上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■各個人別採点&短評
 前回の記事(⇒【J1第二節 鹿島vs川崎】今は試練の刻。未来の為に、皆で耐え抜こう!)で川崎戦での収穫と課題を掲載致しましたが、各個人のプレーについてはあまり振り返ることが出来ていなかったので、今回は各個人別に川崎戦の出来を振り返りたいと思います。
※平均6.0点

曽ヶ端・・・5.0点
 ⇒全体的な出来は良かったが、ゴールキーパーとしてやってはいけない失点をしてしまいました。川崎在籍時のジュニーニョに決められたように、中にヤマをはる傾向がありますが、年に数回あるポカをするシーンが試合を分ける失点になてしまいました。

アレックス・・・5.0点
 ⇒攻撃時にボールの流れを止めてしまった大きな要因に。ボールロストも多く、周りの選手が安心してボールを預けることが出来ません。高い位置でボールを受けた時に起点となるようなプレーを出来ないと、スタメンで出場し続けるのは難しいでしょう。

中田・・・6.0点
 ⇒安定感のあるプレーを見せてくれました。試合終了後、最後までスタンドに挨拶していた姿が印象に残ります。次の試合もやってくれるでしょう。中田のスキルを持ってすれば、中盤や前線の選手へ縦パスを何本か通して欲しいと思います。

岩政・・・5.5点
 ⇒スピード不足からレナトに簡単にかわされてしまうシーンもあったものの、全体的には良いプレーをみせていました。この試合では後方でのパス回しもそつなくこなしておりました。ただし、本当に無難なパス回しレベルなので、中田同様、組み立てにも頑張って参加して欲しいです。

新井場・・・5.5点
 ⇒ジュニーニョへの絶妙なマイナスのクロスを供給し、決定的なチャンスを演出する等、存在感は見せました。往年のスピードは失われつつあるので、相手DFと正対した状態では、相手を抜けなくなってしまっておりますが、それでもスペースへ走り込むフリーランニングは、チームには欠かせません。

増田・・・5.5点
 ⇒前半終了時に交代させられてしまいましたが、増田のプレーは悪く無かったと思います。ジョルジーニョ監督が試合後のインタビューで述べている通り、確かにレナトに引きずられて、後方にポジションを取ってしまっておりましたが、センターバック陣に代わって前線へのボールの配給を行っておりました。次の試合では、悔しい気持ちで蓄えたエネルギーを解放して欲しいです!

小笠原・・・5.5点
 ⇒攻守両面で献身的なプレーをみせてくれましたが、攻守のバランスを取るのに終始していました。もう少し小笠原が攻撃的なポジションでプレー出来ると良いのですが。セットプレーは後一歩のボールを蹴れているのですが、クリアしたディフェンスの頭を超えるようなキックを見せて欲しいです。

柴崎・・・6.5点
 ⇒前線に質の高いパスを何本も供給しました。長短のパスを自在に操ることの出来る柴崎はボランチの位置で使って欲しいです。ミドルシュートも非凡なものを持っていて、前で使うのも魅力的ですが、その卓越したパスセンスで後方からの組み立てに参加して欲しいと思います。

遠藤・・・6.0点
 ⇒前半の大迫からのクロスは決めて欲しかったですが、積極的にシュートを放って、攻撃にアクセントを付けておりました。セットプレーのキックの質も高く、コーナーキックでは惜しいボールを何本か蹴っていました。積極的なシュートで相手DFの注意を引く事は出来ていたので、相手を引きつけてスルーパスを出すようなプレーが出来れば、プレーの幅が広がると思います。

大迫・・・6.0点
 ⇒前線の攻撃の起点として活躍しました。慣れ親しんだ4-4-2のボックス型にフォーメーションを戻したこともあり、後方からのボールを収めて良い展開につなげ、チャンスシーンを何度も演出しました。後はゴールさえ決められれば!

ジュニーニョ・・・5.5点
 ⇒前半の決定的チャンスは決めて欲しかったです。得点が欲しいあまり、やや裏を狙い過ぎておりました。ケースによっては、後方でボールを捌くプレーも行って欲しいので、そこら辺の周りとの連携は練習や試合を通じて、探って行って欲しいです。パスの出し手との意思疎通もまだまだこれからなので、どんどん連携を深めて行けば、ゴール量産は十分に可能でしょう。

山村・・・6.0点
 ⇒Jリーグデビュー戦が、鹿島アントラーズでは練習をしたことが無いボランチでの緊急起用でしたが、慌てることなく与えられたタスクをこなしました。指揮官の評価も高く、ナビスコカップでの起用もあるのではないでしょうか。センターバックで起用された場合は、後方からのビルドアップでチームを助けて欲しいです。

土居・・・5.0点
 ⇒早い時間から出番をもらい、自信の技術をアピールするチャンスでしたが、残念ながらアピールに成功したとは言えません。何度かサイドで一対一の場面があったので、あそこで相手を抜くことが出来る様になると、チャンスが大きく広がります。

岡本・・・採点対象外
 ⇒得点が欲しい場面での起用でしたが、川崎が選手交代で前からのプレスを強化した事もあり、チーム全体でボールを前に運ぶ事が出来ませんでしたので、見せ場が訪れませんでした。



 最後まで読んでいただいてありがとうございます。Jリーグの話でなく、海の向こうイングランド・プレミアリーグの話になりますが、ボルトンで宮市選手の同僚であるムアンバ選手が前半41分に突然倒れ、ロンドン市内の病院に搬送されました。ムアンバ選手は競技場で心停止となり、病院で心臓が再び動きだしましたが、依然危険な状態にあるそうです。ムアンバ選手、世界中のサッカーに関わる方があなたが戻ってくることを待っています。必ず帰ってきて下さい!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/315-9027b000
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。