上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■開幕戦から見えた二つの課題
 Jリーグの開幕戦であるベガルタ仙台戦。ジョルジーニョ監督が就任してから、初めてJ1クラスの相手と戦い、今後の課題が浮き彫りになりました。今回は課題について分析しながら、解決策を提示していきたいと思います。

<その場でボールを受けるため、相手のマークを外せない>
 中盤の攻撃的なポジションにテクニカルな選手を集めた布陣は、ジョルジーニョ監督の新システムの「ウリ」となる部分ですが、選手達が足下でボールを受けてしまうことが多く、そのため空いたスペースに走り込むプレーがほとんど見られず、相手のプレスを交わすことが出来ない一因となりました。私の大好きな本山についても、彼の特徴の一つである『相手の嫌がるポジションでボールを受ける動き』はほとんど出来ていなかったと思います。コンディションの悪さにも起因していると思いますが、特にゴール前では相手のマークを背負った状態でしかボールを受けることが出来ず、有効なパスを供給する事が出来ませんでした。空いたスペースでボールを受ける動きは増田の方が心掛けて実践していたと思うので、次節以降は増田がスタメンに起用されるかもしれません。

<有効なドリブルがほとんど無い>
 試合を通じて、ドリブルを有効に使うことがほとんど出来ませんでした。中盤でフリーの状態でも、ドリブルでボールをゴール前に運ぶことをせず、逆にマークが付いている味方にパスすることがあり、プレーの選択が悪い事が多かったです。パスを出すことが持ち味の選手を揃えていたといえば、それまでですが、フリーの時にドリブルでボールをゴールに向けて運ぶことを選択しないと、味方のマークを引き付けることが出来ず、有効なパスを出しにくい状況に陥ります。事実、遠藤の縦へのドリブルはかなり効果的で、パスを想定していたベガルタの選手を困惑させ、前線に持ち込んでシュートを放ったり、相手を引き付けてジュニーニョにスルーパスを出したりと良い動きが出来ていたと思います。昨年までのボックス型と同じような布陣でのプレーでしたから、得意のプレーが出せた可能性もありますが、ダイヤモンド型の両SHでも、流動的にポジションチェンジを行いながら、隙あらば縦へのドリブルを行うことが出来れば、ポジション奪取も近づくと思います。

<クサビのボールを入れられない>
 前の記事にも書きましたが、後方からの効果的なビルドアップがほとんど出来ませんでした。相手の統制された横のラインからのプレスに対して、縦へのボールを入れれないがために苦し紛れの横パスを選択することが多く、パスを受けた相手が激しいプレスを受けて、中途半端なパスを出したり、ボールを失ったりというケースが多かったです。縦へのクサビのボールをCBやアンカーの青木から入れることが出来なかったのが、相手のプレスを破れなかった大きな要因を締めております。
 クサビのボールを入れるメリットは、そのボールの落としを受けた選手が前を向いてボールを受けることです。前向きでボールを受けることで、プレーの選択肢が格段に広がります。横パスでは、相手の前からのプレッシャーを受けてしまいます。実際にベガルタ仙台戦では、ポゼッションの手助けとなるべく、広くエリアを使うためのサイドのポジションにおいても、窮屈な状況に陥ることが多かったです。
 また、クサビのボールはゴールまでの距離を一気に縮めることが出来るパスになりますので、対応に慌てた相手の選手達の注意を引き付けることが出来ます。この試合の鹿島アントラーズのサイド攻撃が機能しなかったのは、相手DF陣がサイド攻撃に十分対処する余裕があったからです。中央にクサビのボールをあてて、相手選手の意識を中に引き付け、落としを受けた選手がサイドに展開すれば、サイドの選手が余裕を持ってボールを受けられるおようになります。前述したドリブルでのボール運びも含めて、縦への攻撃に怖さが無く、相手両サイドがサイドの守備に専念することができ、キャンプで度々見せていた逆サイドのフリーな選手への効果的なサイドチェンジは陰をひそめ、サイド攻撃が機能しませんでした。宮崎キャンプでは、相手とのレベル差もあり、サイドの選手がフリーになることが多く、青木の得意なロングフィードが活きておりましたが、青木からはクサビのボールが入らないので、青木自身がクサビのボールを入れられるようにならないと、せっかく得意なロングフィードも活きないです。

