塔)と呼ぶにふさわしい活躍でした。守備でもチームに貢献し、1点目の得点シーンは相手のパスを読み切った素晴らしいパスカットから生まれました。この1勝で満足するのではなく、この試合と同じ様に、強い気持ちで試合に臨んで、コンスタントに活躍出来るようになって欲しいと思います。ジョルジーニョ監督からも、とても期待されているので、その期待にこれからも応えて欲しいと想います!

大迫・・・6.5点
 ⇒後はゴールだけ。そう言っても過言ではなく、この試合でも、前線からの献身的な守備、後方からのボールを収める前線の起点となる役割を高いレベルでこなしました。この試合では、興梠の得点をアシストし、得点に絡む仕事も出来ています。後は自身の得点ですが、この試合でもポストに嫌われたヘディングシュートや、興梠のシュートのこぼれ球に詰めたシーン等、本当に後一歩のところまで迫っております。フリーのシュートをふかしてしまう等、得点への焦りも垣間見えますが、ゴール前で冷静になるための特効薬はゴールを挙げるしか無いと思いますが、勝利とアシストという二つの結果が出て、少しプレッシャーはやわらぐと思いますので、セレッソ大阪戦での初ゴール、期待しています!最近、出ずっぱりで疲れていると思いますので、札幌戦は休養を希望します。

興梠・・・7.0点
 ⇒先制点を挙げてチームの勝利に貢献。その他、大迫と共に前線からの守備で貢献しましたし、裏を狙うプレーで相手DFに脅威を与え続けました。相手GKを怪我させてしまった事もあり、精神的に難しい状態で以降の時間を過ごしていたと思います。その後にGKとの一対一となったシーンでは、ゴールを決めて欲しかったですが、怯むことなく、その後に得点を挙げた所に、精神的な成長を感じました。調子は引き続き良好であると思いますので、今後の試合でもゴールラッシュを期待します!

ジュニーニョ・・・7.0点
 ⇒この試合も途中からの出場となりましたが、大仕事をやってくれました。相手DFにとって疲れた時間帯にスピードとシュート技術のあるジュニーニョが入ってくるのは、本当に脅威だと思います。得点以外にも、ビッグチャンスには繋がりませんでしたが、積極的なドリブルで最終ラインに仕掛けて脅威を与えておりましたし、得点シーンでは相手DFが前にいながら、ドリブルで巧みに中に入っていって、鋭いシュートを放ち、遠藤の決勝点を演出しました。控えに甘んじて納得する選手では無いと思いますが、その悔しさをプレーにぶつけて、スタメン争いに割って入って欲しいと思います。暖かくなり、調子も上がってくると思うので、得点量産に期待が掛かります!

昌子・・・6.5点
 ⇒1点リードの緊迫した場面で投入され、本人が試合後に振り返る通り、昌子への信頼感が増していることを感じました。残念ながら、不可解な判定で同点に追いつかれてしまいましたが、その後もディフェンスでの集中力を切らすことなく、最後までプレーしました。中田浩二の復帰が迫っており、ベンチ入りを掛けて今後の試合に臨む事になりますが、今年はロンドン五輪で山村が抜ける事が予想されますし、モチベーションを切らす事なく、試合に臨んでくれると思います。

増田・・・採点なし
 ⇒出場時間が短く、目立ったプレーは見せられませんでしたが、練習では、大分調子が上がっているプレーを見せているようですので、近いうちにスタメン争いに名乗りを上げて欲しいです。

■ナビスコカップ札幌戦に向けて
 ナビスコカップ札幌戦がウイークデーに行われます。Jリーグの試合が5試合以上経過して迎える初めてのナビスコカップの試合となるので、今節の第三節よりベストメンバー規定が適用になります。規定により、先発メンバー11人は、当該試合直前のリーグ戦5試合の内、1試合以上先発メンバーとして出場した選手を6人以上含まなくてはなりません。我らが鹿島アントラーズにとっては、新監督であるジョルジーニョを監督に迎えて、先発メンバーを試行錯誤していたため、他チームより規定を満たす事にかなりの自由度があります。
※1…曽ヶ端、アレックス、新井場、西、中田、岩政、山村、小笠原、青木、梅鉢、増田、柴崎、土居、遠藤、大迫、興梠、ジュニーニョ、ドゥトラの18選手のうちから、6名を起用すれば良い
※2…ドゥトラは直前のリーグ戦5試合でスタメン出場しておりませんが、ベストメンバーの補足基準によって、プロC契約以外の外国籍選手であるため、直前5試合先発選手として見なされます

 スタメン予想については、明日更新致しますが、ナビスコカップでは2連勝を飾ってアドバンテージがありますし、札幌へ遠征して試合に出場した選手の疲労度はかなり大きくなります。上手くターンオーバーを導入して、週末のリーグ戦に、なるべくフレッシュな状態で臨んで欲しいと思います。現チームの層の厚さなら、ターンオーバーを敷いたメンバーでも、良い試合が出来ると思います!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。鹿島アントラーズとの試合で負傷してしまった権田選手ですが、本日のMRI検査結果の画像を見る限りでは、>『じん帯などに損傷はなく軽傷の見通し』との事です。五輪がどうこうという負傷では無かった様で、本当に良かったです。
 怪我をした後にも関わらず、怪我をさせる事になってしまった興梠選手を気遣う権田選手は、スポーツマンシップに則った素晴らしい選手だと思います。1日でも早い復帰をお祈りすると共に、FC東京での、そしてロンドン五輪での活躍をお祈りしております。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(7) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/353-e45c6839
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。