上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■各選手別短評
 試合レポート(⇒【ナビスコカップ第二節 鹿島vs大宮】MOM梅鉢の姿に本田泰人を見た!)に続いて、1-0で勝利したナビスコカップ大宮アルディージャ戦を各選手別に振り返りたいと思います。


<曽ヶ端>
 カルリーニョスの無回転FKを見事にセーブ。Jリーグでは中々見る事が出来ないレベルのキックだけに、良く止めてくれました。全体的にとても安定しておりましたが、試合終了直前のミスキックは反省点の一つです。残り時間の少ない時間帯に相手に攻撃の機会をみすみす与えてしまうのは勿体無いです。終了間際こそ、集中してキックを蹴って欲しいです。

<新井場>
 久々に左SBとしての出場でしたが、主に守備面でチームに貢献。左サイドからはほとんどピンチを作られませんでした。遠藤からの逆サイドチェンジを受けて、ゴールライン際までドリブルでボールを運んだプレーは、アレックスには無い、縦の突破に優れた新井場の魅力です。ゴールライン際まで、何度もドリブルでえぐるプレーが増えれば、チームの得点機会も増えるでしょう。

<山村>
 岩政とのコンビネーションがかなり良くなって来ていましたし、味方のカバーリングもそつなくこなしております。ミスパスもありましたが、大迫のドリブル突破からのシュートにつながるパスを送ったり、西への正確なロングフィードを通したり、更にはこの試合では思い切って前線に攻め上がる場面も見せて攻撃面でも貢献しています。試合レポートでも書きましたが、ボールをつなぐという観点では、梅鉢、山村が貢献している部分は大きいです。楽しみにしていたラファエルとの対戦では、相手のキックフェイントに飛び込んでしまい、綺麗にかわされてしまい、あわや一点というピンチを招いてしまいました。JリーグのトップクラスのFWは、ああいうプレーをしてくることを身を持って体験したと思うので、頭の良い山村なら、今後、対応が改善されると思います。一流の相手FWとの対戦経験を積んでいって、日本を代表するCBへの階段を上がっていきましょう!

<岩政>
 気合いのこもったプレーと圧倒的な高さで、この日もDF陣を牽引しました。体を張ったディフェンスには鬼気迫るものが感じられます。一方で時折見せるミスは失点につながっていないものの、ピンチを招いていることは事実なので、失点につながる前に改善しましょう。多くを求め過ぎているのは理解しておりますが、苦しい時に局面を打破するセットプレーからのゴールが見たいです!

<西>
 対峙する相手が突破力に優れたチョ・ヨンチョルであったことと、攻め上がったものの何回か使ってもらえないシーンがあった事もあると思いますが、全体的にやや攻め上がりを自重している印象がありました。西の魅力はダイナミックな攻め上がりなので、山村のロングフィードをペナルティエリア内で受けたシーンの様に、右サイドの深い位置まで上がっていくプレーを増やして欲しいです。

<梅鉢>
 試合レポートで詳細に記載しましたが、相手の司令塔をマンマークしながら、危険なスペースはすっと埋めることが出来ます。粘り強い守備で、1対1は簡単に抜かれませんし、くさびのパス、ロングフィードで攻撃面でも貢献しています。まだ2試合ですが、どちらの試合でも及第点以上のパフォーマンスを見せており、この19歳には驚かされてばかりです。コンスタントにこのプレーが出来るのであれば、レギュラーに定着する可能性も十分考えられます。本田拓也の復帰も近づいてきましたし、ボランチ問題の解決が見えてきました。

<小笠原>
 後半の最後の方はガス欠になってしまいましたが、中盤での強烈なプレス、ゲームコントロールは流石の一言に尽きます。梅鉢が後ろでしっかりと守備をしてくれるので、前のポジションを取ることが出来ました。少しでも休ませたかったのですが、柴崎の負傷によりフル出場しました。浦和レッズ戦までにどこまでコンディションを戻せるかが鍵となります。

