上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 J1鹿島は10日、クラブOBでブラジル出身のアルシンド氏の長男、FWイゴール(18)の加入を発表した。

 ジーコ元日本代表監督が設立したCFZ(ブラジル)にアマチュアとして所属していた同選手は昨年7月にクラブの練習に参加、年俸の上限は480万円で、将来性を見込まれての契約になった。176センチ、70キロでスピードを武器としており、背番号は33。

 現在43歳になる父親のアルシンド氏は、Jリーグ創設最初のシーズンとなった1993年第1ステージで鹿島優勝の原動力になった。独特の髪形やCM出演も話題を呼んだ人気選手だった。J1通算125試合で79ゴールをマークしている。


 
100716js1.jpg


 アルシンドと言えば、右足でも左足でもゴールを量産でき、J創世記の鹿島黄金時代を支えた人物である。アルシンドの印象深いシーンとしては、現在インテルの監督を務めるレオナルドに対して、FKを絶対に譲らず、何回かは良い位置のフリーキックを勝手に蹴ってしまったのを覚えている。当時、小学生の私にとっては、鹿島のエースのアルシンドに何故蹴らせないのかと疑問に思っていたが、鹿島ファンの父が「ブラジル代表に蹴らせるべきだ」と言っていたのを覚えている。確かに、レオナルドは世界的な選手だったが、鹿島での実績はそれに負けないくらい光り輝くものがあった。そして、アデランスでのCMの影響もあり、皆に愛されていた。


 そのアルシンドの息子イゴールが鹿島と契約した。18歳の選手で、すぐに活躍という訳にはいかないだろうが、まさか話題性だけでも獲得した訳ではあるまい。鹿島の練習に参加して、光るものを示したからこそ加入したのであろう。柴崎や梅鉢等、同世代と切磋琢磨して、近い世代の大迫を脅かすような選手になって欲しい。非常に将来が楽しみな選手である。


 最後まで読んで下さってありがとうございます。更新の励みになりますので、「拍手ボタン」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/32-8d9d9e6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。