上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■各個人別採点&短評
 押し込みながらもゴールを挙げることが出来ず、勝ちきれなかった横浜FM戦について、各個人別に振り返りたいと思います。
※平均6.0点

曽ヶ端・・・6.0点
 ⇒特筆すべきスーパーセーブはありませんでしたが、サイドからのクロスに対して良い対応を見せており、安定感が感じられました。

アレックス・・・5.0点
 ⇒豊富な運動量でチームに貢献するも、アレックスの所でボールの流れが止まることもしばしば。強いプレッシャーを掛けられていない状況においては、クロスの精度を改善する必要があります。

山村・・・5.5点
 ⇒安定感があり、岩政との信頼関係も深まってきていると感じます。幾つかミスがあったところは改善点として挙げられ、ゴール前でクリアをミスして相手の目の前にボールが落ちたシーンは自身のスライディングで事なきを得ましたが、あわや一点となるシーンでしたので、集中力を更に高めていって欲しいです。

岩政・・・6.5点
 ⇒守備陣のリーダーとして、獅子奮迅の働きを見せました。相手の攻撃に対して、圧倒的な高さと気迫のスライディングで対応。セットプレーに軽く合わせて惜しい場面も作りました。あれが入っていれば、文句なしのMVPでした!若い梅鉢が伸び伸びとプレーできるように、精神的にも支えており、とても心強いです。

西・・・6.0点
 ⇒復帰明け初戦にも関わらず、ブランクを感じさせない動きでした。後方から気の利いたパスを供給し、SBながら攻撃の起点になり、粘り強い守備でも貢献しました。アレックスの出来が今ひとつである現状を踏まえると、今後、西を右SBに、新井場を左SBに起用する可能性も十分に考えられます。

梅鉢・・・6.0点
 ⇒ダブルボランチの一角として及第点の出来でした。これが初出場、初スタメンであったことを考えれば、◎をつけられると思います!ジョルジーニョ監督からレジェンド本田泰人のようなプレーを目指すように言われて、自身の役割が明確になったことも大きかったのでしょう。序盤にイエローカードをもらいながらも臆することなく、プレーを続けました。しかし、序盤にイエローカードをもらうと退場の危険が以後付きまとうので、ジョルジーニョ監督に言われたとおり、今後は十分に気をつけて欲しいと思います。ペナルティエリア内で中町の顔面を蹴ってしまったシーンも、副審は旗を上げかかっており、かなり際どいプレーでした。今回のプレーに満足することなく、反省点を次戦に活かし、もっともっと上を目指して欲しいと思います!次の試合も期待しています。

小笠原・・・6.0点
 ⇒若い梅鉢を上手くサポートしつつ、梅鉢のディフェンス力のおかげで、今までの試合よりも攻撃に重きを置くことが出来ていたと思います。積極的に若手を起用するジョルジーニョ監督ですが、若手がのびのびと力を発揮するには小笠原や岩政らのサポートが欠かせないので、今後とも若手をリードして欲しいです。

柴崎・・・6.0点
 ⇒この試合では、トップスピードに乗ってボールを持ち上がるシーンも見せましたが、その場での正確なパスに比べ、スピードが乗っている時のプレーの精度は課題として挙げられます。昨日も記載しましたが、ドリブルからのパス・シュートを自身のプレーに組み込むことが出来れば、プレーヤーとしての階段をまた一段と上がることが出来ます。その場でのパスの精度はとても高く、思わず唸らせられるパスも何本も通しているので、スピードに乗った状態で同様のプレーが出来れば、得点・アシストにもっともっと絡めるはずです。底知れない才能に期待しています!

遠藤・・・5.5点
 ⇒重要な局面でミスをしてしまった印象があり、他のプレーが良かっただけに、それがとても残念です。昨季までの持ちすぎる悪癖はかなり改善されており、テンポの良い攻撃に参加できておりましたが、得点に直結するプレーを心掛けるあまり、数的優位な局面でミスをしてしまいました。局面ごとのプレーの選択には改善の余地があります。ドゥトラも加入し、ポジション争いも厳しくなってくるので、そろそろ皆を納得させるパフォーマンスを残して欲しいです。

大迫・・・6.0点
 ⇒ポストプレーは相変わらず良く、安心して味方を攻め上がらせることが出来ていました。『得点を挙げなくては』という使命感にやや焦っている印象を抱きましたが、得点の可能性を感じさせるシュートを放っており、今までは無かったFWらしい強引さを今後とも持ち続けてくれればと思います。本人のためにも、チームのためにも、早くゴールが生まれて欲しいですが、得点を期待されるのはエースの宿命とも言えるので、この壁を乗り越えて欲しいです!

興梠・・・6.0点
 ⇒大迫と同様に、難しいパスを上手く収めて攻撃の起点になっていました。裏に飛び出す動きも良かったですが、昨日も述べたように、プレーの判断スピードを向上させる必要があります。相手のディフェンスが揃っていないときは、味方の攻め上がりを待つだけでなく、自分で仕掛けたり、相手が嫌がるところにパスを送ったりと、他に出来ることはあると思います。体のキレは良さそうなので、相手の裏へ抜け出すシーンが今後、多く見られればと期待します。。

本山・・・5.5点
 ⇒興梠へ後一歩でビッグチャンスとなるスルーパスを送ったり、ワンタッチで攻撃にリズムをつけるシーンもありましたが、消えている時間も多かったです。スペースが多く生まれた終盤に効果的な働きが出来ませんでした。

昌子・・・採点なし
 ⇒疲れの見える梅鉢に代わって交代出場。山村がボランチに上がり、本職のセンターバックでの出場となりましたが、監督が言うとおり、自信を持ってプレーしていました。コンスタントに出場機会をもらっている中で、貴重な経験を積んでいます。
ジュニーニョ・・・採点なし
 横浜FMキラーとして活躍が期待されたジュニーニョでしたが、体調面に問題を抱えているようで、途中出場に留まりました。短い出場時間の中で、何回かドリブルでボールを持ち込むシーンがありましたが、チャンスを作るまでには至っておりません。早く体調を戻して欲しいです。

■ナビスコカップ大宮戦、Jリーグ浦和レッズ戦に向けて
 今週はウイークデーにナビスコカップ大宮アルディージャ戦があります。リーグ第三節のサンフレッチェ広島戦では、ウイークデーに行われたナビスコカップ、ヴィッセル神戸戦と同じスターティングイレブンで試合に臨み、コンディションの悪い選手が何人か見受けられました。週末にJリーグ第五節浦和レッズ戦を控える大宮戦では思い切った選手の入れ替えをして欲しいと個人的には思っています。特に、ベテランの小笠原や最近出ずっぱりの大迫・柴崎・岩政の内、何人かには思い切って休息を与えて欲しいです。それぞれが中心選手であるため、大宮戦は簡単には勝てないと思いますが、代わったメンバーでも良い試合を出来ると思いますし、何より代わりに出た選手がモチベーションや経験値を得ることが出来るメリットはとても大きいです!ナビスコカップでは初戦で勝ち点3を取ったアドバンテージもあります。結果が欲しい中、厳しい連戦を迎えることになりますが、逆にチーム力の底上げをする機会と捉えてほしいです!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。アウエーの試合が二試合続き、久々のホームでの戦いとなります。大宮・浦和と埼玉勢をホームで連破して、波に乗っていきましょう!
 大宮戦のスタメン予想は、明日行います。よろしくお願いします。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/337-6c258cd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。