<柴崎>
 試合レポートでも書きましたが、柴崎にしては運動量が少なく、珍しくボールに関わることが少なかったです。しかし、ピッチ中央での絶妙なスルーパスで得点に絡み、これからというところで怪我をしてしまいました。軽い肉離れで済み2週間程で戻れそうとのことなので、ほっとしております。もちろん無理は避けて欲しいですが、可能であればFC東京戦までに戻って来て欲しいと思います。

<遠藤>
 強烈なシュートを何本も放つも、ギリギリで枠を外れてしまいゴールを挙げることが出来ず。得点を感じさせるシュートが打てておりますので、臆することなく打ち続けて欲しいです。ドリブルが出来て、セットプレーも蹴れるドゥトラが入った事で、スタメンの座にいつまで居座れるか分かりません。尻に火がついた状態だと思いますので、周りを納得させる結果を出して欲しいです。

<大迫>
 大迫はこの試合も抜群のポストプレーで存在感を発揮しました!興梠とのコンビネーションも良く攻撃の起点となる活躍に加えて、この試合では裏を狙う動きも光りました。素晴らしいドリブルで3人を抜き去って1対1を迎えたシーンと、興梠のスルーパスに抜け出して1対1になったシーンのどちらかは確実に決めることが、真のエースになるためには必須と言えます。FWらしい強引さも出てきているので、結果を残して欲しいです。

<興梠>
 この試合、唯一のゴールを決め、勝利に大きく貢献しました!!ゴールシーン以外にも、大迫と共に前線の起点になっていましたし、くさびを受けた後に上手く反転して強烈なシュートでゴール左隅を強襲するシーンもあり、コンディションの良さを伺わせています。今シーズンは大迫がロンドン五輪に出場することが確実視されているので、不在を嘆く必要の無いように、この試合の様な活躍をコンスタントに続けて欲しいです。

<増田>
 柴崎の負傷でアップも出来ず、本当に突然の出場となりましたが、大迫のシュートのこぼれ球に詰めるなど、意欲的なプレーを見せました。最近、思わず唸ってしまうような素晴らしいパスを見せていた柴崎と比べてしまうと、正直、大宮戦の出来は物足りませんが、増田も攻撃センスに優れた選手です。日本代表メンバーにも選ばれる程の男が、スタメン落ちしている今の状況に燃えていない訳はありません!スタメン出場が予想される浦和レッズ戦での活躍を期待しましょう!

<ドゥトラ>
 まだまだ試合の流れについて行くのに時間が掛かりそうなドゥトラですが、短い時間の中で持ち味であるグイグイと突き進むドリブルをアピールしました!周囲に疲れの見える時間帯に出場し、チームも相手のカウンターに備えており味方のサポートも望めない状況でしたが、独力でシュートまで持ち込める力は鹿島アントラーズの新たな武器になりそうです。ジュニーニョとの連携も良さそうですし(逆に言えば他の選手との連携は今一つですが)、しばらくは切り札としての起用が見込まれます!早くチームに慣れる事が期待されます!個人的にはもっとスペースのあるサイドで使って欲しいと思います。

<ジュニーニョ>
 ジュニーニョはコンディションが戻ってきたのか、キレのある動きを見せていました。ドゥトラとのワンツーを受けて左足を振り抜いたシーンはかなり惜しかったです!プライドの高い選手なのでベンチスタートである自身の立場に納得はいっていないと思います。中二日での浦和レッズ戦は大迫・興梠の疲れも蓄積されてきているので、早い時間での途中出場があるかもしれません(もちろん、スタメン復帰する可能性もあります)。結果を残して、ジュルジーニョ監督にスタメン復帰をアピールして欲しいです!初ゴール、期待しています!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。せっかくチームの骨格が固まってきた所での柴崎の怪我は残念でしたが、重傷では無いということで、一安心です。梅鉢のように、代わりに出場した選手が活躍することはチーム力の確かな底上げにつながるので、代わりに出る選手に期待しています!
 明日の浦和レッズ戦については、夜にスタメン予想をアップします!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/342-b8e9f16d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。