上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■各個人別採点&短評
 3連敗を喫してしまい、悔しい思いをしたサンフレッチェ広島戦について、各個人別に振り返りたいと思います。
※平均6.0点

曽ヶ端・・・5.5点
 ⇒2失点とも、GKにとってはかなり難しいシュートであったとはいえ、どちらかはセーブして欲しかったです。

アレックス・・・5.5点
 ⇒精力的なプレーでチームに貢献していました。深い位置まで抉って、クロスを上げるシーンは又しても見られませんでしたが、コンディション不良にも関わらず、退場者が出てからは逆サイドのピンチにも顔を出す等、試合に賭ける気持ちは伝わってきました。

山村・・・5.5点
 ⇒この試合も新人らしからぬ落ち着いたプレーでした。良かった点は後方からのビルドアップで、隣のセンターバックに預ける事が出来るような場面でも、一つ飛び越してSBまで早く正確なボールを供給することが出来、時間的余裕を作り出すことが出来ています。
 改善すべき点は2失点目のシーンです。相手の青山がボールを持っているとき、得点を挙げた大崎に対してアレックスと上手くマークの受け渡しが出来ず、ギャップを付かれてしまいました。しばらくはスタメン組で出場すると思うので、練習から意識してコミュニケーションを取っていって欲しいです。

岩政・・・5.5点
 ⇒ヘディングの強さは相変わらずですが、守備陣のリーダーとして2失点は悔しいです。迫力あるセットプレーは健在なので、早くゴールを決めて欲しいです!

新井場・・・4.5点
 ⇒4.5点と採点をするのが悔しいです…この試合は連戦にも関わらず、良く動けていましたし、前半は右サイドからチャンスを何回か掴んでおりました。退場シーンのテクニカルなスライディングは見事で、ファウルですら無かったと思いますが、強いてあげれば、相手の裏へのパスが出た直後、反転のスピードが遅れてしまった事が悔やまれます。反転が上手くいけば、前に体を入れて普通にバックパスを出来たと思うので。とはいえ、スライディング自体はノーファウルなので、ベテランのテクニックを正当に評価出来る審判に今後は笛を吹いて欲しいです。

増田・・・5.0点
 ⇒無難な横パスが多く、攻撃のリズムを作る事が出来ませんでした。前に顔を出すシーンも少なく、昨年開花した増田の得点力を活かせていないのは残念です。守備でも山岸との一対一であっさりと抜かれてしまい、決定的なチャンスを作らせてしまう等、やや精彩を欠いていました。

小笠原・・・5.0点
 ⇒懸念していた連戦でのコンディション低下が見られてしまいました。試合開始直後は、出足の鋭いプレーでチームを引っ張っていたのですが、新井場の退場直後に、運動量の多い青木が起用されたのも致し方の無い所です。とはいえ、小笠原の鋭いパスが相手DFを困らせたのは事実であり、中盤のバランスを整える働きも含めて、鹿島アントラーズには欠かせない選手であることは事実です。今後は如何に、コンディションが良好な状態で小笠原が試合に臨めるかが鍵となるでしょう!ナビスコカップは思い切って、休ませても良いかもしれません。

柴崎・・・6.0点
 ⇒適確にパスを左右に散らす事も出来ますし、前線へのくさびのボールや、ロングフィードを供給出来る柴崎のセンスは、鹿島の中盤で観ても光っています。柴崎に注文を付けるとするならば、得点への意識でしょうか。大迫のスルーパスに抜け出したシーンは、アウトサイドでより確率が高いと思われた遠藤へのパスを選択しましたが、非凡なシュート力を持つ柴崎なら、思い切ってシュートを打っても良かったと思います。思う様に得点を挙げられない今、柴崎に掛かる期待は大きいです!

遠藤・・・5.0点
 ⇒昨年までの課題通り、プレッシャーの強い相手に対して苦戦しておりました。前半はスリッピーなピッチに苦しみ、何度も横転するシーンが目立ち、グラウンドを気にしているからか、得意のドリブル突破も影をひそめておりました。特に柴崎のゴール前で転んでしまったシーンは普通に受けていれば、大きな得点のチャンスでした。今後もプレッシャーの強い相手に活躍出来ないようであれば、良いものを持っていても出番を失うことになるでしょう。目の前の壁は大きいですが、乗り越えて欲しいです。

大迫・・・6.0点
 ⇒前線で孤軍奮闘していました。ポストプレーは本当に上手で、何度もボールを収めていましたが、周りのサポートが少なかったのは残念です。少ないサポートの中でも独力でチャンスを生み出し、強烈なシュートを何本か放っていましたし、ボールを収めて、味方が良いタイミングで上がってきた時には、絶妙なパスを配給しておりました。大迫のポストプレーに連動して、後方から選手(遠藤や増田に期待)が飛び出してくるようになれば、大迫自身の得点機会や、チームの得点機会が増えるでしょう!爆発の時は近いです!

ジュニーニョ・・・5.0点
 ⇒この試合はいつもの様なキレが全く見られず、体の重さが目立ちました。前半に放ったシュート数本も踏ん張りが利いていないからか、ボールをふかしてしまいましたし、遠藤が出したスルーパスにも、反応が少し遅れていました。ジュニーニョもベテラン選手なので、連戦は厳しいのかもしれません。出来れば、他のFWを起用したいところなのですが、では誰を?と問われてしまうと明確な答えば無い所が厳しい現状を示しております。

青木・・・5.5点
 ⇒退場してから小笠原主将に変わって投入され、豊富な運動量でチームに貢献しましたが、一点ビハインドの状況だったため、柴崎を右SBに下げて、攻撃面での貢献を青木に求めるのは酷だったと思います。

興梠・・・5.5点
 ⇒動きの悪いジュニーニョに代わって投入された興梠でしたが、厳しい状況での投入だったため、攻撃を活性化させる事は出来ませんでした。持ち味の裏へ抜け出す動きが見られたのは試合終了間際。スルーパスに抜け出して、シュートを放とうとしますが、ボールをミート出来ず…惜しくも得点にはなりませんでしたが、興梠の能力を活かすためにも、こういう場面をどんどんと増やし、裏に抜け出す動きを常に狙い続ける動きをして欲しいです。

昌子・・・5.5点
 ⇒練習でもやったことが無い右SBに入った昌子でしたが、気持ちを前面に押し出してプレーをしていて、大変好感が持てるプレーでした。中田が長期離脱中の今、山村・岩政に怪我があれば、すぐに出番が来る可能性もあるので、その前向きなプレーでチームを助けて欲しいです。

(おまけ)
井上 知大・・・2.5点
 試合をコントロールする事が出来ませんでした。後方からのタックルに対してカードすら提示しないのに、ボールにいったスライディングにレッドカードを出して、試合をぶち壊しにしました。審判にもミスはつきものなのは理解しておりますが、副審に確認にも行かないのは、よっぽどの自信があったのでしょうか。今回の判定についてビデオを見直して、しっかりと反省して欲しいと思います。仮に改善出来ないのであれば、Jリーグで笛を吹くのは控えて欲しいです。選手達は生活をかけてプレーしておりますし、我々サポーターも安くないお金を払ってスタジアムにいっています。色々な方の思いが詰まった試合を、壊す権利は審判には無いと思います。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。一晩たった今でも、本当に悔しい試合でした。次の試合は、難敵横浜FMが相手となります。FMも監督が代わり、今季の戦い方を模索中のチームです。お互いに苦しい状況の中、迎える試合となりますが、完勝して先に下位から抜け出しましょう!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/327-dfd5924d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。