上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■報道ステーションでも取り上げられた、くさびのボールの重要性!
 昨日の報道ステーションのスポーツニュースを皆さん、ご覧になったでしょうか?
 U-23日本代表の攻撃を、後方から支える男として、セレッソ大阪の扇原 貴宏が取り上げられておりました。扇原がU-23日本代表の攻撃を支えていることは数字が証明しております。日本が最終予選5試合で挙げた11ゴールのうち、扇原は6ゴールに絡んでいます。その数字以上に扇原の縦へのボールは印象に残っており、私もそのパスセンスには注目しておりました。事実、そのパスセンスを買われて、前回のマレーシア戦では主将の山村からポジションを奪っておりますし、2列目のセレッソ大阪清武と大宮アルディージャ東は、扇原のパスが『攻撃のスイッチを入れてくれる』と一目置いております。

 私はベガルタ仙台戦で浮き彫りになった課題の一つとして、クサビのボールの欠如を挙げておりました(⇒【ベガルタ仙台戦分析】見えてきた3つの課題と解決策の提案!)が、まさにタイムリーな話題が報道ステーションで取り上げられたので、また話題に挙げさせていただきました。

<クサビのボールの有効性を、マレーシア戦のゴールより振り返る>
 クサビのボールの有効性について、初戦のマレーシア戦の東のゴールを例に挙げると、扇原は一列前にいる清武でなく、二列前にいる東の足元に向けて、DFの間を切り裂く強いパスを出しました。このパスを受けた東はダイレクトで清武に落とします。この時点で、ボールを受けた清武に二つのメリットが生まれています。
 一点目のメリットが、東の落としを受けた際に、前を向いてボールを受けれたことです。扇原のパスを直接足元に受けていたら、相手を背負って後ろ向きの状態でパスを受けていたと思われ、東のゴールは生まれなかったでしょう。
 二点目のメリットは、清武についていたDFは、扇原のパスが自分より後方に入ったことにより、一度、体の向きを入れ替えなくてはならず、すぐに前方に走り出した清武よりも、反応が半歩遅れたことです。この先に動いたことにより、清武に余裕が生まれました

 以上、二つのメリットを享受し、東からボールを受けた清武はフリーで前を向いてボールを受けることができ、そのままゴール前までボールを持ち込んで、素晴らしいスルーパスを東に通すことが出来ました。

<ベガルタ仙台戦の反省を活かすには、アンカーに柴崎の起用を!>
 ベガルタ仙台戦では、統制された相手の横のラインでのプレスを破ることが出来ませんでした。相手の連動したプレスに対して、横パスをする場面ばかりが見受けられ、横パスを受けた味方選手は、前方からの厳しい相手のプレスに晒され、バックパスを送るか、苦し紛れのロングボールを送るしか選択肢がありませんでした。比較的自由にボールを持っていたアンカーの青木+DF陣4名から、扇原がみせたようなクサビのボールが入っていれば、また違った局面を作れていたと思います。ベガルタ仙台の手倉森監督も、鹿島アントラーズの後方の選手からはクサビのボールが入らないことは織り込み済みだったでしょうから、そうした策になったのでしょう。

 次節対戦する川崎フロンターレは、前からのプレスを持ち味とするチームです。ベガルタ仙台戦で浮き彫りになった課題を解決しておかないと、また同じようにプレスの網に掛かってしまう可能性が高いです。明日15日の練習は非公開に変更になりました。恐らく、相手のプレスへの対策を講じていると思います。今回、扇原を取り上げさせていただきましたが、私は柴崎のパスセンスが扇原に負けているとは思いません。もちろん、鹿島アントラーズサポーターとして、やや贔屓目が入っているのは認めますが、柴崎ならもっと丁寧なクサビのボールを入れることが出来ます。あの扇原の素晴らしい縦パスに唯一注文を付けるとしたら、強いボールを蹴るために、ボールがバウンドしていることです。東がハーフバウンドのボールを上手く処理したから通ったものの、グラウンダーのボールに対して、浮いているボールの方が受けての難易度が上がってしまうことは紛れも無い事実です。ポスト遠藤と目される柴崎には、日本代表遠藤の様に受け手が受けやすいパスを心掛けて、レベルアップしていって欲しいです。

 川崎フロンターレ戦では、柴崎から良質なクサビのボールを何本も通してもらい、相手DF陣を分断して欲しいです!青木の守備力は確かに魅力的ですが、監督の理想を体現するためにも、ジョルジーニョ監督が思い切った決断を下してくれることを期待します。

 柴崎の縦パスを大迫が落として、受けた増田がドリブルで持ち込みスルーパス、それをジュニーニョが正確なシュートでゴールネットを揺らすシーンは目に浮かびますよね!川崎フロンターレ戦が楽しみです!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。スペイン遠征中の鹿島アントラーズユースは、エスパニョールBと対戦して、0対0という結果だったようです。異国の地で、良い経験が出来ていることと思います。この経験を活かして、更にレベルアップして欲しいです!明日は更にレベルの上がる相手との対戦ということで、是非とも勝利して、大きな自信を得て帰国して欲しいです!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/309-3807e87c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。