上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■ヨーロッパ各クラブより、注目を集める若手選手達

<京都、久保ドルトムント入り濃厚!?>
 昨季、J2で10得点と結果を残し、天皇杯ではJ1の強豪クラブを相手に大活躍。今年には高校3年生ながらA代表入りを果たし、今シーズンの目標には1試合1ゴールという高い目標を掲げているJ2京都パープルサンガの久保裕也が、今夏に欧州移籍する可能性が高まったとnikkan sportsが報じられております。欧州の複数クラブが調査を進めているようですが、現時点では香川真司が所属するブンデスリーガのドルトムントが移籍先として最有力とのことです。交渉が順調に進めば、夏にも移籍が正式決定する可能性があるということで、動向に注目が集まります。
 久保と同じタイミングで柴崎が日本代表に招集された際に、嬉しい反面、これで欧州移籍が近づくことになると覚悟しましたが、柴崎より先に久保が注目を集めることになりました。J2の開幕2試合では結果を出すことが出来ていないとはいえ、紛れも無く久保は京都のエースなので、シーズン途中に抜けることになれば、京都が被るダメージは計り知れません。昨季オフに5年契約を結んでいると思われるので、十分な違約金を得ることが出来るのが救いですが、資金力のある欧州クラブから見れば、18歳の金の卵に対して設定された違約金は、『お買い得』に映るでしょう。個人的には、今年、チームをJ1に導き、久保個人としても納得できる結果を残してから移籍しても遅くはないと思います。ドルトムントは昨年、マイスターシャーレを掲げ(優勝)、今シーズンもリーグ首位をひた走るクラブです。チームにはバリオス、グロスクロイツ、レヴァンドフスキら力のある各国代表FWが揃っております。G大阪の至宝、宇佐美ですらバイエルンで試合に出るのもままならない現状を見る限り、日本の将来を背負っていくことが期待される久保には、焦らず実力を付けてから移籍することを望んでおります。

<ロンドン五輪後の移籍が確実視される清武>
 ドイツのサッカー専門誌キッカーが2月の中旬に、ブンデスリーガのニュルンベルクがセレッソ大阪清武弘嗣の今夏獲得に向け、交渉中であると報じていましたが、ここにきてセリエAの名門ナポリへの移籍が浮上してきまsた。デラウレンティス会長 は日本代表監督のザッケローニ監督から、何人かの優秀な選手達の紹介を受けているようで、コリエレ・デロ・スポルト紙では、その有力候補として、清武と浦和レッズ原口の名前を挙げております。清武は昨季終了後から欧州挑戦の噂が上がっており、セレッソ大阪もクラブの日本人選手の送り出しには寛容なクラブです。移籍金は1億円~1億5000万円程度が見込まれるので、今夏に移籍する可能性は高いのではないでしょうか。清武のプレーをまだJリーグで観ていたい気持ちはありますが、国内に留まる器では無いので、難しいですね…

<注目の逸材、宮市剛>
 先日のfoot×brainの特集「スカウトの世界」において、椎本邦一スカウト部長がどうしても獲得したかったと語っていたのが、アーセナル所属で現在レンタル先のボルトンで大活躍している宮市亮です。その後の宮市の活躍を見れば、椎本さんの眼力が確かな事は証明されております。
 
 まだ、高校一年生のため、鹿島アントラーズがどこまで注目しているかは分かりませんが、宮市亮の弟、宮市剛君も素晴らしい才能を秘めた選手です。兄ほどスピードはありませんが、185センチの高さと、確かな足元の技術を誇り、ドリブルも上手く一流のポストプレーヤーになる要素が備わっております。兄よりもよりストライカータイプであり、先日の高校選手権では、一年生ながらに3ゴールを挙げ、兄でも届かなかったベスト8にチームを導きました。足も決して遅くなく、将来性抜群の選手なので、私は今から注目しているのですが、当然Jリーグの他チームが放っておくはずもなく、昨季J1王者の柏が、練習参加をオファーしていることが分かりました。早ければ今春にも練習参加が実現する可能性があるとの事です。
 植田君に並ぶ逸材であり、鹿島アントラーズもこれからリストアップする選手に成長して行くと思いますので、これからも当ブログでは宮市剛君の動向を追いかけたいと思います!

■鹿島アントラーズユース、スペイン遠征!
 鹿島アントラーズユースのスペイン遠征の様子が公式サイトにアップされております。現在、バルセロナに滞在しているとのことですので、以前の記事(⇒http://kantlers.blog9.fc2.com/blog-entry-160.html)で報じたとおり、バルセロナユースと対戦すると思われます。
 バルセロナといえば、ポゼッションサッカーを極限まで追及することをフィロソフィーとしており、ユースチームであっても、トップチームと同じ戦い方を徹底的に叩き込まれております。毎年、多くのユースから素晴らしい選手がトップチームに上がっているクラブなので、将来のメッシ、シャビ、イニエスタらと対戦することは大きな財産になると思います。とはいえ、先日のU-17アルカス国際大会では鹿島アントラーズユースは、バルセロナユースより上の4位でフィニッシュしております。臆することなく、全力で戦って、勝利を収めて欲しいです。貴重な経験を積んで、彼らが更にレベルアップしてくれることを願います。まずは、初戦の相手、エスパニョールに勝利して、勢いをつけましょう!!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。欧州のクラブに日本の若手選手が移籍することは日本代表のレベルアップにつながることは間違いありませんが、Jリーグを愛するサポーターの一人として、一日でも長く、彼らのプレーを間近で観ていたいです。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/308-c9653b72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。