 クサビのボールについては、仙台戦では受け側にも問題がありました。本来はクサビのボールを受けるのが得意な大迫ですが、システムの変更に伴い、中央が交通渋滞になっていたため、どこでクサビを受けるべきか戸惑っている様子が見受けられました。大迫はオリンピック代表や怪我のため、他の選手より戦術練習に参加できていないため、致し方ない部分はありますので、この一週間でピッチ中央の交通整理を進めて欲しいと思います。


■課題を解決するためには…
 上記課題を解決するためには、各個人が練習を通じてその課題を克服するのも一つだと思いますが、個人の能力に依存する部分は課題を克服するまでに時間が掛かります。そのため、一番手っ取り早く効果が出るのは、そのスキルを持つ選手を当てはめることです。以下はあくまでもポゼッションサッカーを追及した策になりますので、主に守備面においてリスクをはらんでおりますが、私は現時点でこれでも十分戦えると思いますし、伸び代が大きい選手達を起用するので、将来性が非常に大きいです!

 それが以下の布陣になります。

 riso.jpg

 センターバックは展開力とボールポゼッション能力で岩政を大きく上回る山村を抜擢します。日本代表のCBを今野と吉田が務めているように、ボランチ出身で展開力の高い選手をCBに据えるのは世界のトレンドになりつつあります。事実、鹿島も中田浩二をボランチからコンバートしております。
 そして、アンカーの位置にはキャンプでも少し試されていた柴崎の登用を提案します。ベガルタ仙台戦で、青木が交代した後は、アンカーに近いポジションでプレーしていました(フォーメーションが昨年のボックス型と今年のダイヤモンド型の中間のような布陣になっていました)。柴崎は相手の隙をついて縦へのボールを入れるのが本当に上手いです。昨季、オリベイラ監督にSBで起用された際も、シャルケ内田の様な質の高いクサビのボールを何本も入れておりました。山村・柴崎とも、現状、守備力では岩政・青木に劣りますが、監督の求める「ボールを支配するサッカー」「縦に早いサッカー」を体現するための資質は、岩政・青木よりも優れております。同様な理由で新井場に変えて西を起用します。また、ドリブルでボールを運ぶ選手がいない、仕掛ける選手が少ないという課題を解消するために遠藤を起用し、空いたスペースでボールを受ける意識が高い増田をトップ下に据えます。

 この布陣であれば、Jリーグレベルではポゼッションで負けることはそうは無いと思いますし、ボールを取られた後、すぐにプレスを掛けることを徹底できれば、現布陣より低下する守備力をボールポゼッションで補うことが出来ると思います。

 そして、今シーズン中に移行する理想系として、私が考える布陣が以下になります。

 riso2.jpg


 新外国人は、以前噂に上がったように、2列目で得点力に優れた選手を獲得して欲しいと想います。例えば柏レイソルのレアンドロ・ドミンゲスの様な選手であれば、今のチームにはマッチすると思いますので、チーム力を挙げるためにも、獲得が待たれるところです。
 もちろん、上に挙げたこれらの布陣はあくまでも私の理想であり、すぐに選手が馴染むのは難しいので、小笠原や岩政、本山、新井場らベテラン選手の力はまだまだ必要であるのは間違いありません。例えば、現時点では明らかにCBとしての実力は岩政が山村に勝っておりますので、急な変更に伴うリスクはかなり大きいと言えますので、変化は少なく進めていくのが現実的でしょう。そしてそれは、鹿島の伝統を踏襲することになります。まずは仙台戦を見る限り、即効性がありそうな柴崎のアンカー起用と遠藤の起用くらいからスタートしてほしいのですが、ジョルジーニョ監督の選択はどうなるでしょうか!?川崎フロンターレ戦の采配に注目しましょう!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。ベガルタ仙台戦は宮崎キャンプ時より、私が懸念していたJ1クラスの相手と対戦していない弊害が顕著に現れてしまいました。悔しい敗戦を喫しましたが、Jリーグトップクラスの守備力を誇る相手に対して、課題が浮き彫りになったことはプラスと捉えましょう。川崎フロンターレは、ベガルタ仙台よりかは守備に隙もありますので、一週間で次戦への対策を取って、ホーム開幕戦を飾り、ジョルジーニョ監督へ初勝利をプレゼントしたいですね!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(4) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/307-48318e15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。